So-net無料ブログ作成

「みをつくし料理帖」シリーズ [本とかコミックとか]

「八朔の雪 みをつくし料理帖」(一冊目)
「花散らしの雨 みをつくし料理帖」
「想い雲 みをつくし料理帖」
「今朝の春 みをつくし料理帖」
「小夜しぐれ みをつくし料理帖」
「心星ひとつ みをつくし料理帖」
「夏天の虹 みをつくし料理帖」
「残月 みをつくし料理帖」
「美雪晴れ みをつくし料理帖」
「天の梯 みをつくし料理帖」(完結)

NHKでドラマ化されていました。
主人公の澪を、黒木華。
小松原さまを、森山未來。
店主の種市を、小日向文世。
などなど。

とっても気に入って見ていたので、
続きを知りたくて原作本を買いました。
文庫本ブームの一環です。

はじめのうちはドラマのキャストのままで脳内再生されていましたが、
原作の澪は、18才で、店主の種市はもっとお爺さんな感じなので、
読み進めるうちにちょっとずつ離れていきました。
でもいいの。そうしたらそうしたで、
今度は、こんな役者さんもいいな、この役者さんでもいいな、と、
新たな楽しみが加わることに。

ちなみに、
化け物稲荷というのは創作かと思ったら、
本当にあったようで、
古地図に載っていました。

こちらの本の、





作品内に書かれていた通りの場所に、
化け物イナリという記載が。
IMG_5699.JPG


この地図を引っ張り出してきたのは、
私の連想する「神田」の場所が神田古本街であった為に、
どうも位置関係がぴんとこない・・・と思ってのことでした。
いやー、神田明神ってあんなところにあったんですね。
絶対に行ってはいけないと父から言われていたために、
場所を確認したこともありませんでした。
湯島聖堂には行ったことがあるのに。


ーーーーーーーーー


よもや坂村堂さまが、あれほどの重要人物になるとは。
続きを読んで良かったと思いましたね。
それから、ドラマの又次さんも渋くて素敵でしたけど、
原作本の中の、殺気を発する凄みのある又次さんも素敵。
そうそう、男性キャラが格好いいんですよ。
小松原さまも源斉先生も。
みなさんタイプが書き分けてあって。ふふ。
まあ私が野江ちゃんだったら、あっさり摂津様に身請けされますね。

途中でちょっとだれる(ちょっと雑になる)けど、
ちゃんと最終巻まで読んで良かったな。

時代物ってほとんど読んだこと無かったけど、
いいもんですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

文庫本を買う理由 [本とかコミックとか]

ここしばらく、
文庫本をどんどん買って読んでいる。
ちょっとたがが外れたような、
これまでにないかんじで。


ーーーーーー


続きを読む


「走ることについて語るときに僕の語ること」 [本とかコミックとか]

村上春樹の著書。

小説じゃない。随想録というか、エッセイ?
一気に読むのはもったいない感じだと気づいたので、
読み終わってないけどとりあえず書いておく。
当分読み終わるつもりはない。

ちびちびと少しずつ読んで、楽しむ。
できれば自分も走れたら良かったのだけれど、
走れるといいなあ、走るのはムリだからちょっとずつ歩くか、
と、
モチベーションアップにもつながる良い本を買った。
これもまた文庫本マイブームの一冊。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: ペーパーバック


それにしてもあれですな、
ランニングというのは瞑想の一種なんですね、きっと。
少し前からよく言われるところのマインドフルネスと、
とても共通点が多いのだなと思いました。


ーーーーーーーーー

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「夜のピクニック」読了 [本とかコミックとか]

恩田 陸の「夜のピクニック」を、これも紙の文庫本で。
読んで良かったと思える小説でした。
これを税別710円で手に入れられるなんて安いな、とも思いました。

高校生たちが、全校生徒で80㎞歩きづめに歩くという伝統行事。
その朝から夜を通して翌日にゴールするまでの間の話。
主人公の貴子と、貴子の親友の美和子、
貴子と同じクラスの男子、融と忍の友情などなどが描かれるお話。
(これ以上書くとたぶんネタバレになる)

人物描写とか、それぞれのキャラクターとか、
人は大勢出てくるんだけどそれぞれクッキリしていて、
読んでいて気持ちの良い本でした。

最後は読むのがやめられなくなって夜更かししてしまったので、
今日はちょっと寝不足。

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/09/07
  • メディア: 文庫



私はリアルの自分自身としては、
個々の体力に関係なくみんな一緒に同じ距離を走る学校のマラソン大会などにはスポーツや体育の教育として科学的に間違っていると思えて大変批判的なので、このお話の団体歩行なんてペースも休憩も全員一緒に決められていて(うわ、絶対やりたくないー)と思うのだが、

物語として読むのはほとんどファンタジー。

実際にやっている、モデルになる学校があるらしいけどね。
行事について知った上で、それも込みで受験して入学してくるのだから、
経験するのは楽しみなんだろうな。青春だなー。


それにしても読みやすい。
そして目配り気配りも利いている。
ホントに読んで良かった。
名作。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「何者」読了 [本とかコミックとか]

朝井リョウの直木賞受賞作「何者」を読んだ。

以前たまたま朝井リョウの短いエッセイを2つだけ読んで
とても良かったことと、今うちの娘が大学4年生なので、
読むのなら今が旬かな、と思ったから。

ーーーーーー

ざっくり言うと、
いまどきの大学生が就職活動をする話。

都内の私立文系の学生が、就職対策の情報交換のために仲間内で集まってる。
主な登場人物は、

主人公の拓人と、
光太郎(拓人の友達。拓人とルームシェアしてる)
瑞月さん(拓人が想いを寄せている。以前光太郎と付き合ってた)
理香さん(瑞月さんの友達で上の階に住んでる。意識高い系)
隆良(理香さんと同棲している相手)

ーーーーーーー

まあそれで読んだんだけど、
朝井リョウというのは空気とか雰囲気とかを描くのが素晴らしく上手な作家、という評判はもう本当にその通りで、なるほど賞を取りまくるのも納得だなあというかんじ。


何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 文庫


コレじゃ無い方の表紙の文庫本を買った。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感