So-net無料ブログ作成

千切りブーム [食べもの]

ここ数日、千切りと作り置き系のおかずがマイブームである。キュウリを千切りにしてクラゲと合わせたり鶏胸肉と練りゴマで和えたり、切り干し大根の煮物(ニンジンが千切り)、切り昆布の煮物(同じくニンジン)、大根とあげの味噌汁、……あとなんかあったっけ?

たぶんそんなに長続きしないだろうから、いまのうちに写真を撮ってブログに残しておきたいんだけど、パソコンの調子が悪すぎてとてもやれそうにない。残念だ。

パソコン買わねば。

ちなみにこれはスマホでスリック入力である。
けっこう慣れるものなのね。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「ANNIE/アニー 」 [その他映画・DVD]

ミュージカル作品として名前を知っていたのと、ジェイミー・フォックスが出てるのとで借りてみた。

ーーーーーー

アニーは10才の女の子。他の里子たちと一緒に里親の女性の元で暮らしているんだけど、この里親の女性ってのがわりといい加減な人で、スターになりそこねた過去にばかり執着して酒浸りで家の中は乱雑、役所の視察が入る時だけ里子たちに掃除させる。

携帯電話会社の大金持ちの社長(ジェイミー・フォックス)は市長選に出るために好感度のアップが必要だった。たまたま路上で車にひかれかけたアニーを助けて、たまたまその様子がネットにアップされて好感度が上がり、さらなる好感度アップのためにアニーを自宅に住まわせることに。お互いに計算の元で暮らし始めた二人だが、共に過ごすうちに次第に絆がそだちはじめる・・・・・・・、だいたいそんな感じの話。


ANNIE/アニー [SPE BEST] [DVD]

ANNIE/アニー [SPE BEST] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



アニーを家に置く大富豪は携帯電話の会社社長で大富豪ということなんだけど、これ、たしかすごく前から上演されてる演目だから元々は携帯電話の会社じゃないよね?そんでもっともっとおじさん~おじいさんくらいの偏屈な大富豪で、お屋敷にはメイドさんたちがいるんじゃないのかなー。だってこんな若くて格好いい独身男性がたった一人きりで暮らす高層マンション(最上階フロア)に、10才の女の子を一人きりで送り込むってなんかまずくないですか。

曲は素晴らしいしアニー役の女の子は可愛いし、ジェイミー・フォックスは魅力的だし、他の俳優さんたちもとってもイイカンジなんだけど、どうも細部が私とは趣味が合わないかんじでした。大富豪のおうちはでっかい液晶パネルがいっぱい貼られていて、そこにいろんな画像が出たりするんだけど(魚だったり流れ星だったり)、あれじゃ落ち着かないよー。趣味じゃないわー。冷蔵庫にせっかく高級食材がうなってるのに無駄にしちゃってもったいないし。笑えない。

ーーーー

この映画はちっともそんな話じゃないのに、この映画を見て一番思ったのは、日本の小学校って素晴らしいんじゃないかということ。
この映画の最初の方で里子たちが掃除をさせられているシーンがあるんだけど、日本の一般的な小学校に通った人たちは、みんなで掃除したり、給食の時間に給食当番があったりということを経験しているじゃない?自分たちの部屋を自分たちで掃除するのは当然だろうと思ったのは私だけじゃないはず。それに掃除の仕方が・・・。いくらミュージカルだからといってももう少しやりようがありそうなもの。社長が炊き出しの手伝いをするシーンにしても、生理的な不快感が先にたつ。
(でも最後まで楽しめちゃう。アニーは可愛いし、あの犬が!犬が可愛いのよ!)


いっそ、もっと時代劇にしちゃえば良かったのになー。
この作品は前にも映画になってるみたいだから、そっちも見てみたい。もしかしたら前のバージョンは、もっと古風な道具立てになってるのかもしれないから。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「劔岳 点の記」 [だいすきな映画・DVD]

明治時代に、日本地図を完成させるために、
前人未踏の地であった剱岳に登った測量士チームの話。

とんでもない手間と時間をかけて現地ロケにこだわったらしいのですが、
当時の衣服や重そうな装備品や機器のレプリカを
いったいどのようにして持ち込んだのか、
この映像はいったいどこからどうやって??
だってカメラを置く場所がないよ???
などなど謎が謎を呼ぶ画面のオンパレードでした。

装備品の一覧表とかあったら見たいです。

若干疑問なのはたぶん原作小説がそうなってるんでしょうけど、
あの時代の帝国陸軍がやろうとしてることなのに、
営林署だの村だのが嫌な顔をおおっぴらにできるんでしょうかね。
もちょっと陰湿なかんじでヒソヒソしそう。どうでもいっか。

山岳会が登るルートを探して測量士さんたちは測量するとか
協力しあえばいいのにね。なんて思いながら見てました。
山岳会の皆さんがとってもオシャレ。
ヨーロッパからの舶来品で装備を固めて、
いったいどのような御身分の方々だったんでしょう。

測量チームの、測量に使う機材とか、
測量の目印を造るための木材とか、
地面に埋め込む石柱(!)とか、
登るだけでも大変なのにあれ背負って登山とか
もうホントにありえないです。

劔岳 点の記 [Blu-ray]

劔岳 点の記 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


私、プロジェクトX大好きだったんです。
この映画も大好きです。

それにしてもねえ。
偉い人というのは大勢いるんだよね。
たとえ一般に名は残っていなくても。

だいぶ前に、山の中に建つ大きな送電設備の塔が
連なって建つのを見た時にも
(これを建てた人、保守管理をしてる人がいるんだな)
と思ったことがあって、その送電設備のことを思い出しました。


ところでこの映画にはメイキングのDVDがあるのだそうで、

劔岳 撮影の記 標高3000メートル、激闘の873日 [DVD]

劔岳 撮影の記 標高3000メートル、激闘の873日 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


すごくすごく見たい。
むむう。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ムーミン谷の彗星」 [その他映画・DVD]

あまりにもムーミンについてうろ覚えすぎるのと、
とても絵が可愛いという評判で借りてみた。

たしかに。
水彩っぽいかんじの絵がすごくきれい。
絵本みたいです。


怖い災いについて、
むやみやたらと不安を煽るのではなく、
だからといって脅かすような変なことは一切言うなというのでもなく、
きちんと科学的な事実について知ろうとするのが良いのですよね。

ちゃんとした本を読むことと広く情報を集めることが大事だなと、
このお話の格好いいスナフキンを見て思いました。


おしまい。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「砂の女」 [本とかコミックとか]

安部公房の「砂の女」。
すごく有名な小説ですけど未読でした。

ちょうど、ものすごく風の強い日に読んだんです。
風のビュービュー吹く音を聞きながら読んだらもう怖いのなんのって。

ずっと昔この小説の紹介で、
妖艶な女が蟻地獄の底にひそんで男を捕らえる幻想的な話、
というのをどこかで読んだ気がするのですが、
そういう話かと思って読み進めたら、
思ってたのと全然違った。
映画が作られてるらしいので、映画版の評だったのかも。

ーーーーーーーーーーーー


都会からやってきた主人公の男が囚われる。
土地の老人に騙されて、脱出不可能な家で
逃げられない状況になるのです。

苛烈な自然環境での貧しい暮らしと、
田舎の小さな町での閉ざされた慣習と、
苦しい生活に耐えるしかない素朴で哀れな女と、
腐りそうな倒壊しそうな木造の家。

男は何とか逃げようと策をめぐらす。
はたして男はそこから逃げることができるのか。


砂の女 (新潮文庫)

砂の女 (新潮文庫)

  • 作者: 安部 公房
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫



日々積もる砂をスコップで毎日掘らないといけないとか、
砂が吹き荒れて前がよく見えないような描写には
札幌(前の前の前の家)での雪を思い出しました。
その日を生きていくのが精一杯で、
そこから逃げ出すためのお金もエネルギーも無い、
という「女」の状況には説得力がありました。

で。
主人公の男が逃げ出せるのかどうかが問題なんだけど、
なぜ主人公は自信満々に助けてもらえると思ってるのかなと
途中でハラハラしてしまいました。
だって最初から失踪させるつもりなんですよ。
一生砂を掘らせる奴隷にするんだから、
死んでしまえばそのまま砂に埋めてしまえばいいじゃないですか。
女の死んだ夫と子供は埋まったままなんでしょう?

インテリ面して無駄なあがきを続ける男と、
その間も黙々と生きていくための労働を続ける女。
こういう場所では腕力と体力と地縁が大事ですよね。

ーーーーーーー

この小説を学生時代に読まなくて良かった。
若いときに読んでいたら、
労働に対する認識が悪い方に変わったかもしれない。


定年後は温暖で暮らしやすく、
そこそこ都会な場所に住みたいな。



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ: