So-net無料ブログ作成
検索選択

「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」(ネタバレ) [その他映画・DVD]

先週DVDになったばかりで、舞台は現代だけど、白黒映画。
「アバウト・シュミット」と「サイドウェイ」の監督の最新作で、ロードムービーだというので観てみた。


ーーーー


老人が高速道路を歩いている。
警察官が事情を聞くと、100万ドルの当選金を受け取りに行くのだと言う。息子が警察署に引き取りに行き、家に送っていくと、母親から、もうずっとこんななのよやっていられないわ、と聞かされる。
息子も高齢の母親も、高額の当選通知というのはよくある詐欺だと信じないが、本人は受け取りにいくと言って何度も徒歩で家を出る。100万ドルを受け取ったら、新車のピックアップトラックを手に入れて、知人に貸したまま返してもらえなかったコンプレッサーを買い直すのだと。

ついに息子は、自分の車に乗せて連れ出した。
長い旅の途中で、親族の家に寄り、昔住んでいた場所に行き、当選金の話は、あっというまに広がって、町中の有名人に。

おめでとう、と祝福されるが、古い知人は「昔の損害賠償を払え」と言い出すし、親戚は「何かと援助した分を返して」と言ってくる。本当は当たってなんかないんだ、と息子が言っても、独り占めしたいだけなんだろうと信じない。
ついには夜道で強盗(どうみても従兄弟)に手紙を奪われ、こんなのを信じる奴がいるなんて、と皆に笑われる。

それでも父親は当選金を受け取りに行くと言う。
息子は父親を、当選通知に記載の住所まで連れて行く。

帰り道。
しょんぼりと助手席に乗る父親を連れて、息子は中古車屋さんに寄って自分のスバルを下取りに出し、ピックアップトラックに乗り換える。名義は父親の名義に。
荷台には、コンプレッサーの箱。

息子グッジョブ。おしまい。


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [DVD]

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



超地味な映画でしかも白黒。
私は白黒にする意味を感じなかったなー。
だってカラーの方が視認性がいいもの。
一面に広がる麦畑が牧歌的に見えてしまうから白黒にしたんだろうか。

中身は、もう、とにかくリアル。
残酷なまでにリアル。
年を取るとか、宝くじで100万ドル当たったと聞いた親族たちの反応とか。

娯楽作品ではないので、楽しかったとかそういうのはないけど、
監督と、息子役の俳優さんの才能のすごさを思います。

ーーーー

日本の宝くじは高額当選者に、注意事項などを書いた冊子をくれるのだそうですね。
見たことないけど。
その話を始めて聞いたときは笑ったけど、この映画をみると、それって必要かもしれない・・・と思いましたです。これからは、宝くじを買ったときに、当たったら何に使おうかしらウフフ、だけじゃなくて、もっとリアルに注意事項まで妄想しようっと。(笑)





nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」 [面白かった映画・DVD]

ここまで観た2本のインド映画がいずれも大当たりだったので、さらにもう一本選んでみた。
で、これまでの2作も長かったけど、これも長い!2時間50分ある。

主人公は、パッとしない大部屋俳優。
いつかは華やかな主役になってリッチな生活をするのが夢。
気分が落ち込んだときは、映画看板に描かれた憧れのスター女優の絵に向かって話しかける。
努力と行動の甲斐あって、そのスター女優と知り合いになり、楽しい時を過ごしたのもつかの間、彼女がその映画のプロデューサーと内密に結婚していることを知る。結婚を公表すると売れないからと隠すプロデューサーに、いつまで日陰の身なの、とせまり、妊娠を告げた彼女。すると、なんとそのプロデューサーは、撮る予定だった映画のセットと共に、彼女を焼き殺してしまうのだ。その様子を見ていた彼は、必死に助けようとするのだがかなわず、自らもほぼ同時に死んでしまう。
その直後。大物俳優の夫婦に赤ちゃんが生まれる。
裕福に育ち、Ⅱ世俳優として大スターになった彼は、ある日、自分の過去世を思い出す。

・・・・・・といったかんじのお話。



まだまだ話の途中で、主人公が死んでしまってびっくり!
そんで、生まれ変わるの早っ!!!

速攻で生まれ変わったから、30才になったところで、まだまだ関係者が全員、存命中なわけです。そして思い出し始めると、まあ記憶が鮮明なことといったら。母親や友人と交わした会話から部屋の装飾までなんでも覚えてる。


恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[DVD]

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[DVD]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD



でね、面白かったんだけど、ヒロインも美人さんだし、いいんだけど、ちょっと長い。ダンスシーンが長すぎる。ダンスシーンも素晴らしいんだけど、どんどんカットして2時間にまとめても良かったんじゃないかなあ。


てっきり女優さんの方も生まれ変わって出てくるのかと思ったら、生まれ変わったのは主人公の方だけだったんですね。女優さんの方が生まれ変わるのを待ってから後を追って生まれてきて今度こそゲットするぜ、という方向には行かなかったんだなー、なんて観ながら思いました。



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「大草原の小さな家」 (1~3話) [ドラマ@テレビ]

言わずと知れた、超有名シリーズ。

アメリカ開拓時代、大草原の広がる新天地に入植した家族が、
たがいに支え合いながら暮らしていくお話。

語り手は次女のローラ。
お姉ちゃんがいて、ローラがいて、小さな妹がいて、
大工仕事が上手なお父さんがいて、優しいしっかりもののお母さん。

住んでいる家は、お父さんが建てた木造の家。
ローラとお姉ちゃんは二階(ロフト?)のベッドで寝るのだ。


大草原の小さな家シーズン 1 バリューパック [DVD]

大草原の小さな家シーズン 1 バリューパック [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



まだ3話までしか見てないんですけど。

見始めて、「これか!」と思いました。
子供の頃に見て、自分を形作るもののうちのひとつが、
まぎれもなく、この作品でした。
そうそう、あの二階のベッドに憧れたんだよな~、とか、
三つ編みにしてみたかったのはコレか!とか。

今、見ても、やっぱりかわいい。
リアル愛娘にローラとお姉ちゃんの格好をさせたかったな~。

それから、影響があったのは外観のことだけじゃなくて、
良心とか、価値観とか、そういうところにも影響してる。



大人になって見直して、
これは大人になってからの方が、より深く味わえるドラマだなと思いました。
子供の頃には分からなかったこと、
たとえばここで牛を取られてしまったらどうなるのか(第一話)、とか、
収穫期に降る雹がどんなにまずいことか、とか。
大人になったら、その場面のひとつひとつがちゃんと分かるものね。

あと、子供の頃は、幌馬車で家族揃って移動、というのも、なんかいいなあと思ってたけど、転勤族の主婦になってから見る感覚は大違い。あれはキツイ。宿泊施設なんてないだろうし、食べ物や水を調達するのだって、そう簡単にどこでもあるとは思えないし。


連続モノではあるけど、一話ごとによくまとまってて完結してて、
本当によくできたドラマだと思います。
長く続くわけですね。



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

そして紙やすりを軽く [インテリア・整理・収納]

ダイニングテーブルに紙やすりを軽くかけてみた。
目の細かいものなので、そんなに進まないと思っていたんだけど、
紙やすりの技術革新は進んでいた!

昔はこんな目の細かい紙やすりは、あっという間に目詰まりしていたはずなのだ。
しかもかけるのはこんな大物だし。
それがまあ、どんどんいける。四隅の角を少し丸めて、天板の側面にかけて、表面にかけて、白い粉がどんどん出る。削りすぎないように注意しなくちゃな、と思うくらい。

そんなわけで、ちょっとずつ日数をかけてやろうと思ってたけど、やすりかけるのは今日一日でおしまいにする。

その後、とりあえず保護に蜜蝋のワックスを一度かけてみた。
何か塗装用のオイルでやるべきかな・・・。
蜜蝋ワックスを繰り返してそれでいいことにしようかな。

ーーー

今後、新品のような状態でずっといけるとは思えない。
そもそも柔らかい素材だから傷もつくだろうし、注意していても輪染みだってつくだろう。
冬になって湿度が下がれば割れるかもしれないし、春には部分的に反りが出てるかもしれない。
それでも、おそらくそれは自然な感じで、テーブルとしての用途に差し支えるほどにはならないと思ってる。
何年か使ってみて、その状態によって次をどうするか決める。

表面が荒れるのは使いにくい、となったら次はメラミン加工かエナメル塗装の天板で探す。
ぜんぜんこれでいけるじゃん、となったら次は憧れのウォールナット無垢材に大枚はたく。
このテーブルが飴色に熟成していってずっと使い続ける、なんていうのも、アリだ。




脚の取り付け [インテリア・整理・収納]

暑さと筋肉痛のため一日休養し、今日は涼しかったので再開。

さっそくテーブルの脚を取り付けてみました。
優秀なる助手に手伝ってもらって、あっという間に付いた。

006.JPG

安定が悪くてガタガタするようだったら切り直しかヤスリで対応するか・・・と思っていたけど、あっさりオッケー。やったー。もう一度裏返して、あしのうらにフェルトを貼り付けて、終了。

015.JPG

でね。
完全な白木かと思っていたら、どうも天板の表をさわってみると、何か樹脂系だかなんだかの塗装がうっすらかかっているような気が。かかってるらしいところと、かかってないところがある?ムラになってるだけなのかな。謎のひっかき傷が集中的に入ってるところもあってこれはいったい何だろう。
このあたりが安さの秘訣というやつか。

おそらく、きちんと下処理をしないところに樹脂系の軽い塗装を軽めにかけてムラができているのだと推理した。ポタッと垂れたような跡もある。謎である。

次は、目の細かい紙やすりを買ってきてもらったので、そいつで毎日なでまわしてみようと思う。
肌触りが良くなるといいな。

ちなみに、今日のところはまだ、天板の上に梱包に入っていたボール紙を乗せて使っている(笑)
そんでその上にノートパソコンを乗せてこれを打っている。
快適快適。
サイズにこだわってよかった[るんるん]