So-net無料ブログ作成

2017-03-21 内示出た [転勤のあれこれ]

今日は 2017年3月21日。

もう出るか、もう出るかと言われていた内示が16日の夜にやっと出た。
ダンナからの知らせの電話を切って、ふーっと息をして、間髪を置かず目星をつけていた引っ越し屋さん2社に電話をかけた。

1社目は担当の営業所の営業時間が終わっていたので翌日以降に折り返し、2社目はおおまかな荷物量と場所を伝えた時点で、4月10日までは予約がいっぱいで11日以降になります、と言われたため、いったんそこまでにして、少し考えてみることにした。
ちなみに着任日は4月1日である。
混んでるとは聞いていたけど、本当に混んでいるらしい。

一晩考えて頭を冷やして、翌17日午前に再度2社目に電話して見積もり依頼。一番早くて午後3時にお伺いできます、とのことだったのでその時間にお願いして見積もりに来てもらった。もし遅い日付しか空いていなかったとしても、見積もりをしてもらえばだいたいの料金や輸送日数が分かると思った。

やってきた営業担当者は荷物量を確認して、その場で電話をかけて、もう一週早い予約が取れると言うのでそれで即決。引っ越しの輸送にかかる日数は、予想では中2日の計4日かかると思っていたけれども、なんと計2日、搬出の翌日に搬入でいけると言う。ヒトの移動が間に合うだろうか?

料金については想定の範囲内だった。
この時期としては妥当な金額。
よく見積もり合わせをして最低額のところに、というやり方を薦める宣伝を見かけるが、これまでもう何度も引っ越しもして、ご近所さんの引っ越しも目にしてきて、うちは、もう、ちょっとくらい積んでもいいから確実に引っ越しをしたい。値切るつもりはまったく無い。

ちなみに、1社目の折り返し電話によると、1社目の世帯用の引越は4月17日まで埋まっているとのこと。



引っ越し先の県名が決まった時点で引っ越し屋さんを押さえ、日程が決まって、やっとここからスイッチが入ったというか、よーいスタートな気分だ。

ひとつ心配なのは、最初に電話で問い合わせた時と、営業さんが見積もったのと、トラックの大きさがひとつ小さくなってないかな・・・ちゃんと乗りきるかな・・・ということだ。いずれにせよ、所持品はもうひと絞り、減らせるに越したことはあるまい。



ちなみに場所は、最初に打診があったところではなかった。
まさに人事は水モノである。





nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「第三の男」 [だいすきな映画・DVD]

1949年のイギリスの映画。白黒です。
主題曲だけ知ってて、中身を全く知らないので視聴。

ーーーーー

ウイーンの街はそこかしこに爆撃の跡が残り、
英・米・露・仏が分割統治していて、
中心部は各国代表の国際警察が統治していた。

主人公のホリー・マーチンスはアメリカ人で、
肩の凝らない小説を書いているあんまり売れてない作家。
お金はないけどウイーンに住む友人のハリー・ライムに会いに来た。
仕事を紹介してもらおうと考えていた。

しかし。
なんと到着して友人のハリーに会いに行くと、
ハリーは少し前に亡くなったばかりだというではないか。
ウイーンはドイツ語圏で、
ホリーは管理人がドイツ語で話す言葉は分からない。
(映画の中で話されるドイツ語には字幕がつかず、
 観客も主人公と同じように、何を話しているのか分からない)

そのまま主人公は墓地に行き、
ハリーの棺が埋葬されるところに立ち会う。
参列者は人相の悪い男たちとすごい美女。

主人公は声をかけてきた男の車に乗せてもらい、
バーで話すうちに、男はGHQのキャロウェイ少佐だと名乗り、
ハリーは密売人で殺人も犯したかもしれないなどという。
主人公はハリーの汚名をそそぎたいと思い、
亡くなった時の事故の状況をハリーの友人に聞く。
そこで新たな疑念が。

・・・ハリーは本当に事故だったのか?殺されたんじゃないのか?

そこで、事故に遭ったときに
道の端に運んだという男たち、
埋葬に参列していた美女、
検死に立ち会った医師、と、
何かを知っていそうな相手に次々と会って、
真相に迫ろうとするのだが、
何かがおかしい。

そして誰もが、手を引くようにと言う。

はたして真実はどこにあるのか。
嘘をついているのは誰なのか・・・
・・・という映画。


ーーーーーーーーーーーーー



きちんと見ないと意味が分からなくなる凝った映画だと思いました。
おまけにドイツ語の部分がけっこう多くて、
何を話しているのか字幕もなくて分からなくて、
主人公の異国での困惑ぶりが伝わってくるよう。
(これ、ドイツ語がバッチリ分かる人だと違う感想なのかも)

ウィーンの街の、ヨーロッパの美しい建築物の映る画面に、
爆撃の跡があったり、階段が崩れていたり。
戦後の混乱期、このような時代があったのだな、と思いました。


いやー、それにしても。
本当によくできた映画だと思います。
名作と言われるわけです。

そしてですね、

・・・美人は得だな、と思いました。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2017-03-06 [転勤のあれこれ]

きのうはハードオフ・オフハウスに行ってきた。
このところ毎週末に行ってる気がする。

以前から知ってるところよりも近くて
行きやすい場所にあることが分かって、
しかも処分場よりも近くて日曜日でも持ち込みできるので、
お金にならなくてもいいと割り切って持って行ってる。

こんなに安くていいものが手に入った、
と喜んでくれる人がいたら良いな。

ちなみに、引き取ってもらって一番ありがたいと思ったのが、
間違って買ってしまったコンディショナーの詰め替え。
処分するとなると下水に流すんだろうけど、
ただ単に環境に悪いだけ、と思うと非常に抵抗感があった。
誰かに使ってもらえるなら、こんなにありがたいことはない。


ーーーー


まだ内示は出ないけど、
「なんか、ここより西の方になるらしい、って、」
とダンナに言われた。
まだちゃんと決まったわけでも、
きちんと場所を教えられたわけでもないけれど、
急速に気分が楽になっている。

私は子供の頃、関西の方で育ったので、
どうせ全国転勤になるなら、
一度くらいは関西弁の聞こえる場所に住みたいと思っていた。
関西弁といっても場所によってかなり幅があるので、
ひとくくりにはできないけれど、
それでも東北の北の方よりも聞き取りやすい。
もし本当にそれで決まりなら、
今度のところでは積極的に外に出て、
その土地の言葉をマスターしたいと思った。

まあ、住んでみなくちゃ、分からないけどね。


そして、(ここらへんじゃないかなー)と
アタリをつけたところをグーグルマップで見てみてる。
もし本当にそこだったらいいな。
外れたらダメージ大きいかな?

ーーーーーー

そうかー、西の方に行くのかー、
と思ったら、ふと、
ペットショップボーイズの「GO WEST」という曲が聴きたくなって、
YouTubeで探してみたら、
えらくブラックジョークな動画がついててびっくり。
まあでもそういうアーティストさんだよね。
画面は見ないで曲だけ流してモチベーションを上げる。


しかしまだ内示がちゃんと出るまでは分からないからなー。

これで「全然違うじゃん!!」なところだったら
ショックでかいな。
期待するのは程々にしておいた方がいいだろうか。
でも少しくらいは夢をみたいよね?



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感