So-net無料ブログ作成

巫女さんの防寒 [日々のつれづれ]

今年から大学生になった娘が、お正月に巫女さんをすると決めてきた。
通称で巫女バイトと呼ばれることもあるが、バイトと呼んではいけない。
「助勤」さんである。
やることは実質的にお守り売り場の売り子さん、おっとこう呼ぶのもいけない。
お守りは売るのではなく授けるもの、売り場ではなく授与所である。

最初に初詣の臨時巫女さんをやると聞いたときは、
黒髪・ピアス無し・化粧気なしマジメ盛りな娘にぴったりだし、
今しかやれないことだと喜んだ。
なんたってあの格好が可愛いじゃないですか。

しかーし。
その喜びもほんの数分で一気に不安に変わる。
ちょっと待てよ。
初詣の巫女さんって、大晦日の夜中から元日にかけて、
ほとんど外に近い場所でずっと立ちっぱなしだよね?
寒くないわけがない。

そこでググってみると出るわ出るわ。
巫女バイトは見た目よりもかなり過酷でキツイ、
とにかく寒くて芯まで冷える・・・。

・・・だよね。そうだよねえ。
ヒートテック上下で着て貼るカイロで、なんていうけどちょっと待ってよ。
よく考えてみよう。
ヒートテック上下+貼るカイロで、その上に春物の綿ポリエステルのコート着て、
手袋もマフラーも無しで大晦日の夜から初詣に出かけるって想像したら、
それは、ちょっと、ムリでしょ。
外でずっと1時間も2時間もその格好で立ってるとしたら。
若いから大丈夫とかいうレベルじゃないでしょう。

というわけで冬山登山用の肌着を探したんだけど、
一番暖かいタイプっていうのは、たいていハイネックになってて、
白は作ってない。そりゃそうだよね。汚れが目立たない方がいいもの。
U首かV首で白のみ、なんていう条件では見つからない。(注)
で、時間もないし、悩みまくって探しまくって、
結局ユニクロにしか無地の白がなくて、
ヒートテック8分袖の白と、子供用150のフリース白と、
(大人用のアイボリーは限りなくベージュっぽかった)
裏起毛のスエットパンツのアイボリーと、
さらにウルトラライトダウンジャケットのアイボリーを購入し、
改造することにした。

スエットパンツは裾上げして見えないように、
ウエスト紐が長すぎるので詰めて、
裾に隙間があかないようにゴムを通す。
フリース地は切りっぱなしでもほつれてこないので、
ハイネック部分をVネックにカットして、伸びないようにステッチのみ。
(だって時間ないんだもん)
そしてこれが問題だった、ウルトラライトダウンジャケット。
こいつを中に着込んでしまえば寒くないであろう最強の秘密兵器である。
が、やってみて分かったけど、うすうす予想してたけど、
私なんぞの手を出していい素材じゃなかった。
ゴミ袋の中で袖をカットしてそのエリアの羽毛を掻き出して、
薄くなった部分を三つ折りにして縫って始末という工程にしたのだが、
これがもう!羽毛が散らばる、静電気であちこちにひっつく。
ナイロンの切り端はボロボロほつれてくる。(泣)

ゴミ袋の中で切ったので被害は最小限におさえられたが、
そのとき、うちには掃除機が故障してそのまま買わずにいたために、
ちらばった羽毛を吸い込むものがなかった。
サイクロンにしようか紙パックにしようかこのままホウキで過ごすか、
と悩んでいたが、ここで早急に紙パックを買おうと決心した。

057-19.jpg

三つ折りにしてミシンで袖口を縫う。
このミシンが簡易版なものだから、送り歯の数が2本しかなくて、
端っこが縫えない。なのでだいぶ分厚い間隔を開けて縫うことに。
このミシンもまたリストラ対象で、最近手芸しないし、ミシンももう
そんなに使うこともないだろうな・・・と思っていた矢先のことであった。
まだ捨てて無くてよかった、と心底思った。
いつ使うことになるか分からんな。リストラではなく買い換えかな。

袖口の始末で懲りて、襟元を改造するのはあきらめた。
本当はきちんとVネックにしたかったのだが、私の力量ではムリだ。
というわけで、両面テープで貼り付けてごまかすことにした。
許せ。

063-19.jpg

冬休みの工作。
いろいろ問題はあるけどいいことにする。

フリースとダウンの間にカイロを貼れば、
上半身についてはそこまで寒くはならないはずだ。

下半身はスエットにカイロを貼ってもらうしかない。
首と手首足首はいかんともし難い。




(注: あとになって、ヒマラヤで腕組みする白い肌着を見つけた。婦人物でVネックもある。これを最初に見つけてたら買ってたかも。けっこういい値段するけど。でもいいもん。サイズがないから。)





---------------------------------------------------------------------------------

追記。

天気予報に驚愕。
元日にかけて大荒れの天気だって?なんだよそれ[むかっ(怒り)]
これでもヤバイかも(泣)
もっとなりふりかまわない防寒にした方が良かったかも(泣)
手首とかもっと長くても良かったかなあ・・・(泣)





「超高速!参勤交代」 [面白かった映画・DVD]

幕府のエライ人に悪人がいて、参勤交代から帰ったばかりの貧乏な弱小藩にむかって、「5日以内に参勤交代に来ないと藩を取りつぶす」とお達しを出した。参勤交代には宿代などの莫大なお金がかかる。しかも5日でなんて絶対無理! しかし行かないと藩はお取りつぶしに。
策をめぐらせ、とんでもない方法で江戸を目指す彼らは無事にたどりつけるのか?・・・・・という映画。

さほど期待してなかったけど、
脚本が良いらしい、という評判と、お殿様の佐々木蔵之介ほか西村雅彦や寺脇康文などキャストに惹かれて見てみたら、大当たりでした。肩の力を抜いて気楽に楽しむのにピッタリの娯楽作です。


超高速! 参勤交代 [DVD]

超高速! 参勤交代 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD



最初の宿場町での「大名行列」のシーンと、
吊り橋で西村雅彦と再会するシーンが、けっこう好き。
鯛の食べ方で人柄を表すのも好き。
「次の参勤まであと1年はのんびりできますな。」という台詞は、
「次の転勤まであと1年はのんびりできますな。」と空耳。

見やすい楽しい映画ですけど、ただひとつ、
最後の忍びの大軍との殺陣のシーンはあんまり感心しない。
江戸であんなに風の強い日に火をつけたら、
火の粉が飛んで大火事になっちゃうよ。
派手にしたかったんだろうけど、あんなことしなくてもいいのに。

ともあれ。
この映画はオススメです。
芸達者たちが笑わせてくれました。

半沢直樹とか相棒とか好きな人は、きっとこれも好き。



ついに!圧力鍋! [食べもの]

みんな聞いて~~!
ついに圧力鍋買っちゃった!
転勤族のくせに!
荷物が増えるのに!!

だいぶ前からすごく欲しかったけど、
うちには真空保温調理鍋もルクルーゼもあるから、
これ以上煮込み用の鍋は買っちゃいかんだろう、
と我慢してたんだけど、今日、安いの売ってて、
デザインも良かったし、前から評判が良いの知ってたし、
つい、つい。 えへへへ。

すっっごい楽しみ!
見てるだけでうれしい。
これで当分、遊べそう。


歳末のスーパー [食べもの]

お正月準備のスーパーがけっこう面白い。
その土地、その土地で、他の場所では見かけなかったものが置いてあって、おおっ、と思う。

今日行ったところでは、鮮魚売場に大袋の砂糖ががっつり積まれていた。煮魚を甘くする?それとも佃煮っぽい飴煮っぽいものを作る?初めて見るレイアウトである。

そして冷凍食品の、普段おかず系が入っている場所には、小倉あんの冷凍パックと白あんの冷凍パックががっつり入っていた。ひとつでも枕になりそうな大きさなのに紅白で買ったりするんだろうか…いったいこんなにたくさんの餡を何に使うんだろう…それもこんなに入荷していて売れるのか?としばし見とれてしまった。
近くに百戦錬磨っぽいオバサマがいたらぜひ質問してみたかったんだけど、時間帯が悪かったのか、そういう方はいらっしゃらず。残念。謎のままである。

「私をスキーにつれてって」 [面白かった映画・DVD]

借りてから3週間以上も放置していた。
有名作品で、一度は見てみないと、と思って借りたにもかかわらず、
もう取り戻すことはできない憧れとか羨む気持ちとかそういうのが出てきそうで
なんかちょっと怯むようなかんじがあって手が出なかったんだと思う。

でも、もういいかげん見て返却しないと。

ーーーーー

バブルの始まる直前くらいの頃。
会社のスキー用品の部門に就業時間外に勝手に手伝いにいっている矢野(三上博史)は、金曜の夜は急いで仕事を終えて車のタイヤをスタッドレスに交換し、キャリアにスキー板をつけて、スキー場に急ぐ。仲間たちは先に到着してわいわい楽しんでる。

仲間たちの中で彼女無しなのは矢野だけ。だから仲間たちは矢野に紹介する女性を呼んでいたが、矢野はスキー場で出会った白いスキーウエアを着た優(原田知世)に一目惚れ。
優のほうでも、いいなとは思いつつも、仲間の連れてきた女性が恋人なのだと思ったために、矢野に電話番号を聞かれてウソの電話番号を教えてしまう。

これっきりか、と思われたが、なんと社内で再会。優は矢野の会社の役員付きの秘書だった。
誤解も解けておつきあいが始まる二人。
バレンタインには仲間たちと一緒に志賀高原へ。

しかしその日、矢野がずっと手伝っていたスキー部門の発表会が万座で行われており、深刻なトラブルに見舞われていた。連絡を受けた優は地図を見て志賀高原と万座の直線距離が2㎞であることを知り、滑走禁止のそのルートへと出発するのだった・・・・・・・・というようなストーリー。


私をスキーに連れてって [DVD]

私をスキーに連れてって [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



これを今、見ておどろいたのは、たしかに白いスキーウエアを着た原田知世は可愛いけど、断然10年後20年後の方が可愛くてキレイじゃん! ということ。(笑) ブレンディの原田知世の方がいいよ!

あと、けっこうイメージしてたのと違った。
私がスキーに行った頃に羨ましいなと思っていたモノ・・・たとえば四駆でスキーに行くのとか、スキー場でトランシーバーだとか、今でもいいなと思うけど、この映画の主人公たちは私がスキーしてた頃よりもずっと大人で、時間もお金もずっとスキーに使ってるのだ。大人の遊びなんだよね。
そしてメンバーがうまくできてる。仲良し3人組のオトコたちは、一人が外科医で金回りが良く、一人が自動車の整備(?)で機械をいじるのに慣れてて、もう一人がスキー用品を扱う会社にいて新作を使える。だから新しい機器を駆使して、ちょっとリッチに楽しめるわけだね。

ボーゲンでつながって滑るシーンでは、(これやりたかったんだよなー)なんて当時の気持ちまで思い出したりしたけど、なんかすごく、見て良かった。すごく面白かった。
スキーに行くワクワク感が伝わってくるステキな映画でした。


いまこういう映画作るの難しいのかな。
仲間でわいわいやってて楽しそうで(恋愛はあってもこっちがメインなところがミソ)、やってみたいこととか使ってみたいモノとか沢山出てきて、ビジュアル的にも良くって、見ててうらやましくなるようなの。・・・・難しいかもなー。最新機器の古くなるスピードに撮影のスピードが勝たなくちゃいけないもんなー。