So-net無料ブログ作成

「桐島、部活やめるってよ」 [その他映画・DVD]

高校の時って、部活とか友達関係とか、そういうのがすごく大きな部分を占めてるっていうか、もうほとんど世界の全てってかんじじゃないですか。そんで、運動部でレギュラーだったり、ちょっと大人っぽかったり、ルックスが良かったりするとなんか立場が上っていうか、そんな雰囲気ってあったよね。

同じ学校の同じ学年の中でもいろんな生徒がいて、それぞれいろんなこと考えてて、一見「勝ち組」に見えてもその全員が楽しく充実した生活をしているというわけでもなくて、それぞれにいろんなこと考えてる。

この映画は、そういう心情を丁寧に描いていく群像劇。

ーーー

この映画の桐島は、バレー部でずば抜けてうまいレギュラーで、ルックスも良くって、美人で大人っぽい彼女がいる。美人の彼女は桐島が部活が終わるまで待ってて一緒に帰る。桐島と一番仲の良い友人は、いちおう野球部に籍をおいてはいるが、野球には夢中になれずにほとんど帰宅部になってる。
一方、華やかなモテ組とは一線を画して、地味に仲間同士でもりあがる映画部がいる。ときに軽んじられながらも彼らは自分たちの活動を楽しんでいる。

バレー部の試合を目前にして、桐島が部活をやめた。
誰にも言わずに部活をやめて、学校にも出てこない。
桐島の彼女も、何も聞いていない。連絡をとろうとしても返信はない。
桐島の親友も、何も聞いていない。

部活をやめて欠席したのが金曜日。
それぞれの金曜日から、土曜日、日曜日、月曜日、
面談があるから学校に出てくるぞ、という話が出回った火曜日までの話。
ちなみに、最後まで桐島本人は出てきません。


桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD



大人が観ると、いろんなことを思い出します。
バラ色だったって人もいるんだろうけど、
ほとんどの人はいろんな甘酸っぱい思い出がよみがえるんじゃないでしょうか。
細部のリアリティっていうんでしょうかね。
必ずしも青春というのは楽しいものではない・・・そんな息苦しさ。

大人になれば、高校時代の「勝ち組」がそのまま勝ちっぱなしじゃないことが分かってる。
だけど、この頃はそんなこと考えもしないよね。
この映画を観ると、きっと誰もが何かを語りたくなる。
きっと誰かのどこかに感情移入したくなる。
そんな映画だと思います。


ーーーー


うちの娘は現在高校生ですが、最初の数分で飽きて離脱。
そもそも彼女は
「映画なんて、他の人のやってることを1時間も2時間もただ見てて、何がおもしろいの?」
と言ってのけた人です。
リアルで周囲におこってることだけで十分おなかいっぱいでしょう。
地味な文化部所属。

その文化部のみんなで遠出した時に、DVDで男子部員がこれを見て爆笑していたそうな。
背が高いけど、とりたててモテるタイプというかんじではなく、中学時代は野球部。
その文化部に打ち込んでいて、自分の道もしっかり見てる。

その爆笑する様子を見て、顧問の先生は
「どこに笑える要素があるんだ???」
と不思議がっていたそうな。
先生はこの映画について、だからなんなんだ、という印象だったらしい。
そりゃそうだよね。リアルで展開されてるのを毎日見てるんだもの。


ーーーー


私が思い出したこと。

高校の時、ものすごくモテてるサッカー部の男子がいた。
どれほどモテたかというと、3年連続で文化祭のミスター××に選ばれてて、
知る限りで4人の女の子が、渡せるかどうか分からない手編みのプレゼントを編んでいた。
いったい何人の女の子がチョコレートを用意したんだろう。
3年間同じクラスだったけど、一度も話をしたことがなかった。

卒業して一年経って。
なんとその彼が同じ学校に入学してきた。
向こうから声をかけてくれた。
もうサッカーはやらないの?と聞いたら「だるい(笑)」と一言。
あれほど群がってた女の子たちは、浪人してる間に一人も残らなかったそうだ。

彼は基本的に、何も変わってない。
少なくとも見た目は全く変わっていない。
去って行った女の子たちは彼のどこが好きだったんだろう。

なんかそんなことを思い出した。


ーーーー


私の高校生活はしょぼかったけど、
娘の充実っぷりを見てると余計に自分の高校時代がしょぼく思えるけど、
この映画を見たら、そんなもんだよね・・・って気分になった。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

二重知能線もってます [占い関連]

ちびヤモリについては、きのうの記事を参照のこと。
今日はちびヤモリを載せている左手の話。

なんか変わった手相なんですよー。
占いは好きだから、手相にも興味があるんだけど、
普通の手相の本にはよく似た手相がのってなくて、
これはどう見たらいいんだろうなーって思ってたんです。

そしたら最近になって、インターネットでやっと見つけました。
二重知能線っていうんだそうです。

047-19.jpg

知能線が2本あります。
数年まえからは上の知能線の先がさらに2本に割れて、
感情線に届くようになりました。
なんかよく分からないかんじです。

直線的で短い知能線が2本。
そのサイトによれば、
理性的な決断をバンバン下す人。
バリバリキャリアに生きるのが向いているんだそうで、
あまり家庭におさまる主婦というかんじではないらしい。


ふふ。


割り切りがよくなくちゃ、転勤族なんてやっていられなくてよ?


で、まあ二重知能線はいいんだけど、
問題なのはその横の生命線。
薄くて消えそうで、たまに途切れてる。
こいつがしっかりしてれば何かやれるのかもしれないけど、
いかんせん、体力や健康がないとどうにも他が生かせないんだよね。

生命線がなぁ・・・これが濃ければなぁ・・・
と言っていたら、
うちの女子高生が、ちょっと待ってて、と言って、
生命線になにやら貼り付けて、
「ちょっと握ってみて」
「はい、開いて」。

なにかと思ったら、なんと、
まぶたに貼り付けて二重まぶたにするテープだった!

見事に生命線がくっつけられてて、くっきりしてみえる[ぴかぴか(新しい)]
すばらしい。

ってか、こんなの買ってたんだねー。
「これ、何回もやってたら、くっきりするんじゃない?(笑)
 あんまり使わないし、いっぱい入ってたからまたあげるよ。」
とのこと。

手相なんて信じない人はバカみたいだと思うだろうけど、
私は、
すごーくすごーくうれしい[晴れ]

またお願いしよう。



nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

ちびヤモリ [日々のつれづれ]

これはちょっと前の、まだ暑かった時のこと。

ベランダにミジンコの瓶を出して日光浴させて、
そのまま出しっ放しになっていた。
ミジンコの餌になる植物性プランクトンを増やすためである。
ボウフラが湧いたら嫌なので毎朝チェックしていたら、
ある朝、そこに小さいヤモリが浮いていた。

(・・・かわいそうに。もう少し早く見つけていれば助かったかも・・・)
と思いつつ、割り箸でつまみ上げたら、


なんと、生きてた!

びっくり!!


良かった~。
あまりに可愛らしいので、写真を撮ろうと思いたち、
いったんベランダに放してからカメラを取りに行き、
マクロレンズに替えて戻って、もういちどヤモリを捕まえる。
ぐふふ、写真だけ撮らせておくれ。

049-19.jpg

左手にヤモリ、右手にカメラ。
あせる。ぶれる。
撮っていたら買ったばかりのマクロレンズに汗が「ぼたっ!」っと垂れて
あああっ!って思ったけど両手がふさがってて拭けない。
とりあえず着ている服にあてて吸わせるけどどこまで吸収してくれたか。

ちびヤモリはそのまま指をよじのぼり、
指先から、ぴょんっと跳ねて逃げていった。

元気で大きくなってね~。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「のぼうの城」 [面白かった映画・DVD]

わずか兵力500の城に、2万の兵が攻めてくる。
それをなんとか守りきったという、史実に基づく映画。

舞台は戦国時代。

豊臣秀吉は天下統一を進めていて、
次は関東地方を治める北条氏の一派を下したい。
そこで北条氏の本城である小田原城を攻め、
同時に北条氏の傘下である忍城を
部下の石田三成に攻めさせることにした。

北条氏から当然のこととして小田原城への派兵をせまられた忍城城主は、
半分の兵と共に自らは小田原城へ赴き、同時に、
豊臣秀吉に密使を送り恭順の意を示して戦を避けようとした。
2万の大軍に勝てるわけがない。
豊臣軍が来たらすぐに開門して城を明け渡し、戦をさけるべし。
そう言い残して、人質のように小田原城へ。

忍城に残った兵はわずか500ほど。
三成側の使者が来たら開城するはずだったのだが、
使者の態度と条件の高慢さに戦を決意し、
500対2万の戦が始まるのだった。

忍城のトップに座ったのは、
日頃、領民の田植えに出かけては道化て暮らしていた
通称「のぼう様」。
でくのぼうと思われていた彼は、実は領民から慕われ、
人心の掌握に長けた人物であった。
のぼう様のためなら、と、農民たちは立ち上がる。
実はこの農民たち、長く農民をしてはいるが、
板東武者の血をひく者達で、刀槍・甲冑も隠し持ち、
戦術にも長けているのだった。総数は3千ほどに。

戦力差はまだ大きい、と、なめてかかった石田軍は苦戦を強いられる。
そこでついに、石田軍は大規模な水攻めを行うことに・・・・・・。

ーーーーーーーーーーーー

「のぼう様」を野村萬斎が演じる。
しっかりものの側近(というより幼なじみ)を佐藤浩市、
のぼう様に想いを寄せる姫君を榮倉奈々、
力自慢の槍の名手に山口智充、
血気盛んな若い側近に成宮寛貴、
小田原城に赴く忍城城主に西村雅彦。


のぼうの城 通常版 [DVD]

のぼうの城 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



この映画ほど不運な映画もなかなかないでしょう。
テレビ局の開局60年の記念として大金をつぎこんで、
多くの人たちの協力で大作の映画を作ったのに、
公開予定は2011年。最悪のタイミングでした。
結局だいぶ公開を遅らせたようですが、
水攻めのシーンは、どこをどう見ても津波を思い出させます。
あと数年早く完成していたら、もっと楽しんで見られたでしょうに。


ともあれ、
とにかく野村萬斎さまが素晴らしい。
最初から最後まで、品がありながら軽妙でコミカル。
揺れる小舟の上での田楽踊りオンステージは、
さすがの至芸を堪能させてくれます。下ネタだけど。

でもこの映画の屋台骨は佐藤浩市だよね。
佐藤浩市のどっしりした安心感ある土台の上で、
軽やかに野村萬斎が舞っているような印象です。
出てきた途端に画面に華やぎがでる成宮寛貴、
文句なしにカワイイ榮倉奈々、
秀吉は露天風呂入ってるところでテルマエロマエの皇帝かと思っちゃった。
あと、役者をしてる平岳大を初めて見たけどけっこう良いじゃん。

そんなわけで、役者さんたちも大勢のエキストラさんたちも馬も
大がかりなセットも、特殊効果やCGも、音も、
みーんな頑張ってる映画なんだけど・・・とにかく時期が悪かった・・・。

水に追われてお城にたどりついた民衆が、
小さな敷地にぎゅうぎゅう詰めになっていて、
早く建物に上がれ、と言っているのになぜか入らない。
ふと、のぼう様が見ると、みんな足が泥だらけなんですね。
それでのぼう様も下りて足を汚し、
ついでに横にいた姫君も下ろして足を汚し、顔にも泥を付け、
泥の足でそのまま上がってみせて、
「皆もはよう上がれ。わしら2人だけだと、また丹波(しっかりものの側近)に怒られる。」
って言ってみせるシーンが好きです。

娯楽大作とみせて、けっこう細かい台詞が後で効いてくるので、
じっくり落ち着いて鑑賞したほうがいいみたい。
あと、子供の鑑賞には向きません。

映画の最後に、映画の舞台になった場所が今はどうなってるか
現在の様子を見せてくれるのもよかった。




nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

読み込み復活 [日々のつれづれ]

107-19.jpg

なんか設定をいろいろいじってたら、
写真のSDカードの読み込みができるようになった。
よかったよかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感