So-net無料ブログ作成

「ベスト・キッド」(1984年版) [面白かった映画・DVD]

以前、ジャッキーチェンの出演している「ベスト・キッド」を見たんだけど、
それはリメイクバージョンで、元の有名作品があると聞いて、
リストに入れておいた作品。
(以前見たのはこちら

あらすじだけ抜き出すと、そのまんまみたいだけど、
見ると全然違うんですよ。雰囲気から何から。
こっちはとってもアメリカンで、アメリカのテレビドラマみたい。
主人公たちが高校生だから、男子高校生たちの人間関係とか、
未練のある元カノに新しい男ができてむかつくみたいなところが
たいへん自然で納得がいくかんじ。

ハロウィンの仮装パーティとかね。
敵役の行動に「あ~、そりゃ怒るでしょ」ってかんじ。

で、主人公の師匠となる「ミヤギ」氏もこれまた、
いいかんじの人物造形なのですよ。
水道の修理をしたりする近所の東洋人のおじさんで、
小さい木の鉢植えの手入れをしている風変わりな人、
・・・だと思っていたら、なんとカラテの達人だった、という人。
私はミヤギ氏に一番共感してこの映画を見ました。
そして、こんなにアメリカンな画面の中で、
沖縄の場所を説明していて「おお~、」って思いました。

テレビ東京で「youは何しに日本へ?」っていう番組の中で、
アメリカで空手を習ってる人たちが沖縄に聖地巡礼に来てたのを
見たことがあるけど、それって、源流はコレなんですかね?

敵役たちの通う道場の「先生」が、悪いのよ。
弟子たちは本当は悪くない、ってあたりもよかった。
で、その「先生」は元軍人なのね。
勝て、とどめを刺せ、負けると死ぬんだ、って教えてて、
それはそれで競技ではない戦闘であれば正しいんだろうから、
ある意味納得がいくというか。
それもまた彼の人生から導き出された人生哲学なのでしょう。
スポーツでやっちゃいけないけどね。


ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD]

ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



これ、今知ったんだけど、続編がたくさん出てるのですね。
見てみたい気もするけど、ミヤギ氏のキャラが変わってたらやだな。

あと関係ないけど、演歌というのはJapanese bluesだと説明してて、
そうなの?そうかも、そうだな、と思った。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「晩春」デジタル修復版 [その他映画・DVD]

かの有名な小津安二郎監督の作品。

いっぺん見てみなくちゃな、と思って初めて視聴。
しかしながら、小津作品についてこれまでに見聞きした評価・・・
たとえば「小津作品における日本の美」だとか、「監督こだわりの美意識」とか、
「原節子の伝説的な美しさ」などなどの言葉に足をとられて、
些末なところが気になってしまって、
なかなか入り込めませんでした。

違和感を感じたところには、なにか意味が込められてるのでしょうか。
仏像のオブジェ的な飾り方とか、お酒のつぎ方とか。
紅茶のつぎ方については「そういう雑な人」というキャラ付けなんだろうけど。

知らない単語や聞き慣れない言い回しということもあり、
セリフがよくわからないところが、たびたびあって、字幕が欲しいです。

原節子については、造りそのものに非の打ち所がない美人というより、
演技派の女優さんなんだな(もちろん華やかな美人なんだけど)、と
思いました。

あとこれって、
最後の数分間のためにそこまでがある、
というタイプの映画じゃないですかね。


晩春 デジタル修復版 [Blu-ray]

晩春 デジタル修復版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray



ストーリーについては・・・
あんまり考えたことなかったけど、
年頃の娘がいるところに後妻さんに入るのって大変なのかなー、
と思いました。

この映画のヒロインは父親と住んで、
経済的な心配は全くなくて、働いてなくて
女中さんが来てくれてるから家事労働もそんなになくて、
好きな人もとりたてていないんなら、
そりゃお嫁に行く気になんてならないよね。

いっそ、
この脚本を下敷きにして、
別の監督が現代にリメイクしたのを見てみたい気がします。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

(入力テスト) [パソコン関係]

こんどはなんとかなったりしないかな。
最初の数行は大丈夫なんだよね。

っていうかほんとにこのキーボードの打ちやすさで
ブログの更新の頻度ってぜったい変わってくるよね。
ブログをこまめに更新しようと思ったら
お気に入りの入力手段がとっても大事。

このごろは、
スマホでフリック入力とか、
さらには音声入力とかいうけど、
どっちもやってみたけど、
やっぱり私はローマ字入力が一番やりやすい。
時間はかかってるのかもしれないけど。

さあ、こんどはどうだ。

なんか大丈夫そうじゃない?

いや前回も上の方は大丈夫だった。

下の方にいったらガタガタいいはじめたのだ。

どうだ?

覚えてくれた?

これがブログの入力画面だよ?

なんか大丈夫そうな気がする・・・。

そうだとしたらとてもとても嬉しい・・・。

こっちばっかり使っちゃうかもしれない・・・。



リカバリーディスク使ってみた [パソコン関係]

動作が重くなって、排気が異常に熱くなって、
文字も打ち込めないくらいになってきて。

相当使い込んだし、ノートパソコンの標準的な使用期限(?)的なものはとっくに超えていたので、物理的に何かもう摩耗してたり素材が劣化してるのかと思って、もうこれは廃棄するしかないかなと。

データを消す処理をしなくちゃいかないな、ということになったのです。

それで手順書を読んだら、リカバリーディスクで出荷時の状態に戻す、と書いてあったわけです。

動作が重くなったら最後の手段としてやってみる方法だという知識はあったけど、自分で焼いたリカバリーディスクで、こんな状態になってから使うのは初めて(だと思うたぶん)。いや待て、昔はブートディスクって呼んでたような気がする。あれは別物?よくわからない。ちゃんと最後までできるんだろうか。

いずれにせよ廃棄する予定なのだし、もうデータは新しいパソコンに引き継いであるのだし、選択肢は無い。やるしかない。


ーーーーーーー


というわけで、
リカバリーディスク使ってみました。

不安でいっぱいです。

あんなに動作が重くてフリーズしちゃってたのに、
こんな4枚も読み込ませるようなことできるんだろうか、と。


しかしながら、
不安をよそに、いともあっさりと順調に読み込んでいき、
あっさりとリカバリーディスク終了。

そして、もしかしたら生き返るかも、という期待で、
ウイルス対策ソフトを入れ、ネットにつないで、
今これを打ってみているところです。


ーーーーーーーーー


このパソコンのキーボードが一番打ちやすい。

で、生き返ってそこそこ動くようにはなったんだけど、
いろいろと不具合があるみたいで。

なぜかキーをひとつ打つごとに
一行ずつ下に字が降りていってしまって、
まっとうに表示されない・・・どうしたことだろう。
ブログ専用機にしようと思ったのにな。

私に直せるだろうか・・・。
なんでこんなことになっちゃうんだろう?



モテ香水、とな。 [服とその周辺]

このところ、冬用の香水が欲しいなーと思っているところ。

でも頻繁にはお店に嗅ぎにいけないので、
ネットで瓶の写真やレビューを読んだりして楽しんでます。



で、ちょっと面白いなと思ったのが、
「モテ香水」という切り口があるらしいんですね。
ジャンル分けというか売り文句というか。
香水をつけて色気を増す、とか、
男の子にモテる香水があるとか。

うーん。

一般的に好感度の高い香水というのはあっても、
香水というのは体質や気候やシチュエーションによってそれぞれ香り方が違うものだから、
コレなら間違いない、というのは相当むずかしいのでは。

Aさんが付けて良い匂いでも、
Bさんが付けて同じ匂いになるとは限らない。
体温も肌の乾燥具合も違うんだから。
使ってるシャンプーとの相性もあるし、
香りの好みってけっこう個人差が大きいものだし。


たとえば意中の彼がシトラスマリン系のシャンプーと制汗剤を使っていたとしたら、
とても女性らしい甘くパウダリーなフローラルが漂ってきても、
良い匂いだとは感じないんじゃなかろうか。


あと、
オフィスに付けていってもOKな香水、っていうのも
あんまり真に受けない方がいいと思うけど、
どうなんでしょ。
(明らかにNGなものはあると思うけど)


私は香りのもの大好きだから、
街ですれちがった人から香水の香りがするのも、
エレベーターで乗り合わせたりするのも大好きだけど、
敏感な人ってホントに敏感だし、
相性とか気分とかにかなり左右されるし。


そんなわけで・・・
香水ってのは自分の好きな香りを、
少しだけ付けるのがいいと思うんだ。
周囲の人へのアピールのために付けるっていうのは
ちょっとリスクが大きくないかなあ・・・。




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感