So-net無料ブログ作成

「彼女は嘘を愛しすぎてる」 [面白かった映画・DVD]

予約リストの上位の方には無かったはず、
いやそもそも予約リストに入れてたっけ?
なんで送られてきたんだろう・・・と思いながらも見た。

見始めたら、
ああそうか、佐藤健が出てる音楽モノってことでリストに入れたんだっけ、
と思い出した。

少女漫画原作の音楽モノ。
佐藤健が超人気バンドの曲を書いている陰のメンバーで、
偶然出会った女の子とつきあいはじめるんだけど、
その子は実はアマチュアバンドのボーカルをしてて
ものすごくイイ声してるとかいう設定の映画。

「NANA」とか「BECK」とか、
漫画原作の音楽モノ映画とかぶるところがあるのは、
これはソレ特有のお約束みたいなものなのでしょう。


カノジョは嘘を愛しすぎてる DVDスペシャル・エディション[本編DVD1枚+特典DVD2枚]

カノジョは嘘を愛しすぎてる DVDスペシャル・エディション[本編DVD1枚+特典DVD2枚]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



で、ヒロイン役の大原櫻子ちゃんが、
可愛らしくて、歌に素晴らしく勢いがあって良い。

っていうかこの子を売り出すためにこの映画を作ったのかな?
もしもそうなら、音楽モノの映画はその順番が正しいと思うの。
コレは!!っていう歌が先にあって、
たとえプロモーション映画だと言われようとも、
音を最優先してそれからビジュアルとストーリー、
くらいの重要度だと思うのよ。絶対に。

なのでこの映画にとって、
大原櫻子ちゃんと出会えたことは最高にラッキー。
この子がいなければ成立しない映画でしょう。
「BECK」も待てば良かったのに。



(と、ここでちょっと画像をググってみたら、黒髪肩上ボブにしてた。
そっちの方が似合うよね。)

大原櫻子ちゃんの歌は素晴らしい安定感だし、
佐藤健はかっこいいし、
隅田川の水辺の景色はイイカンジだし、
ちょっとくらい少女漫画特有の無理な台詞があっても
楽しんで見られる映画でした。

あと、これは佐藤健と大原櫻子ちゃんの映画だけど、
私がこの映画で一番印象に残ったのは、
ベースのシンヤ役の窪田正孝かな。
そんで三浦翔平はホントに歌ってるの?吹き替え?
って思ったら本人が歌ってるっぽい。マジか。




ペンケース [作ってみました]

ずうーーーっと作りかけで止まっていた手芸キットをやっと完成。
フェリシモのこぎん刺しペンケース。

刺繍部分を刺すだけ刺してそのままになっていたのを、
重い腰を上げてやっと仕立てました。

IMG_5304-19.jpg

実は初ファスナーなのです。
やっとファスナーの付け方が分かりました。
でもまだ苦手です。

あと、これも裏布つき。
裏布と呼ぶのか内袋と呼ぶのか。
内側の布を袋状に縫って手で縫い合わせます。

IMG_5308-19.jpg

裏布のついた袋物ってなんか好きで、
練習してみたいと思ってました。

お茶のお道具を入れる袋ってすごくステキで、
特にお棗を入れる袋にうっとりしてしまうのだけど、
必ず裏地がついてるのね。
その表地との取り合わせがまた良いかんじなんだけど、
とても自分には作れそうにない。
でもこれくらいなら・・・


ーーーーーーーーー


   ・・・と今書いたけれども書きながら、
    (本当に作れない?)
    とふと思った。

やってみればそれなりにできるかも?

ふむ。考えてみましょうか。


でもまずは、まだ溜まってる手芸キット(まだある)を
やっつけてからですね。
道は遠い。



ちなみにこのペンケースにはクッション性が少しあるので、
デジタルモノの付属品を入れる予定。