So-net無料ブログ作成
検索選択

ついにKindle Paperwhite [買っちゃいました]

電子書籍なんて、と少し前まで思っていたのに。
散々悩みまくってついに導入しました。
AmazonのKindle Paperwhite 。

決め手になったのは、
既にスマホ(というかファブレット)に、
Kindleアプリが入っていて、
既にKindle本を持っていたことと、
ライフスタイル的に(転勤族です)、
荷物を減らすこと・増やさないことに
多少の投資は必要経費だと思ったこと、です。


Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス



で、
買って実際に使ってみた感想としては以下の通り。


<目が疲れにくいというのは本当だった>

ほんとに紙みたいだよ!
明かりの反射の感じがスマホとは全然違う。

ライトが付いてるから暗いところでも読める、とか、
明るいところではライトを強くしてなんて書いてあるけど、
ライトの調整でずーっと下げていって
全部切っても全然平気だった。
なぜならそれはペーパーホワイトじゃない方のKindleと
同じ状態になるだけだから、周囲が明るければ
ふつうに読めるのだ。紙とほぼ同じ感覚。
電気がもったいないからそのまま切りっぱなしにしてある。
夜、明かりを消したあとで読んだりしない。寝る。
(このあたりは後述)


<読みやすい好みのレイアウトに>

フォントの大きさと、列の数と、
一行当たりの文字数が選べる。

説明に書いてあったから知ってはいたけど、
実際やってみるとこれがすごい効果だった。

みっしり字が詰まってると、最近目がすべるんだよね(笑)
かといってスカスカだと、これまた読みにくい。
自分にとって調度良いのが選べるのはうれしい。
スマホのKindleアプリではこうはいかない。
上の方でリンクを貼った画像のKindle画面より
上下の空間をグッと空けた状態に指定して、
おまけにゴシック体にして読んでます。


<カバーについて>

長所 : 壊しにくい気がする
      フタを開け閉めするとon-offできる。

短所 : 重い。

これは予想以上に重かった。
軽そうなやつを選んだつもりだったけど、
保護フィルムを貼り、
ケースにいれると320gになった。
ちなみに本体は204g。
皮のだといったい何gになるんだろう。

しかし、
開けると自動的に読める状態になる、
というのはすばらしく使い勝手が良いのだ。
じゃあ外出するときだけ外す?
外出するときにこそ衝撃から守るために必要じゃんか。
・・・うーむ。

ちなみにこんなやつ。
009-18.jpg


<専念できる>

これねえ、他の人が言ってる(書いてる)の見て、
そんなの意思の問題じゃんか、くらいに思ってたのよ。

・・・本当だったよ。

スマホだとついつい気が散るけどそれがない。
どうかすると紙の本より読みやすい
(字の大きさ・一行の字の数が選べる)から、
集中しやすいらしい。


<夜、布団のところには持って行かない>

どういうことかというと、
スマホだと電池が減るから自動的に
「今日はここまで」ってなったりするのですが、
電池が減らないからタイムリミットがない。
紙の本ならページの厚みで、
これだけ読んだんだから今日はもう寝よう、
というのが体感的にあるけれども、
それもない。
おまけに目が疲れにくい。

きのう着いて、きのうから使い始めたんだけどね。
一晩目で懲りました。
夜、これ読みながら夜更かししちゃダメだ!
ぜったいヤバイ。翌日にひびく。


ーーーーーーーーーー


そんなわけで、
まっとうな本を読むのが増えそうです。
置き場も処分も考えなくて良くて、
読んだら読みっぱなしにしておけるというのは
すごくいい。

011-18.jpg








「シンデレラ」実写版翌日 [だいすきな映画・DVD]

きのうの「シンデレラ」をまた見る。
カボチャの馬車が金の凝った細工になってて、
キラキラしてて、夜空に花火が上がって、
お城に向かって馬車の走るなんともいえない高揚感がイイ!

何度目かになると、
あの馬車の材質が全部金だったら重量が大変なことに、
とか、あのガラスの靴は歩けないよなーとか
(でも大丈夫!だって魔法がかかってるんだもの)
余計な細部を想像したりして。

ーーーー

せっかくのケイトブランシェット様なので、
もっと美しく撮って欲しかった気がしなくもない。
けど、自分の娘だけが可愛い愚かな母親を
よく現していて大人の鑑賞に堪えるリアリティが
あったと思う。
死別したおうちに後妻さんに入ったけど、
新しい夫とその娘との結びつきが強くて
自分が入り込む隙は無い。
美しい娘は先妻によく似ているといい、
自分の娘2人よりもずっと出来が良い。
彼女の孤独もまた、たいへんなものだったろう。

母親の愛情というものはよく尊い美しいものとして
扱われていわば神格化されているけれども、
母の愛ほどエゴに満ちたものもない。
舞踏会にシンデレラなんて連れて行ったら
自分の娘が選ばれる確率が確実に下がる。
どうしたって連れて行くわけにはいかないのだ。

二人の姉も、どう描くかは難しいさじ加減だと思うけど、
悪気があるわけじゃなくて、とにかく、おバカなんだな、
というところがとても良かった。
もっと理性的で聡明な母親だったら、
きっと姉妹3人はもっと仲良くやっていけただろう。
ある意味素直で陽気なあのお姉さんたちにも
幸せになってもらいたいものである。

家臣や国内にアフリカ系とおぼしき人たちがいて
どんだけ領土が広いんだ(ローマ帝国並みじゃないと
そうはいかないはず)と思わなくもないけど、
ディズニー映画特有の現象なのでそれはまあいいかな。
海賊船に女性の乗組員がいるよりは理由が作れる。

あと、曲が、エンドロールの2曲目でかかる
「A Dream Is A Wish Your Heart Makes」
(夢はひそかに)
の英語版がとてもいいと思う。
ヒロインの女優さんが歌っているらしいんだけど
やたら気に入って何周もしてしまった。
サントラが欲しい。



nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「シンデレラ」(実写版) [だいすきな映画・DVD]

誰もが知ってるシンデレラの物語。
そのディズニーによる実写版です。

どんなふうになるのかと思っていたら、
期待以上のステキな映画になっていました[黒ハート]
なんといってもヒロインのシンデレラ自身が可愛い。
可愛くてキュートで品もあって、とっても魅力的。
そして、一番気に入ったのが、
舞踏会で一目惚れじゃなくなっていたこと。
大幅な改編だと思うのだけど、
私はこっちの方がストーリーは断然好きだな~。

シンデレラは悲しいことがあって馬に乗って森に行き、
そこで狩りをしに来ていた王子様と出会うのです。
お互いに素性を明かさぬままに別れたので、
王子様はまた会うために、舞踏会に国中の娘を呼ぶのです。
「国民の戦争の悲しみを癒やしたい」、と理由をつけて。

アニメ版の王子様はただの面食いでしたが、
こっちの王子様は、なかなかの策士でっせー。


シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray



あと、意地悪な「継母」が、
どうしてあんなに意地悪をするのか、
どうしてシンデレラを憎むのか、
ちゃんとそうなった描写があるのがすごくいい。
そしてこの意地悪な継母がケイトブランシェット様でございますよ!
愚かな母親役を好演していらっしゃいます。

そしてメイキングでコメントをしてるのを見て初めて気づいた。
おバカな姉たちのひとりは、
なんとダウントンアビーのデイジー役の女優さんでした。

ひさしぶりに王道の恋愛モノ映画を見た気分です。
魔法のシーンもステキだし、
12時の鐘が鳴って、急いで帰るシーンでは、
急げーーっ! ってハラハラします。
ストーリーはバッチリ知ってるのにね。




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「6才のボクが大人になるまで」 [面白かった映画・DVD]

イーサン・ホークでしょ?
メイキングでいろいろ言ってるけど、何をしらじらしい。

この人は「恋人までのディスタンス」という映画を撮ってから
全く同じ配役・監督で8年後にその続きである
「ビフォア・サンセット」という映画を撮影してるんですね。
実際の時間と同じ、8年後という設定で。

俳優さんたちが同じように実際に年を取る。
演技ではなくて。
これがすごく効果的ですごく面白かった。
もうぜったい3匹目のドジョウだと思う。
いや失礼、進化形と呼ぼう。

今度は子供で、一本の映画の中でやった。
6才の少年が大人になるまで。
主人公は6才の少年、そしてその家族。
姉がいて、母親がいて、父親がいて。
12年におよぶ撮影期間をかけて、
家族関係が変わっていく様と、時の流れを撮してみせた。


6才のボクが、大人になるまで。 [DVD]

6才のボクが、大人になるまで。 [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



すごく自然なので、前半1時間くらいは、
(これなら一般家庭のホームムービーで良くね?)
と思ったけど、見終わる頃には、
(意図的に撮影しないとこうはいかないよね)
と思いました。

もっとも、脚本を作ってちゃんと演技して、というなら
日本には「北の国から」という金字塔があるので、
それには・・・いや比べちゃいけませんね。
撮り方も作り方も全然違うのだし。


それにしてもアメリカではステップファミリーが珍しくない、
とは聞くけれども、6才から18才までに、
ここまで大きな家庭環境の変化を経験しなくちゃいけないなんて、
本当に大変だなあと思いました。

母親が2人目の父親と結婚して裕福な生活になり
兄弟も増えてとても楽しくなったと思ったのに、
父親がアル中DV親父になっちゃって姉と2人で
着の身着のままの身一つで脱出して転校するくだり。
あの残された兄弟たちはどうなるんだろう。
母親も突然いなくなっちゃって、あの父親と残されるなんて。

3人目の父親もなあ・・・。
2人目も3人目も最初はいい人なのに
なんでああなっちゃうのかね。
っていうか、この監督は本当は
サイコサスペンスとか撮るのが上手なんじゃなかろうか。
全員携帯を出せ、のシーンとか超こわい。

自転車に乗った女の子と話をしながらずっと歩いていく長回しとか、
ライブハウスの2階で1人目の実の父親と話をしていて、
「この会話の要点は何?」って聞いたあたりの会話とか、
セリフがかっちり決まってるわけじゃなくて、
おおまかな流れと趣旨が指定された上で役者さんが
自然に会話していくのを撮ってるんですよね。
作風は変わらず。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」 [だいすきな映画・DVD]

ドキュメンタリー作品。

現代アートの一大コレクションを築いた夫婦の映画。
夫のハーブさんは郵便局員だった。
奥さんのドロシーさんは図書館職員だった。
二人はもともと美術が好きな夫婦で、
結婚当初は制作もしてたんだけど、
他のアーティストの作品を壁にかけるうちに
だんだんと若手アーティストの作品を集めるようになり、
30年経った頃には膨大な数に。

2人がアートを購入する際に決めていたのは、
手頃な値段でアパートに収まる大きさであること。

目利きの2人が作品を入手したアーティストたちは
やがて有名作家に育っていき、
そのコレクションは素晴らしい価値を持つように。

ハーブ&ドロシー [DVD]

ハーブ&ドロシー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



今の私にはインパクト満点で、
ものすごく面白かったです。
これから何度も見返すと思います。
出てくるのは前衛作品ばっかり。
私、ぜんっぜん分かんないんですよね。ああいうの。
きれいだな、欲しいな、と思うモノもあるけど、
ロープを数センチに切って細い釘で壁に打ち付けたアート、
とか、針金で作られてて壁に掛けてるうちに重力で
形が変わっちゃうのよ、とか、全然価値が分からない。
見る目がないんでしょうね。

でね、画面も美しくて、ドロシーさんは綺麗で、
画廊で絵が飾られてるところも大抵美しいんだけど、
二人の自宅の居室がまあこれが、
積み上げられたコレクションで部屋の中がいっぱいで、
まさにモノの山の隙間で暮らしてるかんじ。
そこにさらに亀と魚の水槽があって、猫が歩いてる。
壁にはいっぱいにアート作品。

ドロシーさんがオシャレでね、
とっても素敵なのよ。
でもあんなに美に対して熱心なのに、
あの食卓周りのゴチャゴチャは気にならないらしい。
そして猫が可愛い。

ナショナルギャラリーのキュレーターさん、グッジョブ。
あのままじゃ虫とかカビとか火事とか心配です。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画