So-net無料ブログ作成
検索選択

和食器を買った [買っちゃいました]

以前は、お茶碗やお皿などの陶器や焼き物の食器は割れるまでずっと使うものだと思っていた。ある意味一生モノである。くさるものじゃないしね。

だけどそうしてると、いったん買ったらもう新しいものが試せないのだ。うちは転勤族だから、荷物は増やせない。買い足すという選択肢は無い。増えちゃうから。重いワレモノを増やすことは自分の首を絞めることになる。
それで泣く泣く使わないモノから処分して、買いたい時期と処分する時期を何度か経験するうちに、最近はだいぶ感覚が麻痺してきた。

物は大切に使いましょう・・・・・・今だってそう思ってるよ。
だけど、毎日使ってると、お皿の模様もはげてくるんだよね。つるつるだった表面も、よく見るとうっすら細かな傷がたくさん入ってる。お皿って、実は消耗品なんだ。

というわけでですね、
なんの言い訳をしているかというと、
要するに、


「器、買っちゃった!!」


盛大にリバウンドしました。
このあいだ車の練習に遠出して、お皿やお茶碗などの焼き物の食器がいっぱいあるお店に行ったのです。日常使いの実用的な器が手頃な値段でいっぱいある。最近、和食にもっと合う食器が欲しいと思っていたところにそんな宝の山が。これはもう頑張って練習した自分へのご褒美、ってか記念品にすべき。やっぱりねえ、ある程度買わないと、産業が衰退しちゃうじゃん?これは経済活性化に必要なことですよ。物は大切に使いましょう、たしかにその通りですけど、ある程度循環もさせなくちゃ、買わなくちゃ作り手さんが新しいのを作れないでしょ、きっと。よし!買う!

まあそんな流れです。
そして器は使ってみないと分からない。見て分かる人もいるんでしょうけど私は自宅に持ってかえって、実際に盛りつけて、食べて、洗ってみないとホントのところは分からない。婦人服といっしょね。

そんなこんなで現在のところ純増なんだけど、料理が映えてちょっとうれしい。買って良かったと思うし、これで料理を作って盛りつけるとき、食べるとき、ちょっとうれしい気持ちになるならそれだけの値打ちがあると思う。思い切って良かった。


あとは・・・ちゃんとまた絞らないとね・・・。



「ベイマックス」 [面白かった映画・DVD]

やっと見ましたよ。ベイマックス。

これって癒やしロボットと天才少年のお話というよりも、
戦隊ヒーローものだったんですね。

これは前半の方が好きだなあ。
一番好きなシーンは、違法の賭けロボット格闘技に興じる弟を、
自分の大学の研究室に兄が連れて行くところ。
ベイマックスとの出会いと、それからロボット工学の教授。

教授「この大学を受ける気は?」
タダシ兄「ロボットファイターになるそうです。」
ヒロ弟「まあね」
教授「確かに君ならラクに勝てるだろう」
ヒロ弟「ええまあ」
教授「ラクを求めるなら私の講義は無用だ。」

悪役が使ってるツバメのマークは、この大学に付けるべきだ!


ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


後半は戦隊ヒーローものバトルになっちゃった。
日本のゴレンジャーと違うのは、赤がロボットなとこかな。
みんな研究者とか科学者になるんじゃなかったの。
生身の体に秘密兵器つけて戦う人になっちゃうの?
どうせならマスクマンが頭に巻いてるやつが無効になるような
妨害する機器を作って(だって元はヒロが発明したんだから)
新しい方にアップデートさせちゃうような方法が良かったなー。

あと、あのカード抜いちゃったら人格が変わっちゃうんじゃないかな。
何かもう少し説明が欲しいところ。

続編を作るなら、ぜひ異次元世界に迎えにいってあげて欲しいです。


マシュマロふわふわ癒やしロボット良いですねえ。
あのスペックなら泣き止まない乳幼児がなぜ泣いているのか、
通訳してくれそうです。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「捨てる女」 [本とかコミックとか]

「身体のいいなり」に続いて、次は「捨てる女」を読んでみた。
ところが。なんと同じ著書であるにもかかわらず文章がまるで違う。
文章というか文体というか、「身体のいいなり」とはかけ離れたとても読みにくい文章であった。はっちゃけた口語体で書くにしてももう少しやりようがあると思う。個性を打ちだそうとしたんだろうか。いっそのこと、本人に書き直して改訂版を出して欲しいくらいだ。

で、勝手に、断捨離の過程を書いた本なのかと誤解した私がいけないんだけど、「捨て暮らし」なんて言う割にはぬるい。食料品の整理をするのは誰でも一般的にしていることで、乾物は使うか捨てるかするしかないし、サハリンのおばあちゃんがくれたという砂糖どっさりのバラ科のジャム(木イチゴとかベリー類?)や梅酒の梅なんかは20年くらいは余裕でいけるから、12年!もはや別の生き物に、とかいわれても、別に~って思っちゃうし、ちなみにこのあいだ私は15年くらい前に買ったマーマレードをついに処分したのだが、冷蔵庫にずっと入れてたから砂糖ががっちり分離して固まってたけど味は大丈夫だったよ、って関係ないね。

豚を飼うにあたって借りた廃屋の大量のモノを処分するのだって、そりゃ捨てるでしょ。他人が夜逃げして残していった荷物、使う人なんていないでしょ。整理するのが大変だったのは分かる、というか想像できるけど、そのあたりをもっと書いてくれたらいいのに、自分が退居したあとにタイ人のスナックになってたあたりになんであんなにページを割くかね。っていうかどうでもいいよ・・・読んでて楽しいわけでもないし・・・。

この方は結局何を持っていたのかというと、大量の図録と、大量の製本の材料と道具と、御自身で描かれたイラスト20年分と、羊皮紙や和紙などの材料を使った美術品と言えるような古い蒐集本を山のように。
何度も何度も、都内の狭い部屋に沢山の本棚、細い道を残して床には本が積み上がり、と書いていらっしゃったが、大量に処分した後に引っ越す先として必要な条件が、「最低七棹か八棹の本棚が置ける壁が欲しい。それと本棚の面から最低六十センチの空間が欲しい。でないと並べた本を見ることができないから。」とな。これを23区内で。減らした後ですよ。

都内の狭い部屋・・・。この人にとって狭くない家というのはどういう家をいうのであろうか。ああそういえば豚を飼うために借りた家は、20畳くらいの厨房があるのでしたね・・・。
「身体のいいなり」でも「捨てる女」でも、貧困だのお金がないだのおっしゃってるが、その家に住んでアパートも借りて寝るための中古マンションをキャッシュで買って、ええとそれからどうだっけ、一度時系列にしてみないとよくわからないけど、とりあえずウチよりだいぶ収入がありそうなことだけは理解した。貧困って、どのくらいのラインからを言うんだろう。

ご実家は鎌倉なのだそうで、大物の荷物はそちらで預かってくださる。実にうらやましい。二十代の前半の頃のエピソードとして、小学校時代の答案や作品を半分にしてくれと言われて、「普通親って、そういうのって取っておきたいものなんじゃないのかね」、と書いていらっしゃるが、小学生の頃の答案や作品を二十歳過ぎまでどさっととっておく方が珍しいと思うんですけどどうですか。せいぜい出来のいいやつを、ちょいちょいっと取っておくくらいだと思うんですけど。・・・うち?私の実家にはもう私のモノはありませんよ。兄のモノはありますがね。先日、私の卒業証書を捨てるというので引き取ってきて、それで最後だと思います。


捨てる女

捨てる女

  • 作者: 内澤 旬子
  • 出版社/メーカー: 本の雑誌社
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


この本の中で最も見るべきところは、蒐集本についての記述でしょう。どんなに魅力的で希少な本であったか、どんな面白そうな図録を持っていたか。私は「チベットの薬草処方をまとめた豪華図録」ってのが見てみたい。ウィリアムモリスの本も、そりゃ欲しくなるよね。
しかしながら羊皮紙で出来た、カリグラフィと細密画たっぷりの古い本って、美しくて魅力的だけど(私も昔欲しいと思ったけど)、なんか宿っていそうじゃないですか?牛の血を固めてできた表紙の祈祷書とか、怪しげな人形とか、そんなのがみっちり詰まった部屋に寝起きしてたら、そりゃ具合も悪くなりますって。

大量の蒐集本と20年分のイラストを、展示即売会を開いて売って処分したところが、著者のいうところの「捨て暮らし」のピークのようだ。しかしながら、捨てが終わったと言いながら、元配偶者のところにまだ残してあるものがある、というのは理解不能。


まあそんなわけで、
読んでいるとどんどん自分が狭いウサギ小屋に住む哀れな半病人に思えてくる(・・・はっ!書いて気がついた。これって事実なのか?まったく気づいてなかった・・・)ところがなんだかなあであったが、収穫もあった。

モノを減らして、生き物が飼いたくなったんだそうだ。
そこで白ヤギさんなのね!
うれしい。そうすぐには食べちゃわないよね。
きっとヤギ乳を採るのでしょう。
楽しみだ。



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

このあいだの香水 [雑貨]

香水って、イメージがあるじゃないですか。
こんな女性をイメージしました、とか、
この場所にインスパイアされて、とか、
ブランドイメージとか、そういうの。

試香するときにはそれがとっても楽しいんだよね。
まずはベースになる香りが何なのか知って、
香水瓶のデザインを見て、それからイメージを読んで、
うわ~、どんな香りなんだろう~ってワクワクして、
それからクンクンしてみる。
この過程が楽しい。

しかし。
さて自分が使ってる香水を公表すると考えた瞬間に、
とんでもなく小っ恥ずかしいことに気づいた。
だって・・・イメージにギャップが・・・。

でもねー、
あんまり内容量が減らないうちに写真撮っとこうかなーと思って、
撮ったらやっぱりブログにしようかなー、って。
だって何年も経って読み直したときにその方が楽しいじゃん。

そんなわけで今日撮った写真。
このあいだ買った香水。

008-19.jpg

ブルガリの「モンジャスミンノワール オーエキスキーズ」。
75mlと50mlがあったけど、小ぶりな方が可愛いと思って50mlに。
フィレンツェの庭園の水と新緑をイメージして作られたのだそう。
甘くて爽やかな香りがします。春夏向き。

フィレンツェの光あふれる庭園ってところがまた
いいなあと思ったんだけど、
最後までどうよと思ったのはブランド。

ブルガリですよ?どこをどうしたって私から遠く離れた
一生縁の無い高級ラグジュアリーブランドですよ。
グラマラスで官能的なデザインは大人の色香をきわだたせる、
そういうヨーロピアンブランドでございますよ。
ブランド名、超似合わないんですけど。


まあ家でひとりで付けて楽しんでるんだから、
気に入った香りならなんでもいいよね?




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「身体のいいなり」 [本とかコミックとか]

「ブラックジャックによろしく」を読んでモヤモヤと、もっと書きたい気がするけどデリケートな問題だし、なにより私は当事者でもなければ医療従事者でもないから細かくここが事実と反してるとかきちんと証明できるわけではないし、などと思ったあとに、「こんな時はさっさと別の作品に行くにかぎる、次行こう、次!」と思ってこの本を手にとったわけだ。


身体のいいなり

身体のいいなり

  • 作者: 内澤 旬子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/12/17
  • メディア: 単行本


(買ったのは文庫版だけど表紙はこっちの方が好みだ)

なんでこの本を買ったかというと、きっかけはTwitterで著者の内澤旬子さんをフォローしたこと。なんでフォローしたかというと、ヤギが可愛くて。白いヤギさんを飼っていらして、とっても可愛いかったんですね。

何者であるかもろくに知らずに日々読んでいくと、裏山に出たイノシシを罠で駆除した、という書き込みに続き、こういうの苦手な人がいるだろうから道から見えないように目隠ししたよ、というのが続き、そして、「ここをこう料理したら大変に美味であった」(!)、っていうのが続いて、さらにマガモもさばいて料理していらして、そこでやっと過去の著書を調べたわけです。

そしたら、こういう人だった。

飼い喰い――三匹の豚とわたし

飼い喰い――三匹の豚とわたし

  • 作者: 内澤 旬子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/02/23
  • メディア: 単行本


こ、これは・・・・・・ぜったいヤギも食べるよね・・・・・・っていうか、豚は大きすぎて自力じゃ解体できないけどヤギの大きさなら、しかも餌代が豚より安上がり、っていう思考の流れが、こう、ありありと想像できるような・・・。

ちなみに育てて食べるというと、小学生に豚を飼育させて食べさせるという映画があったと思うけど、そっちは忌み嫌う程に大嫌いだけど、こちらは(がんばったなあ)と思う。まだ読んでないけど。
どこが違うかというと、向こうは義務教育という「義務」として通わなければいけない逃げられない状況で、言うことを聞かなければいけない相手からクラス全員で重荷を背負わされる(と私には思える)。責任感が強くて動物に優しい子ほど辛くて、さっさとサボる奴ほど楽できて、誰かに負担が集中するよね、ぜったい。
こっちは大人が自分の責任でルポライターとしての仕事をしているのだ。

話が逸れた。

そんなわけで、いつかくるかもしれないその日のために、「飼い食い 三匹の豚とわたし」は読まなくちゃいけないなーと思いつつ、いきなりは度胸が足りないので、まずはちょっと離れたところから、そして興味もあることから「身体のいいなり」から入ってみることにしたわけだ。

ざっくり言うと、幼少期からずっと体調不良を持ってたけど、初期の乳がんをして治療して、その後ヨガをやったら、人生史上最高に体調が良くなった、という本らしい。らしい、というのは、まだ読了してないから。
この方は「捨てる女」という本も書いていらっしゃって、ゴッソリ断捨離したら体調も良くなって運も向いてきたみたいな読み方をしたいんだけど本人はそんなつもりは全く無いようなのでそう受け取られると不本意でしょうね。
さっぱりしてスタスタ進んでいく文章がとても読みやすいです。

で、ふと気づくと、
この本は一種の闘病記と呼んでもだいたい合ってるような内容で、もしかして、直近に読んでモヤモヤしてたコミックスと限りなく場所的には近いような気が。
あれーおかしいなー。(笑)



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ: