So-net無料ブログ作成

ニオイスミレ花盛り [ガーデニング]

027-19.jpg

ニオイスミレを植えた植木鉢に小さいスイセンの球根を埋めて、
あいてる隙間にエアプランツ。カタバミが混じって生えてきてる。
なりゆきの行き当たりばったりでこうなったけど、なんか寄せ植えっぽくなった。
水やりすると、スミレの良い匂いがする。

「カルテット! 人生のオペラハウス」 [その他映画・DVD]

かつて著名な演奏家だった人たちばかりが入居する老人ホーム。
穏やかな余生を送る彼らは、年に一度のガラコンサートが近づいて、
選曲したり練習したりする日々を送っていた。
そこに、オペラの大スターだった元ソプラノ歌手が入居してきた。
その元ソプラノ歌手は、声楽のメンバーがかつて離婚した元妻だった・・・
・・・というお話。

ステージに立つことをしぶる元ソプラノ歌手に対して、
「これに出なかったら、次に主役になるのは火葬場だぞ」
って言うセリフになるほどと思った。

カルテット!人生のオペラハウス [DVD]

カルテット!人生のオペラハウス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



白髪の髪型がたっぷり出てくるので、
将来の参考になりそうなところが良かった。

が、
あまりにもそのホームが特権階級的なかんじで、
手の込んだ庭園に広大な敷地に立派な建物、
美味しそうな食事に優雅な調度品、と、
ここまでリッチな雰囲気で閉鎖の危機とか言われても。
クラシック界の大御所たちは、スター特権があるんですよ、
って映画なわけじゃないよね・・・・。


ピアノとミュート付けたトランペットと男声2人の
軽やかな曲が良かった。
良い曲がいろいろ聴けるのは良かった。
でも最後のカルテットはもっとだいぶ若い人たちが歌ってるのでは。



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今年のバレンタインはありません(^^) [日々のつれづれ]

今年はバレンタインデーがありません。うちには。
なぜなら受験まっただ中だから。
高校はもう授業がなくて、来たい人だけ自習室に来たり、
先生に記述問題を添削してもらったりしてる。

バレンタインを全く考えなくて良いなんて何十年ぶりだろう。

十代の頃は本来の意味でソワソワしてたし、
就職したら義理やお礼もあるし、
交際してる人がいるとそれなりにがんばらなくちゃいけなかったり、
結婚したらダンナがもらってきた義理チョコのお返しに頭を悩ませ、
子供がそこそこ大きくなってきたら友チョコなんて習慣ができて・・・。

だけど今年は、なんにも考えなくていい[るんるん]

こんなにすっきり楽なものだとは。





nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いちおうデータを取ろうと [日々のつれづれ]



~今回の記事は男子禁制でございます~





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽器屋さんに寄ってみた [やってみました]

所用のため街に出たので、ついでに楽器屋さんに寄ってきた。
このところギターからすっかり遠ざかっていて、
ウクレレに転向しようかなーと思い始めていたからだ。
だって、ギター大きいんだもん。
ウクレレだったら小さくて扱いやすそうだし
場所もとらないだろうし引越もあるし。

そんなわけで、一度、試し弾きさせてもらえないかなと
売り場に行ってみた。
ウクレレの置いてあるフロアにはアコースティックギターも置いてあった。
あるとやっぱり気になるので、先に見るだけ見て回る。
美しい~。
高いギターがいっぱいある~。

うっとりじっくり見て回り、それからウクレレを見る。
買うんならこれだな、と思ってるフェイマスが置いてある。
奥のガラスケースの中のも見るだけ見たいけど、
ガラスケースの前で常連さん(?)とおぼしき人が
立ち話しているのでまたアコギの方に戻る。
うっとり~。
・・・・・と見ていると、アコギ売り場のお兄さんに声をかけられた。
こっちにお客さんはいない。
せっかくなのでちょっと聞くだけ聞いてみる。

入門から初心者になったくらいなんですけど、
あのー、今使ってるのはもらったものですごく古いんですけど、
腕前に見合った値段で、ボディが小さくてなるべく薄いものっていったら
どんなかんじになります・・・?

とっちらかった聞き方だけど言いたいことは伝わったらしく、
お兄さんは、なるほどなるほど、といったかんじで、
オススメを選んでくれた。
そして、私がチラチラ見ていた小さいものも持ってきてくれた。

普通サイズのオススメの小さめギターと、
少しだけスケールが小さいものと、
グッと小さいスケールのミニギターと言われるジャンルのものと、
それからウクレレも持ってきてくれた。

なんて贅沢なんでしょう。
さすがは平日の午前中。

最初に腕前の程度については話したし、
他にお客さんもいないので、
簡単なコードを押さえてどんどん鳴らしてみる。
普通サイズのものはウチにあるのと変わらない。
ちょっと小さいのはちょっと短いけど、
ボディはそこそこ大きさがあるのでそれほどでもない。
小さいやつは、ホントに抱えやすい。
チューニングも普通のギターと同じで、
思ったよりも普通の音がする。

ウクレレが、いきなり良い音だったのにはおどろいた。
まったくの初めてで音を出してもこんなにいい音がするんだ~。
しかしながら、ウクレレは全く違う押さえ方になるので、
またイチから覚えなおさないといけない。
めんどくさいけど、この音は良いなあ。

お兄さんは、普通サイズのギターが断然オススメだと言う。
音の深みが違うので、がんばって慣れた方がいいそうだ。
まあねえ、そうなんだけどねえ。

即決できるものではないので、
ありがたくお礼を言って帰ってきた。

帰ってからギター熱再燃。(笑)
お兄さんのアドバイスを思い出しながら鳴らしてみる。
(こういう姿勢で弾いた方が疲れませんよ、って言ってたっけ・・・。)
そして頭からミニギターとウクレレが離れない。
ううむ。買い足しという道もあるのか・・・・?
いかん。
それはいかん。

あとね-、思ったんだけど、
私、あんまり上等のやつ触ったことないから、
普通サイズの良いギターの良い音って、
本当には知らないかもしれないね。

また行こう。