So-net無料ブログ作成
検索選択

「画家と庭師とカンパーニュ」 [だいすきな映画・DVD]

大好きです。この映画。
予想以上の当たりでした。
こういう出会いがあるから映画を観るのはやめられない。

ーーーー

舞台はフランスの田舎。
画家は子供の頃に住んでいたその地にパリから移ってきて、
庭に菜園を作って管理してくれる庭師を募集したところ、
やってきた庭師は、小学校時代の友達だった。

庭道具を買いに行きながら、
菜園を作る合間に、様々な話をする2人。
これまでどんな仕事をしてきたのか、
どんな人生だったか、
妻とどんな時間をすごしているか、
独立した子供の、仕事や結婚のこと。

映画が進むと共に、
雑草の生い茂る場所が菜園になり、
植えられた野菜が育っていき、
二人の人生も進んでいく。
・・・・・・そんな映画。

おじさん2人の友情を描いたお話だと思います。
画家のスランプと再生のお話かもしれません。


とにかくまずは庭の映像が美しかったです。
各種の野菜が少しずつ植えられた菜園には
うっとりしてしまいました。
ああいう菜園こそまさに私の夢と憧れです。
それはそれは可愛らしくて美味しそうで楽しそうで。


画家と庭師とカンパーニュ [DVD]

画家と庭師とカンパーニュ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



書き出しているうちに、
「最高の人生の見つけ方」に少し似ているかも?と、ふと思いました。
全然雰囲気の違う、内容も違う映画なんですけどね。


ところで、画家が、画家としてのものの見方を語るシーンで、
どんぶりみたいなものから何かを飲んでるんですが、
あれがカフェオレボウルってやつなんでしょうか。
朝のシーンだし。
カフェオレボウルって、あんなにでっかいの?

それから、
小学校時代に一緒に悪ふざけしてた2人は、
一人は進学して美大に行き画家になり、
もう一人はすぐに就職して国鉄の保守作業員になる。
労働者階級だから俺はどっちにしろ中学までだ、
ってさくっと話してたけど、
フランスってそんな子供のうちに将来が決まるんですね。


庭師のスクーターを追っかけて走る犬、
画家の弾くピアノ。
何度も見直したくなって、
安かったらDVD 買っちゃおうかと思ったら、けっこう高かった。
ううむ。


ーーーーーーーーーー


追記。
カフェオレボウルについて調べてみた。
古いやつは一回り大きいんだそうだ。




nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「トータル・リコール」(ネタバレあり) [面白かった映画・DVD]

こういう動体視力が必要なアクション映画を観るのは久しぶり。
この作品はリメイクなのだそうで、元になる映画があるのだそうです。
ものすごーく手間とお金がかかったCGが多用されてると思います。

ものすごいスピード感のある立体的なアクションと、
緻密で独創的な未来の街のデザインと、
凝ったコンセプトが魅力の、とても上等な映画だと思います。

が。
映画が始まってすぐに光線銃を使ったまぶしい銃撃戦があり、
激しい光の点滅ってやつが続きまして、
あれはちょっと具合の悪くなる人が出るかもしれないなあと思いました。
素晴らしい映画なのに、実にもったいないことです。




ーーーーー以下ネタバレ気味ーーーーー





地球は汚染され、居住できる区画は2ヶ所しかなくなっていた。
1ヶ所はイギリスだったあたり、もう1ヶ所はオーストラリア大陸あたり。
イギリス=グレートブリテン島のあたりには富裕層が住み、
オーストラリア大陸あたりには労働者階級が住んでいる。

どちらも街は重層的に縦に伸び、三次元的な移動手段が主になっている。
富裕層の住むエリアと労働者階級が住むコロニーは「フォール」と呼ばれる
移動手段で結ばれていて、労働者達はその円筒形のビルのような乗り物に乗り込んで
地球の核を通って地球の反対側に通勤している。

主人公の男は、労働者エリアの住人で、富裕層エリアの工場に通勤している。
愛する美しい妻がいるが、決して裕福とは言えない住環境で代わり映えのしない毎日。
そんなある日、「リコール社」の話を聞く。
そこでは注文した「夢」を見られて、まるで自分が体験した記憶のように感じられるという。
大富豪になった記憶、大スターになった記憶、それとも有名アスリートが良いですか?
ただし、実際に自分が体験したことのあるものはダメですよ。

男は入店し、非日常を味わうために、なにげなく「スパイ」を選ぶ。
装置の椅子に座り、頭に電極を付け、注射をし、次の処置に移ろうとしたところで
店の担当者が叫ぶ。

「中止だ!管を抜け! だましたなこの野郎!!!」

男が戸惑う間もなく武装警察がなだれ込んできて担当者を射殺。
攻撃してくる武装警察から身を守るために応戦し、
ふと気がつくと、小隊を全滅させていた。
いったいどういうことなんだ。
混乱したままとりあえず自宅に帰るとそのニュースをしている。
レジスタンスのテロ事件として扱われている。

妻に、これはテロじゃなくて俺がやったんだ、訳が分からないんだ、
と話すと、ハグしてくれた妻が、首を絞めてきた。
思わぬ攻撃に戸惑う男に、妻が言う。

これが任務なのよ、ダーリン。アナタは自分が誰かも分かってない。
工場の組み立て作業員が、訓練を受けた警官を殺せると思ってるの?
私は諜報部員で、あなたの妻じゃない。6週間前までは他人だった。
アナタの記憶は植え付けられたものなのよ。

男はさらに訳が分からない。
いったいどういうことなんだ。
命からがら逃げ出すと、手のひらが光り出す。
自分も知らない電話が手のひらに埋め込まれていた。
そして、こちらからは知らない、向こうは自分を知っているらしい人物から
「KEY」を探せ、というメッセージが・・・・。

・・・・・・・というあたりまでで、まだ序盤。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「テッド」 [面白かった映画・DVD]

*プレゼンテーションとは何の関係もありません。念のため。

R15+の、R指定のついたコメディ映画です。
R指定がついている場合、私は視聴する前に、それが何のR指定なのか
ある程度アタリをつけてから見るかどうか決めています。
暴力表現でR18は無理。
性的表現は当事者同士の合意があるならどうぞご自由に。
そういうスタンスです。

で、
この映画は何だろう・・・まあとりあえず、さほどの暴力表現はなさそうだし、
テッドぬいぐるみが子供向きの店に置かれてたくらいだし、
ちょっと興味あるから見てみるか。って感じで見てみた。

本編が始まったところで、うちの高校生が帰ってきたので
「テッド借りたよ~」
と言ってみた。
娘は17才なのでOKなはずだ。
「R指定のついた映画を親と見るのはねー。・・・でもテッドは気になる。」
「じゃあ最初の2分だけ見たら?」
「そうだね。2分くらいなら。(何も起こらないよね)」



・・・・・・甘かった。

2分も経たないうちに、2人とも、なぜR15なのか理解した。
徹頭徹尾、どこもかしこも教育に悪い。(笑)
これはダメでしょう~。


続きを読む


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おむすび [食べもの]

きのうの朝ドラで俵型のおむすびが出てきてとてもうれしい。
映画だの雑誌だのマスコミで見かけるものはいつも三角△おむすびで、
四角い海苔がおなかについていて、
中身はホロッとほぐれるのが良いとされている。


私の慣れ親しんだおむすびは俵型だ。
実家で母が作ってくれたおむすびはいつもそうだ。
きのうのテレビで出てきたものより少し小さい。
ずっと、そういうものだと思っていたが、
中学入学と共に関東に引っ越してきて、
自宅以外で見かけるおむすびは、みんな三角。
クラスメートによれば、「それが普通なんじゃないの?」

うーん、そういうものか。
それで一度は三角おむすびを作ろうとしてみたのだが、
どうもうまくいかなくて挫折した。
以来、開き直って俵型である。

娘はとにかく食が細かったため、
幼稚園のお弁当には毎回、おむすびを入れた。
子供サイズの小ささの縮尺で、
真ん中に具を入れようとするとある程度の大きさが必要になるので
混ぜ込んだご飯にして(おむすび山にはずいぶんお世話になりました)
食べかけでずーっと手に持っていても崩れないように、みっしり握る。
さらに、崩れにくいように、かつ美味しいから、
表面をみっしり海苔でカバーしてしまう。

かくして、ミニサイズの、真っ黒の俵型おむすびができる。

今は育ったので少しだけ大きくしようかと思うけど、
寝ぼけながら毎日作っていた感触を手が覚えていて、
やはり作り慣れたサイズのものが作りやすいようだ。

ーーー

昔、友人が自分で作ってきたというおむすびを見て
びっくりしたことがある。
夕食を食べる時間がないから、と取り出したおむすびは、
3~4個分は優にある大きさだった。
中には3種類の具が入っていて、ちゃんと形を保っている。

彼女は可愛くて、髪が長くて清楚な雰囲気で、
いつも品の良い格好をしている音大生だった。

一瞬、その豪快なおむすびはミスマッチだと思ったが、
すぐに、いやこれは彼女にしか作れないなと思い直した。

彼女はピアノ科で、シューマンが弾ける手の持ち主。
彼女のピアノを弾く姿はさぞかし優美であろうと思われるが、
本人いわく、「毎日、握力を鍛えてます」。
手が大きくて力もないと、ああいうおむすびは作れませんよね。



nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また炊飯器 [食べもの]

ほんの数年前に炊飯器を買って、その顛末はブログにも書いた。
基盤に入っている電池が切れたので仕方なしに新しいのを買ったのだ。
白くてつるんとした外観が気に入って、ごくシンプルな機能のものにした。

が。
そいつがこのところ2度ほど、上手に炊けないことがあったのだ。
上手に炊けないというかなんというか、
とにかく一言で言って、不味い。
固いわけじゃなくて、粉っぽくて、べちゃっとして味も違う。
調べてみると温度が低かった時にそうなるらしいので、
おそらく加熱が十分な温度まで上がらなかったのだろう。

無洗米にしたのがいけないのか、
はたまたちょっとだけ内釜に凹みができてしまったのがいけないのか。

毎回ではないので、壊れているわけではないだろう。
しかしこれは信用問題である。
炊飯器というのは、お願いした時間に、
毎回同じ仕事を同じレベルでやってくれるところに良さがある。
「すいません、今朝は失敗しちゃいました」
というのは困る。
そこそこのレベルでいいから確実に炊いてほしいのだ。

失敗した時には、おじやにしてしまえば美味しく食べられるし、
まだ買ってからそれほど年数が経っていないから迷っていたけど、
大型スーパーの折り込みチラシに特価品で炊飯器が出ているのを見て、即決。

機種選定まったく無しでソレを買いました。



象印 圧力IH炊飯ジャー極め炊き NP-NV10-XA

前の前に使ってた炊飯器も圧力IHだったけど、
その時のよりも上蓋が改良されていて使い勝手が良いです。
味も食感もまったく文句なし。
ごはんの甘みが増しました。
素晴らしく良い買い物をしたと大満足です。

タイマーをセットすると、電子音で「キラキラ星」がかかる。
炊きあがりは別の曲がかかる。
これって違う機能にすると違う曲になるんでしょうかね?
まだ試してませんが。


この先どうしても失敗してほしくないお弁当の日というのがあるのです。
模試とか、センター試験とか・・・。
これで、朝お弁当を作ろうとしたら炊飯器がご飯炊くの失敗してた、
なんていう事態は避けられそうです。



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画