So-net無料ブログ作成

文庫本を買う理由 [本とかコミックとか]

ここしばらく、
文庫本をどんどん買って読んでいる。
ちょっとたがが外れたような、
これまでにないかんじで。


ーーーーーー


ひとつには、
応援したい本屋を見つけたこと。
全国展開ではない、県内チェーンの書店で、
我が家から最も近い本屋である。
これが無くなったら、
ショッピングモールの中の本屋まで行かなくては
リアル本屋がなくなってしまう。
ショッピングモールは遠くて混雑していて私には広すぎる。


ちょっと広めで品揃えもしっかりしていて、
ちょっと話題になった本はあらかた揃えてあって、
棚はキレイでやる気も十分。
そして本だけではやはり苦しいのか、
文房具やお菓子も置いてある。
でもそんなに混んでない・・・経営大丈夫なんだろうか・・・。


ーーーーーー


ふたつめは、
目の都合である。

私は近視なので、ちょっと遠くだとメガネが必要で、
しかも近年はピントの合う範囲が非常にシビアになり(老眼です)、
ちょっと遠くと、もっと遠くでは、別のメガネが必要になる始末。

しかし文庫本はちょうどピントの合う距離になるので、
メガネ無しで楽しめるのだ。
おまけに、大好きな映画鑑賞よりも目の疲れが少ない。
細切れに読んでもよし、購入してしまえば返却の必要もないので、
しばらく寝かせておくのも良し。


ーーーーーー


みっつめは、
文庫本は処分がしやすいから。

この先どこに住むことになっても、
文庫本は簡単に捨てられる。
もちろん古紙回収や買い取りに出すに越したことはないが。
私にもしものことがあったとしても、文庫本なら簡単。

ここに住んで初めて、木製品やプラ製品、革製品などが
これほど処分に困ることを知った。


ーーーーーー


よっつめ。
電気を使わないから熱も発しない。
暑いんだもん。


ーーーーーー



だいたいこんなところ。

なので、どんどん買って、どんどん読んで、
すごく気に入ったのだけ残して後は捨てるつもりで読んでいる。
思い起こせば、欲しい本をどんどん買って読むのは
子供時代の私の夢だった。
天井まで届くような本棚に本がみっしりあって、
脚立に腰掛けて読みたいだけ読むのが憧れだった。
大きな本棚は一生ムリだと分かったけれども、
一生かなわないと分かった憧れ(たとえば犬を飼うとか)は山ほどあるけど、
好きな本を買って、ゆっくり読むことは今できる。

自分にできる贅沢をしよう。

家の中で一番涼しい場所で文庫本を読む。
好きな音楽を小さく流して、
お気に入りのグラスに麦茶か冷茶をついで。




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 1

rosemary

middrinnさん、nice! ありがとうございます。
by rosemary (2017-07-22 18:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0