So-net無料ブログ作成
検索選択

「みなさん、さようなら」 2003年カナダフランス合作 [面白かった映画・DVD]

やり手のディーラーが、母親から父親が末期癌だと聞かされて、父親の入院する病院にやってきた。入院先は父親の社会主義思想に基づき、設備の行き届かない公立病院であった。やり手ディーラーは母親から、「友人を呼んで楽しい病室にして」と頼まれ、その願いを叶えるべく、自分の豊富な資金力と手腕によってバリバリと環境を整えていく。

・・・といった映画。

アカデミー賞最優秀外国映画賞を受賞しています。
父親は好色じじいで、妻とは離婚はしてないけどあまりの女性関係に家を追い出され、息子とは価値観の違いから疎遠になっていた。だけど最期は妻と過去の女たちと友人たちに囲まれて、息子が全て至れり尽くせりに手配してくれて和解もできて、苦しまずに最高の終わりを、・・・・・という、まことに都合の良い夢のような展開は、賞を審査する映画界の偉いお爺さんたちの琴線に触れたんだと思います。
こういうキャラのお爺さん多そうですもん。知らんけど。

私は息子くんの辣腕っぷりに惚れました。
あんな息子が欲しい。


みなさん、さようなら [DVD]

みなさん、さようなら [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


いろんな歴史についての話も(じいさんは歴史の教授だった)、うんうん、とうなずくところもあり、全然知らない単語ありで、おもしろかったです。

途中から、父親の痛みを和らげるべく違法薬物であるコカインを入手して用いるようになるのですが、南米の古代インカ帝国で生け贄にされた少女には死への恐怖を和らげるためにコカの葉を与えられていたという史実があり、映画の中では父親に南アメリカ大陸におけるスペイン人による現地人の大量虐殺について語らせているので、脚本家や制作者側の考えみたいなものを感じました。

もしかしたらこの映画は、
安楽死や終末期に限った麻薬の使用などについての主張を込めた映画なのかもしれません。





nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「みなさん、さようなら」 (2012年 邦画) [面白かった映画・DVD]

同じ題名の映画があったので両方借りてみた。
これはその片方。

ーーーーーーー

小学校卒業後、団地の外にある中学校には通わないで、
団地から出ないで暮らす男の13才から30才までを描く。
ケーキ屋さんに勤めて、ちゃんと団地内で彼女もできる。
主演を濱田岳。
いくら童顔とはいえ小学校卒業後から17年間を
ひとりで演じるという荒技です。

コメディとか寓話的な話なのかなとか、
少しぐらいほのぼのしたところのある映画かと思ったら、
見終わった時の感触はどえらいシビアなものでした。
子供と一緒の視聴はまったくオススメできません。
見終わってから、監督と主役は「アヒルと鴨のコインロッカー」の
同じコンビだと知って、なるほど・・・、と納得しました。


みなさん、さようなら [DVD]

みなさん、さようなら [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



個人的な希望としては、性描写に時間を割くよりも
もっと団地インテリアが見たかったな。
だってせっかく団地をみっちり撮影するんだもん。

あと私の知ってる、商店街が成り立つ規模の団地には
どこも隣接して中学校があったので、
私の知っている時代よりも後なのかな。
そういえばあの団地は今どうなっているんだろう。
住人の層も随分変わってるんだろうか。




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

壁がうすい家 [昔話]

ずっと前に住んでいた家でのことだ。

当時私はとても体調が悪くて、娘を幼稚園バスに乗せて必要最小限以下の家事をしたあとは、ずっと伏せっているような生活をしていた。

その日も私はぐったり布団に横になり、時々うとうとしている状態だった。横になっているのはダイニング兼リビングの居間とつながった和室。リビングに足を向けて、頭は隣の家と分けている壁に向く。

となりの家は我が家と全く同じ間取りで、壁の向こうは隣人宅のダイニング兼リビングである。鉄筋コンクリート造りで築浅の集合住宅だったのだが、その家はとなりの家との間を仕切る壁がとても薄くて、どうかすると話の内容まで聞こえてしまう程だった。夜遅く隣人宅で飲み会を催されると、深夜まで音が筒抜けで何とかならないものかと思ったものだ。

うとうとしていたら、
隣からお経をあげる声が聞こえてきた。
低くてひびきのいい男の人の声だ。
となりのおじさん良い声してたもんなあ。
一回しか話したことないけど。
今日お休みなんだね。
そうか-、お経あげるとこんな声になるんだ。
この壁のうら側に仏壇がおいてあるんだな。
などと思いながら聞いていた。

これは観音経だろうか。
はっきりと言葉はききとれないけれど、
抑揚が南無阿弥陀仏ではないし
般若心経だけだと終わってしまう長さだし・・・。
あら、チーンって、ちゃんとお鈴もあるんだ。
ちゃんとそろえてるんだな。
初めて聞いたけど。

・・・・まだ続くんだ・・・。


あれ?
木魚の音がする。
・・・木魚だ。いいなあ。


ふとここでこれは夢じゃないのかと思った。
目が覚めて終わってしまうのは惜しいけど、
そっと目を開けて静かに寝返りをうってみた。

音は続いている。
押し入れのふすまをながめながら聞いていると、
こころなしか音が大きく鮮明になってきた気がする。
真後ろの壁の裏側ではなく、少しそちらがわに寄せてあるんだろうか。
いったいどんなレイアウトなのか。

・・・木魚いい音するなぁ。

・・・仏壇ないけど欲しいな木魚。

・・・楽器やさんじゃなくて仏具やさんかな。

・・・木魚あるなんてすごいな。

ぼーっと聞いていたらお線香の香りがしてきた。
最初はごく弱く、だんだんくっきりと。
これは・・・白檀か沈香か。
あんまり煙っぽくない・・・。
いい香り・・・



ちょっと待て。



いくら壁が薄いと言ったって、ベニヤ板じゃないんだよ?鉄筋でコンクリートだよ? (うすいけど)



匂いまで来るわけないじゃん!!




ガバッと身を起こして後ろを振り向いた。
壁にひび割れなど無い。
窓もぴったり閉まってる。

音も匂いも、その瞬間に消え去った。






nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015年8月 玄関 [インテリア・整理・収納]

今度の家の玄関はふつうに開放的に見えるけど、
使ってみると意外に余裕が少ない造りだ。

玄関のドアを入ってすぐ左が壁、
右側に靴入れがギリギリで入った。
(引越のときにはなかなか入らず冷や汗が出た)

これまでの家では、大きさの違いはあるにせよ、
作り付けの靴入れがあることが多かったので、
まったく無いのは珍しい。
この靴入れひとつでまかなう。

086-18.jpg

持って入った郵便物や小さい宅配など、玄関でちょい置きしたい物は多い。
今回は他に場所がまったく取れないので、靴入れの上は飾らないで空けてある。
この赤べこ君は飾りではない。
魔除けと、紙類が飛ばないように押さえるお仕事をしてもらっている。

ちなみに宅配を受け取るときのシャチハタと自転車の鍵は
靴入れの扉の内側が定位置。
シャチハタのケースを両面テープで貼り付けてその中にin、
自転車の鍵は両面テープで貼り付けるタイプのフックをつけて
そこに掛けてある。引越でも外す必要なし。





081-19.jpg

まわったところに物入れがある。
雨靴やブーツはここにしまっている。
ブーツは春夏は箱に入れて別室へと思っていたけど
特に支障がないのでそのままになっている。
居室に続く通路であり、物入れへの動線にあたるので、
このあたりには何も置いてはいけない。

コンパクトな造りではあるが、
クイックルワイパーをかけやすい床なので、
生活するのは快適である。






「服を買うなら捨てなさい」 [服とその周辺]

服については、いちおう一段落はついたんだけど、
今度はこんな本を買って読んでみた。

服を買うなら、捨てなさい

服を買うなら、捨てなさい

  • 作者: 地曳 いく子
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/02/23
  • メディア: 単行本


また本を買うのかい・・・(笑)
自分でもそう思うけど。
ファッション関係の先達からの、個々のアイテムについての例ではなく、根本的な考え方や選び方についての教えは私はこういう形でないと学べないし、これまで学ぶ機会も無かったので、多少は必要かなと。ティムガン先生の本はとてもためになったのよ。



で、読了したわけですが、
この本からの一番の収穫は、「バリエーションの罠に落ちるな」という話。
なんだかワードロープが似たような色、似たような形ばかりになってしまう、つい似たようなものばかり買ってしまう、という人に対して、「それは自分のスタイルが確立してるということよ!自信を持って!」とおっしゃるのです。

確かにそうだ!!

目から鱗でした。

地曳いくこ先生はさらに、若いうちは冒険もして色々試してみるといいけど、大人になったら得意な格好をすればいい、わざわざ苦手なアイテムを試すことはない、とおっしゃる。そしてその口調(筆致)が、まあ説得力があるのなんの。そうだよね、もういろいろ試してきて、ある程度は分かってるところがあるものね。

高かったから、生地が傷むから、と取っておいても、似合わなくなる速度の方が早いというのはもうまったくそのとおりだと共感しました。このあいだ実感したばかりです。

あと、そもそも私は服を買ってないらしい、ということが分かった。
この本の題名は、そもそも、「服を買うなら、捨てなさい」だった。
つい帯に書かれている、『少ない服で「あの人素敵!」と思わせる極意』という言葉に目を奪われていたけれど、そもそもの意図としては、題名通り、新しく服を買ったらもう着ない服は捨ててどんどん更新していきなさい、ということだ。
とにかく服を買いに行く頻度が低すぎる。
5年10年着てる服がいっぱいあるし、3年くらい前に買った服は「最近買った」と認識してましたよ・・・。
オシャレになりたいと思ったら、もっと頻繁に服屋さんに行って、「今」着る服を買わねば。(来年着ようとか涼しくなったら着ようとか痩せたら着ようとかは、やっちゃ駄目)


そんなわけで、もっと服屋さんに行くべきだと思ったけど、ワンパターンでいいのよ、という教えも頂いたので、出費が増えるのか、はたまた結果的には減ることになるのか。

どっちだろうな~(笑)





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感