So-net無料ブログ作成
検索選択

「BECK」 [その他映画・DVD]

学校ではパシリに使われるし、つまんない毎日だと思ってる男子高校生がギターと出会ってバンドに入っていろいろあって、でっかい野外ロックフェスに出る話。なんかコミック原作らしい。

主役のコユキくんを佐藤健、
バンドのリーダーを水嶋ヒロ、
あとメンバーは桐谷健太と向井理と、えーっと、ごめん名前が分からない。
ヒロインが忽那汐里。すごくかわいい。

最初の10分くらい猛烈につまんなくて見るのが苦痛でどうしようかと思ったけど、
とりあえずメンバーが全員出そろうまでは、と我慢していたら、
壊されたギターを「修理できるよ」って言われるあたりから見られるように。

謎なところは沢山あるけど
(そもそも、他2つのステージよりも大勢観客を集めなければ解散だという条件で出場させてもらったんだと話て責められるところ、あんな刹那的に生きていながら、あんなでっかいステージに出してもらえるならもうあとどうなってもいい!くらい思ったりしませんかね) まあいっかー。
だってコミック原作だし。
作った人たちは音よりもビジュアルが大事な人たちみたいだし。


「BECK」 豪華版 <初回生産限定> 2枚組(本編DVD+特典DVD)

「BECK」 豪華版 <初回生産限定> 2枚組(本編DVD+特典DVD)

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD


音楽やってる男の子は普段の何割増しかでかっこよくなる。
かっこいい俳優さんたちを何人も集めてバンドをやらせたらどんなに格好良くなるだろう、と思ってこの映画を作ったんだろう。
でもかっこよかったのは楽器持ってない時の向井理のみ。
最後の野外ステージのボーカル桐谷健太も良かった。
他は、うーん、もったいないことです。



ネタバレして悪いんだけど、コユキの奇跡の歌声がイメージ映像ばっかりで、明かされないんだな。最後の最後だけ歌を出すのかと思ったら、最後まで出なかった。
奇跡を起こす歌声なんてハードル上げちゃってるからなんだろうけど、オードリーヘプバーンみたいに歌だけ吹き替えしちゃうって手もあったんじゃなかろうか。声も歌もむっちゃいいけどルックスとかチャンスとかに恵まれなくて知名度がない人なんて、探せばザックザクいるでしょうに。

「フィッシュストーリー」のバンドはカッコよかったなー・・・。


まあでも出演してる俳優さんのファンは見ても損はなし。
佐藤健の学ラン姿はなかなか良いです。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スマホ1ヶ月ちょい [買っちゃいました]

スマホがおもちゃになってきた。
これでもうちょっと文字を打つのが楽になったらいいのにな。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「きっと、うまくいく」 [面白かった映画・DVD]

男子学生3人の友情と、卒業後の再会を描いた映画。
コメディ要素たっぷりでミュージカル場面もある170分です。
インド映画ってもっと大味なものかと以前は先入観があったのですが、1本目が「スラムドック$ミリオネア」で2本目がこれなので、ボリウッド映画は完成度が高くて長い、という印象になりつつあります。長いけど中だるみ無し。ボリュームもたっぷりのフルコースで、入館料を払って見たとしても、元をとった感があるだろうと思います。

ーーーー

舞台はインドの超難関工科大学。
ランチョーは入学してきた時から他の奴とは違ってた。型破りで、常識や慣習ではなくまず自分で正しいと思ったことを実行する変わり者だ。寮で同室になったファルハーンは、本当は工学よりも動物写真の方が好き。同じく同室のラージューは実家が極貧で、いつも神頼みの線香を焚いてお守りの指輪を沢山つけている。
卒業後、行方をくらましてしまったランチョーの所在をファルハーンもラージューも捜していた。2人にとってランチョーは親友であると同時に恩人でもある。

ある日、ランチョーが来るぞ、という連絡が入り、2人は全てをほっぽり出して駆けつける。連絡をしてきたのはチャトゥルという同窓の点取り虫。そこにランチョーは来ていないがランチョーの住所を知っていると言う。ファルハーンとラージューはチャトゥルの車でランチョーに会いに行くのだが、突き止めたランチョーは別人だった。いったいどういうことなんだ。そして自分たちの知ってるランチョーは誰なんだ。


きっと、うまくいく [DVD]

きっと、うまくいく [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



コメディたっぷりでミュージカルシーンもあって、でもドラマもしっかりしててロマンスもあってミステリー的なところもある。学長が新入生たちに「宇宙でも書けるボールペンの話」をして、最高に優秀な学生にそのボールペンを授与する、言ったシーンはそこで完結しているのかと思ったらずーっと後でさらに回収されたりと、実に細やかに小道具や伏線が利いている。いやー、本当によくできた映画です。
きっと、世界中で楽しめる映画だと思います。


で、
面白かったんだけどね。


テーマは教育問題なのです。

私は全世界でごく一部にだけいる少数の、この映画を手放しで楽しめない人なのだ。
おそらく同じ立場の人たち・・・子供を大学に通わせて仕送りをしている親御さんたち・・・その人たちは、ビミョーな気分になるシーンもあると思うんだ。学生はバカをやるものだとはいうけど、おまえら学生だから何やってもいいと思ってんじゃねーよ、と言いたくなるところが多々アリ。いや映画なんですけどね。

大学が就職率を気にするのは当然だし親も受験生も調べてから受験してるし、それを入学してから文句つけられても、学長ってのは全体的な運営方針と経営と外部との連携にかかわる大学の顔で、入学してくる学生とそのスポンサー様とが求めるものの質を保とうとするのは必然なのでは。純粋に学問であれば個々に気の合うプロフェッサーと仲良くなった方がいい。まあ確かにお預かりした大切なお子さんの心身の健康に気を配るのは大事だけどさ、悪ふざけを越えて犯罪に近いことをやった学生に対処するのは社会に送り出す上で必要だし、学力が足りなければ留年するのも最初から決まっていたこと。伝え方に問題はあるけど。「のれん」を守っていくのって、いろいろあると思うんだ。
まあ映画なんですけどね。

あと思ったんだけど、インドの大学というのはラージューの家でも大学を卒業させられるのか、と思いました。日本だと無理だよね。授業料を全額免除で格安の寮に入る、という道がないわけじゃないけど、相当難しい。



と、なんだかんだ言ってるけど、
この先なにかピンチのときには胸に手を当てて「オールイーズウェール」って唱えちゃいそうです。
オススメです。



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「バンビ」 [だいすきな映画・DVD]

バンビの名前は誰でも知ってるけど、ちゃんと映画を観たことのない人もいるのでは?
ええ、私、今回が初見です(笑)



生まれたての小鹿バンビが成長して角が生えて、立派な大人になるまでのお話です。

生まれた小鹿を見に、森の中のウサギや小鳥たちが集まってくる。
小鹿はバンビと名付けられて、森のお友達と仲良しに。
一番の仲良しは子ウサギのタンパーくん。日本語字幕では「とんすけ」。
(ウサギが足をダンダンやる仕草をうまく描写してる)
まだ脚がよろよろのバンビは、タンパーくんたちと遊びに行って、いろんなことを教えてもらう。

少年になったバンビは草原につれていってもらい、そこで自分以外の小鹿と初めて会い、若い雄の群れと、ひときわ立派な牡鹿を見る。雪の日の母との悲しい別れ、青年になって再会したフェリーンとの恋・・・。


とにかく絵が美しい。ほんとに美しい。
ジブリの「もののけ姫」の森も美しかったけど、あの森が好きな人はきっとこの森の小川の流れも好きなはず。あなどるなかれディズニーってかんじです。深い森の緑の木々、水に映った紅葉、冬の森に降る悲しい雪、どれも本当に美しくて、絵をプリントして部屋に飾りたくなりました。

あと、ウサギの鼻先や足タンタンの仕草、小鳥が草原から飛び立つ様子や、鳥の親子(うずら?)やリスなど、動きにリアリティがあって、なおかつ程よい擬人化と表情で、私はこのくらいが好きだなあ。
スカンクのフラワーくんが恋に落ちるところとか、タンパーくんを誘惑する女の子の仕草がたまらない~。

まだ見てない人はぜひ。
ただし、話のあらすじは何てことないです。

バンビ [DVD]

バンビ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • メディア: DVD


なんとなく、バンビといえば小鹿だと思ってたんですけど(笑)、
大人になって角が生えて声変わりまでしちゃうんだよね。
子供が生まれてお父さんになっても、バンビ。名前だから。


雨降りの歌がすごくすごく好きだ。
あと、春がめぐってきて小鳥がラブラブしてる曲。
音楽も昔のディズニーの良さがすごくあって、いいかんじです。


これまでディズニーの額装の絵って興味なかったんだけど、これは欲しくなるなあ・・・。



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「インビクタス / 負けざる者たち」 [面白かった映画・DVD]

かつて南アフリカはアパルトヘイトという人種隔離政策がとられており、
ネルソン・マンデラは政治犯として27年間も収監されていた。
大統領に就任し、国内の融和に奮闘する彼は、
折しも開かれるラグビーのW杯において、
低迷中の代表チームを勝利させるべく力をそそぐ。

そんなかんじの映画。
実話。

代表チームの元々の支持層が白人で、ユニフォームやチームカラーそのものが
黒人たちにとっては嫌な思い出に結びつく、という難しい局面から、
チーム名もユニフォームも変えようと言う黒人層に対して、
白人から大切にしているモノを奪ってはいけないと諭し、
そのチームのままで黒人居住区の子供たちにラグビー教室を開いて回るように手を回す。
なるほどなあと思いました。


インビクタス / 負けざる者たち [DVD]

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



スポーツの国際大会というのは、いつもナショナリズムや国威発揚と切り離せないけど、
この映画を観て、それはなぜなのか、なぜどこの国もスポーツの強化費用に力を入れるのか、
やっと理解することができました。

マンデラ大統領をモーガンフリーマン。
代表チームのキャプテンをマットデイモン。
ぴったりですよね。


続きを読む


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画