So-net無料ブログ作成
検索選択

「駆け出し男と駆け込み女」 [だいすきな映画・DVD]

(あんまり重くなさそうなやつ見たいなー、
 これなんてどうだ、大泉洋だし。)
くらいに思って、
軽く流すつもりで視聴。

ところがどっこい。
ぎっちぎちに、みっしり人情話を詰め込んで、
それを大泉洋でコメディ風味を足した、
気合いの入った豪華キャストの映画でした。

ぎゅうぎゅうに詰め込んであって、
早口で聞き取りにくいところもあるけど、
江戸の戯作本っぽいかんじでそれはそれでよし。

ーーーーー

舞台は江戸時代。
商家のお妾の「おぎん」と、
浜鉄屋の鉄練り場でたたらを踏んでいた「じょご」は
縁切り寺へ向かう道中で出会い、
歩けなくなっていた「おぎん」を「じょご」が助けて
ともに縁切り寺へ駆け込んだ。

縁切り寺に入山の儀式をする前に、
御用宿での聞き取り調査がある。
その御用宿での聞き取りがあってから入山できるのだ。

御用宿には医者見習いで戯作者希望の信次郎がいた。
信次郎はじょごの顔の怪我を治療し、
御用宿に駆け込んでくる女たちの事情を聞いたり、
怒鳴り込んでくる夫に対応したり。

縁切り寺に入山し、離縁が成立するまでに2年。
その2年間は尼として読経や食事など、
僧としての戒律の下に過ごす。
2年間は短いようで長い。
駆け込んでくる女たちにはそれぞれに事情があった。


駆込み女と駆出し男 [DVD]

駆込み女と駆出し男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



おぎんを満島ひかり、
じょごを戸田恵梨香、
信次郎を大泉洋。


満島ひかりの名優っぷりはすごいね。
凄みのある姿と、引き込まれる語り。
戸田恵梨香は前から好きな女優さんだったので、
この2人のからみが見られてうれしい。

ーーーーーー

好きなところは沢山あるけど、
まずは鯵売りの正体かな。
宿の主人、樹木希林の語りがまた良いんだ。
あとはなんといっても、おぎんさん。
おぎんの旦那、堀切屋(堤真一)の過去と
おぎんの「たくらみ」。

「まゆ、め、はな、くち、あご。
・・・どこにもキツみと渋みが程よく付いた惚れた男は(略)」
の伏線の回収も良かったなぁ。

あとこの映画、
なにげにハラハラドキドキの場面が上手いと思うんだ。


とても面白かった。
いやー、ホントに映画っていいですね。


ーーーーーー


追記。

翌日、翌々日と、だんだん気になっていくところがひとつ。

痛みって人から分からないじゃない?
はっきり目に見えたり数値に出たりしたらいいけど、
どのくらい痛いか全然分からないとか、
なぜ痛いのか原因が分からないこととか。

原因の分からない痛みに対して、
気持ちで作り出してる痛みなんだから
「痛くない」って怒鳴りつければ治る、と
思っちゃう人がいたらイヤだなあ。

もうすでに、
簡単に原因が分からない病気に対して、
すぐに精神的なものだとか甘えだとかいう人は大勢いて、
たいしたことないのに大げさにドクターショッピングを繰り返してる、
なんて言われて、
5カ所目とか6カ所目でようやく疾患名が分かるなんてことは良くある話。

そういう、ことに痛みが主訴な人たちを
追い込む手伝いをすることにならなければいいな、
などということも思ったり。

ちなみにこの映画に出てきたタイプの痛みについては、
夏樹静子の「椅子が怖い」という体験談が
同じタイプかと思われます。
さすがの夏樹静子で、一般の患者の書いたものとは
明らかにレベルの違う読みやすさ。
読み物としてもオススメです。


腰痛放浪記 椅子がこわい (新潮文庫)

腰痛放浪記 椅子がこわい (新潮文庫)

  • 作者: 夏樹 静子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/07/30
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

rosemary

u_yasuさん、nice! ありがとうございます。
by rosemary (2017-06-13 14:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0