So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

「まほろ駅前番外地」 [本とかコミックとか]

まあね。番外地ですもんね。

続編かと思ったら番外編でした。
「まほろ駅前多田便利軒」より時系列が後の、
短編が7つ収録されてました。



続きを読む


nice!(6)  コメント(3) 

「まほろ駅前多田便利軒」 [本とかコミックとか]

映画の題名として先に知っていて、
三浦しをんが直木賞を取った作品だということで買ってみた。

面白い。そして読みやすい。
映画では瑛太と松田龍平が便利屋の2人であるわけだが、
いったいどっちがどっちをやったのだろう?
どっちが多田でどっちが行天でもぴったり似合いそうだ・・・、
と思いながら途中まで読んで、結局、
好奇心に耐えきれずにネットで調べてしまった。


ーーーーー


国道16号線沿線の町「まほろ市」。
東京の外れだとか16号線が通ってるとか、明らかに特定の地名を思わせるけれども、あくまで「まほろ市」という架空の町を舞台に繰り広げられる、多田便利軒という名の便利屋さんの話。
多田は仕事先からの帰りに、高校のときの同級生である行天と会って、そのまま成り行きで住まわせることになる。この行天が変人で、なおかつ何故か、変わった依頼や面倒事が降りかかるように・・・といったような内容。


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/01/09
  • メディア: 文庫



会話が良い味出してて、
そこがすごく好き。

続編が出てるので、きっと読む。
行天の過去は肉付けされるんだろうか。
多田の傷は癒えるのだろうか。






nice!(6)  コメント(2) 

「政と源」 [本とかコミックとか]

三浦しをん「政と源」。

「舟を編む」がすごーーく良かったのでもう1作、同じ作家の作品を、と思って買ってみた。ちょうどナツイチという文庫本のキャンペーンでブックカバーが付いてくるおまけもあり、あと何よりも表紙が良かった。こういうのジャケ買いっていうんだっけ。

国政と源二郎は同い年の幼なじみ。国政は元銀行員で定年まで勤め上げたあとは一人暮らし。源二郎はつまみ簪職人で、徹平という弟子がいる。
おおむねこの3人のエピソードが6編。


政と源 (集英社オレンジ文庫)

政と源 (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 文庫



読んでみてそれほど好きって訳でもないな、と思ったのだが、ふと、これを映像化したら・・・と考えてみると、俄然楽しいビジュアルが目に浮かぶのだ。水辺の光やつまみ簪、源二郎の古い家などの背景や小道具が目にうれしい、ステキな画面になりそう。ストーリーはテレビドラマ向きかな。ビジュアルは映画の方がいいかな。でも・・・源二郎は誰が?私の脳内ではアラーキー(写真家の荒木経惟)で再生されていたんだけれども。





nice!(5)  コメント(1) 
前の3件 | -