So-net無料ブログ作成
検索選択

「いぬのえいが」 [その他映画・DVD]

犬をめぐる短編のオムニバス。

途中まではつまんなくて何度も挫折しそうになったけど、
短編のオムニバスだからそのうち当たりが出るかも、
と思ってがんばって見たら、
「ねえ、マリモ」っていう回が、ダントツで良かった。
途中で視点が変わるところから、うるうるです。

あとはバウリンガルの回が面白かった。

いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]

いぬのえいが プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


続きを読む


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「華麗なるギャツビー」(ロバート・レッドフォード版) [面白かった映画・DVD]

えー、ディカプリオ版に続いて、ロバート・レッドフォード版も見てみました。

同じ小説を原作にして作っているので
当然、話のあらすじは同じようなことになるはずなのですが、
けっこう大事なところで大きく違っていたりしました。

ーーーー

ディカプリオ版では、最終的にはニック(語り手)に、
ギャツビーが自らの生い立ちと経歴について
洗いざらい本当のことを話すわけですが、
レッドフォード版では最後まではっきりとは明かされないままです。
お葬式にギャツビーの年老いた父親が現れて
ある程度の家庭環境や出自が推測されるという程度です。

さらにディカプリオはデイジーに対しても
資産家の出自であるように見せようと必死ですが、
こちらのデイジーは昔から事実を知っていて、
「資産家の娘は貧乏人と結婚しないのよ。」
って面と向かって言っちゃうのです。

う~ん。
こっちのデイジーはハッキリクッキリお金大好きで豪華なの大好き。
なるほどこれなら、なんとかしてお金を作らないとどうにもなりませんな。

あと、トム(デイジーの夫)と、マートル(トムの愛人で自動車修理工の女房)が、
ある程度共感できる、人間的に納得のいくキャラになってました。
マートルに愛嬌があるんですよね。

華麗なるギャツビー [DVD]

華麗なるギャツビー [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


ギャツビーの豪華パーティの盛大さを表すために、
準備段階の食材の豊富さを映すのも良かった。
骨付きの生ハムの丸ごと一本に豚の丸焼きに大きな魚に七面鳥に・・・・・・。

登場人物たちの心理描写からインテリアからパーティの描き方に至るまで、
こっちの方が納得いくし、理解もできるし、本物感やクラス感があるのですが、
一つだけ、
向こうの方が好みな部分が。

それは、ギャツビー。
ディカプリオの方が断然チャーミングなんだもん。

総じて、
ディカプリオ版は奪還をめざす挑戦者側の目線で、
(大金持ちはこんなことしてんだろー)って勘ぐって作った感じ。
謎解きの要素は断然そちらの方が上。

レッドフォード版は女性の観客が納得のできる内容を、
「持っている側」から見て作った感じ、かな。
なんたってデイジーの娘の出てくるタイミングが絶妙。
もうちょっとメロドラマ臭を減らしてくれるともうちょっと見やすいかなー。


ーーーーーー


同じ原作のものを見比べるって面白いですね。
あんまりやったことなかったけど。

少なくともギャツビーは、
両方観るのがオススメです☆

・・・・・・・あれ、この話って5回くらい映画化されてるんだっけ?



nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「マルタのやさしい刺繍」 [面白かった映画・DVD]

主人公のマルタは80才の老女。
9ヶ月前に夫に先立たれてから立ち直れず、
生きる気力も無くして空虚な日々を送っている。
何をしても楽しくない。
そんなマルタを仲良しの友人たちは心配している。

ある日、マルタは街に出なければいけない用事ができた。
いっしょに行ってあげるから喪服以外の服を着なさい、と
友人が服を選ぶのを手伝っていると、
クローゼットの中から箱を見つけた。
中には素晴らしい装飾をされた美しいランジェリーが。
驚く友人にマルタが話す。
実は、昔、裁縫の仕事をしていたというのは、
こういうランジェリーを縫っていたのよ・・・。

街の布地屋でレースを見て、
街のランジェリーショップで商品を見て、
マルタは昔の夢を思い出す。
昔はパリに自分のお店を出すことが夢だった。
そうよ、窓にはベルベットを、試着室には光沢のあるグリーンのカーテン。

マルタには夫と営んでいた食料品店があるけれど、
ひとりでは手が回らなくなっていた。
その場所を使って、今こそ夢を叶えてはどうだろう。

生き生きと活動を始めるマルタ。
しかし、保守的で封建的な小さな村では、
そんな破廉恥な店と言って反対されて・・・・・・・・・という映画。


マルタのやさしい刺繍 [DVD]

マルタのやさしい刺繍 [DVD]

  • 出版社/メーカー: CCRE
  • メディア: DVD



舞台はスイスの小さな田舎。
なんとなく、もっと昔の設定なのかと思っていたら、
なんとなんと、インターネット通販が出てきた!

バリバリに現代のお話でした。

いくつになっても、自分で自分の人生を良い方にもっていくために
新しい事に挑戦する勇気と、夢の実現。ときめき。
う~ん、いい映画です。


ところで、
破廉恥な、とか、いやらしいっていうけど、
出てくるのがそんなエッチな感じの下着じゃないんですよね。
品が良かったり可愛らしかったり。
あれでダメだということは、村の女性たちはいったい
下着をどうしているんでしょう?
ベージュ一色で飾りも刺繍も一切禁止?
というか、あの保守的な男の人たちは、
自分の奥さんたちが下着をつけてることを知らないんだろうか。

まあね、でも、たしかに、
いきなり往来の路面店のランジェリーショップに入るのは勇気がいる。
あのお店はけっこう広さがあるんだから、
道路に面したショウウインドーと入り口側半分は
女性向きのカワイイ物屋さんにしてレースたっぷりの小物ポーチとか
陶器のお人形とか並べておいて、その奥に入ってはじめて
ランジェリーが並んでて、一番奥に試着室・・・とかにすると
もっと軟着陸できたんじゃないかな~。


あと、マルタのお友達の一人(けっこう保守的)は、
ダンナさんを病院に連れて行くために運転免許を取るのです。
最近、私はペーパーと化しつつあるところなので、
せっかく取ったんだからがんばって練習しなくっちゃなー、と思いました。




nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日のサンタ [シルバニアファミリー]

サンタさんは、おだんごを食べつつ準備中。

024-18.jpg

おぜんの上にのってるのは、チラシじゃありません。
よい子たちからのお手紙ですよ。








サンタさんたちが和んでいるのは、
実は玄関の靴入れの上。

023-18.jpg
ちんまり

サンタだけ出しておいたら、
いつのまにやら畳が敷かれ、ついにはこんな状況に。
毎日、少しずつ様子が変わっていきます。
やっているのはウチの受験生・・・・・・いいのかこんなことしてて・・・・・・。




「華麗なるギャツビー」(ディカプリオ版) かなりネタバレ [面白かった映画・DVD]

見始めてしばらくして、なんか雰囲気が「ムーランルージュ」に似てるなーと思ったら、
同じ監督の作品だった。でもこっちの方が高級感があってちゃんとした映画だよ。


いったいギャツビーとは何者なのか、という謎解きと、
(そのためだけにそこまでやる !?)、という驚きとが絡み合った、
よくできた映画だと思いました。
これって切ない系の恋愛モノだったんですね。

この映画はしっかりした原作の小説があるのだそうで、
これまでに何度も映画化されているんだそうです。

ディカプリオ様のギャツビーの表情といい、
トビーマグワイヤのニックといい、すごく良かったんだけど、
どうも延々と続く狂乱のパーティとかこの監督のクセみたいなものが
ちょっと私にはあまり合わないかんじなので、
ぜひ別の監督の作ったギャツビーも観てみたいなと思いました。



ーーー以下、ネタバレ気味ーーー

続きを読む


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画