So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

「ゴッドファーザー Part 3」 [面白かった映画・DVD]

ついに三作目です。1990年の作品。
なんともやるせない、とてもとても哀しいお話でした。

ーーーーーーー

マイケルはあれから合法的な組織にすべく努力して、
社会貢献活動にも努力して、
カトリック教会のえらい賞をもらいます。

出て行った奥さんの元に子供たちを預けて、
自分は孤独な生活を続けてきましたが、
ずっと家族を大切に思い続けてきました。

しかし裏社会と距離を置こうとしても、
裏社会のしがらみが放っておいてくれない。


ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD



今回は、あの喧嘩っ早い兄貴の息子が出てきて、
父親譲りの喧嘩っ早さとマイケルの若いときによく似たルックスで、
老いたマイケルと、なんとも鮮やかな対比を見せています。

この喧嘩っ早い若造ヴィンセントをアンディ・ガルシアが演じていて、
ただの小物から後継者に育っていく物語でもあります。

ーーー

他の人たちのレビューを読むと、
Part 3はあまり評判が良くなかったようですね。
しかし私は2よりも3の方が心に沁みました。
ある程度年をとってからシリーズを一気に見たのが
良かったのかもしれません。


あと、オペラのシーンの息子くんのテナーが素晴らしいので、
思わぬ儲けものだと思いました。

もしかしたら、聖職者やバチカンを悪く描いているので、
キリスト教の人たち(特にカトリック)は
生理的にムリだったり、表立って褒めたりできないとか
アメリカとかヨーロッパだとそういうこともあるかも?



それにしてもマイケル・・・
自分が撃たれて最愛の娘に看取られながら死ねたら幸せだったのにね。




こっちの表紙の方が映画の雰囲気が出てると思う
ゴッドファーザー PART III [DVD]

ゴッドファーザー PART III [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD


ーーーーーー

ところで。

この映画を見て、やっと、
なぜオーシャンズ11でアンディ・ガルシアが巨大カジノのオーナーなのか、とか、
オーシャンズ13にこの映画のパロディが盛ってあることとか(アル・パチーノも出てる)、
やっと理解しました。

いやー、映画って、
本当に良いですね。



撲殺シーンは結局出てきませんでした。 あれは何だったんだろう。

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ゴッドファーザーⅡを見たあと [日々のつれづれ]

きのうは午後から「ゴッドファーザー Part2」を3時間以上かかって鑑賞し、
それからその感想をブログに書きなぐって、
そのあとダンナが帰ってきて晩ご飯という流れだったわけです。

帰ってきたダンナは何やら憤慨した様子で、
その日、職場であった話を話し始めたのですが。

ーーー

これ、できる?と部下に聞いたら、
ムリです、お願いします、と言うので、
自分がその仕事を引き受けた。

そのまま先方に持って行ったら絶対断られるのが分かっていたから、
根回しして、外堀を完全に埋めて、断れない状態にしてから持って行くことにした。
その部下にはその作業が終わるまで動いてはいけない、と話してあった。

しかしその作業の最中なのに、
まだそれからたいした時間も経っていないのに、
その部下から話を聞かされたというエライ人が
無造作に先方に持って行ってしまった。
根回しは水の泡、話は振り出しどころかマイナスの地点へ。

なんで、その部下はエライ人に話したのか。
(そもそもそのエライ人は先方と確執があるらしい)
全部ぶち壊しやがって。
いったいなんでそんなことしたんだ。

ーーー

とたんに、
頭の中で流れる
「ゴッドファーザー」のテーマ曲。

(そいつは林の中かなんかに連れ出されて・・・)

(ドン・コルレオーネが生かしてはおかないな)

(さあこいつは誰の差し金だ)


などの謎の妄想と映像が脳裏に浮かぶ。




・・・・すっかり洗脳されてるやん!
うちの父ちゃんそういう仕事ちゃう。
そういう業界じゃないから!

そんなにハマったとは思えなかったのですが、
予想以上に染みこんだらしいです。

長時間の映画、おそるべし。



ーーーーーーー



しかし私には、
「ゴッドファーザー」が良い勉強になったかもしれない。

世の中には
「敵」と「味方」に二分して、
ボスと味方の言うことは全て正しい、
ボスが白いといえばカラスでさえ白い、
という世界に生きていて、
その考え方がふつうでしょ?という人たちがいるのだ。

これまでは、
そういうタイプの人が苦手で、
なんでそう敵味方に分けたがるかなー、
自分の嫌いな相手だけ距離を取ればそれでいいじゃん、
正しいことは正しい、
決まりはみんな平等に、
と思ってきたけれど、

「ゴッドファーザー」の1と2で
計5時間くらいその世界に浸ると、
そういう思考回路が少しだけ理解できたような気がする。

そして、そういう人たちにまた出会ったら、
(ああ、この人はうっかり裏切り者だと思われたら、
申し開きをするチャンスも無く撃ち殺される世界で生きてきたんだな)
と思うようにしようと思う。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ゴッドファーザー PART2」 [その他映画・DVD]

Part 1 を見たら 2も見なければ。

というわけで2作目も見たんですけど、
私はよく分からなかったです。
200分くらいあって超長くて、
インターミッション(途中休憩)が入りました。
そんなことしなくても、
冗長なところを削って削って
120分くらいにすれば良かったのに。

コルレオーネ・ファミリーの成り立ちの話と、
1作目で跡を継いだマイケルの現在が交互に描かれます。

ーーーーー

マイケルは一日でも早く合法組織にしたいと頑張ってるんだけど、
仕事に頑張りすぎて家族サービスを疎かにしたらしくて、
家庭崩壊を招いてしまう。
そもそもあの奥さんは「姐さん」に向いてないような。
黙って仕事には一切口出しも興味も持たないとかいうなら
それはそれだけど、そういうタイプでもないし、
最初からムリがあるよね~。


ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ちなみに若い日のビトー・コルレオーネを
ロバート・デ・ニーロが演じているのですが
私のイメージの中のロバート・デ・ニーロと離れてて
見終わるまで気づけず。

さらに1作目のマーロン・ブロンドの親父さんのイメージが強くて
同一人物なのだと気づいたのが後半に入ってからだったという(苦笑)

ーーーー

まあそんな訳で、なんとか消化。
そして2作目にもレッツプレイベースボールは出てきませんでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -