So-net無料ブログ作成
占い関連 ブログトップ
前の3件 | -

併臨とか外周惑星とかうだうだ [占い関連]

きのう、たまたま芸能ニュース系で話題に上がってた人たちが
4人が4人とも立て続けに52才だったので、52才に何かあるのかと、
ざっくりホロスコープと命式を出して見てみた。


西洋占星術でみるとこの人たちって世代相として、
冥王星と天王星の合に、土星が180°向かい合ってるという、
ちょっと特殊な世代相を持ってたんですね。
そのN土星に、現在、経過の海王星が合~通り過ぎたところ、になる。

そこに加えて、それぞれN海王星にT木星が合になって膨らませていたり、
T天王星が個人天体を刺激していたり。
たとえ外周惑星の世代相といえども、
これだけ強烈だと、あと一押し、個人天体に何か絡むと、
現象としてあらわれやすくなるのでしょうか。


小泉今日子のタイミングは皆既月食にやられたんだろうな、というかんじ。
今回の皆既月食@獅子座の前後では、
自分に正直に生きたいと言ってる人が多かったですよね。
彼女のN太陽は水星と合で、そこにがっつり重なってる。
この人は占いなんて信じないし気にしないでしょうけど。


ちなみに私はもうちょっと違う、別の特殊な世代相を持ってて、
もとから個人天体が絡んでて、既に発現している。
これまた外周惑星のやっかいなアスペクト。
たまに他の人はどう使ってるのかなと思ったりするけど、
入ってるハウスとか絡んだ個人天体によるんだよねきっと。


ーーーーーーー


さて、一番の目的は、
この人たち一人一人を見ることではなくて、
いま一番の私の関心事「併臨」。
これが絡んでいるのかどうかでした。

結論からすると、ひとりも無し。
少しさかのぼって、この人たちの転機に絡んでるのかな、
というのも探してみましたけど、
ざっくり見た感じでは特に関係ないみたいです。
表に出ない部分ではもちろん分かりませんけど。


そんなに気にすることないのかな、
という印象でした。サンプル数少ないけど。


ーーーーーーー


とすると、
やはり併臨は併臨というよりも、
比肩がその人の命式において助けになるか凶になるか、
そこをみた方が吉凶どちらに出るのか予測しやすいのでは。


そして、人生のターニングポイントを見るなら、
まずは何といっても接木運。
それから空亡の大運が切り替わる前後、
西洋占星術ならプログレスの太陽の、合とサイン移動。
あとはその人の命式ですごく大事なポイントが剋されるかどうか、とか。




となると・・・

そんなに今年の年運を心配しなくてもいいかな?



いやまて、西洋占星術でも、もりもりやったやん



nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:占い

併臨 [占い関連]

前回、2018年(つまり今年)の私は日柱と年の干支が同じになる、併臨とかいうやつになるらしい、というようなことを書いた。運勢の吉凶が極端に出るとか、人生の転機になる、らしい。

その際に、来年2019年はきっと穏やかな年になるはず・・・と書いていて、来年は己亥だなあ・・・と考えたところで、あれ?何かひっかるな、と思った。なんだろう、と考えて、気がついた。


うちのダンナ、
日柱が己亥じゃね?


ーーーーー


そこで命式作成のソフトを立ち上げてみたところ、
驚きの発見が。

日柱が己亥だったのは記憶違いではなかった。
それに加えて、なんと2年前から大運も己亥だった。
そして来年の干支は己亥だった。

えーと、こういうのなんて言うんだろう。
ふつうに、併臨でいいの?


ーーーーー


ただ、私の場合は併臨と聞いたとたんに、
突然死でもするのかなと思うけど、
ダンナの場合は基本的に善行を積んでいると思うので、
何か良いことがあるといいなあ。
できれば少しおこぼれがある形で(笑)





nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:占い

今年の私の年運 [占い関連]

節分である。

今年の干支は戊戌である。


実は私の日柱は戊戌でありまして、
四柱推命や算命学では、その年の干支と日柱の干支がまったく同じになることを、併臨だか反言だかと呼んで、だいぶ特殊な年回りなんだそうだ。
その年の運勢が大吉か大凶か両極端になりやすいのだとか。

はぁ。(ため息)
人生おだやかなのが一番だよ。
海老蔵だって言ってるじゃん、
「幸せとは何も起こらないことだ」って。


そもそも戊戌は産まれ日にあると「魁ゴウ」と呼ばれ、
吉凶激しいとか主婦向きじゃないだの散々な言われようなのに、
さらに大吉か大凶か両極端とかってこれ以上どうすりゃいいの。

おまけに西洋占星術のホロスコープを見てみれば、
これがまた進行の太陽が冥王星と合になってたり、
こんどの誕生日のホロスコープは、
太陽とドラゴンヘッドが合になってる(次の日が皆既月食)。
土星と天王星と火星の凶角もあるから、
突然の事故なんてのがあっても不思議はない。


冥王星は大どんでん返しとか、全部壊して作り直すとか、
とにかく極端なことを司る星だし、
天王星は突然の予測不可能な変化だし。
ドラゴンヘッドが絡んできたらそれはもう運命。



やれやれ。

とりあえず終活でもしとくか。

それをいうならまずは断捨離か。


ーーーーー


そういうわけなので、
とりあえず今年の目標としては、


・突発的な何かに対応できるように、きちんと生活する。
 まっとうな時間にまっとうな食事を採る。
 質の良い睡眠をたっぷり採る。

・断捨離。所持品の整理。
 転勤は無いと思うからいまいちモチベーションが上がらないんだけど。
 新しい何か良いものを呼び込むために、やることを絞る。

・世間一般の常識を考えて行動する。
 (これがとても難しい)

・なるべく火山には近づきすぎない。
・火事に注意する。
・非常用の水の備蓄を再開する
 (ここに来てから水がおいしすぎて全く買ってなかった)

・いちおう宝くじは買う。

・寺社仏閣にお詣りに行く。


ーーーーーー


うーん。守りに入った方が良いような気がするけど、
ひたすらおとなしくというのももったいない気がする。
だって大吉かもしれないよ、って希望も捨てきれない。

今年を無事に乗り切ったら、
来年はたぶん比較的穏やかな良い年になる見込みで、
再来年はすごくすごく良い、人生で一番の楽しい運気になる予定なので、
何かつらいことがあってもあきらめないで過ごそうと思う。

来年の今日を無事に迎えることができたら、
なにかお祝いしようかな。



考えてみれば、占いを趣味にしていて、
この珍しい年回りを自身で体験して検証できるというのは、
それ自体が恵まれたことなのだ。
60年に一度なのだから、体験できない人だっているし、
知らないまま翻弄される人だっているでしょう。

再来年はきっと素晴らしい運気がやってくる。
そのための下地も作れるようにしたい。


ーーーー


戊戌の「参籠の業」がダブルになってると思えば、 きちんと規則正しい生活をしつつ、 家で何かちまちま作ったり本を読んだりして過ごすのが 正解なのかな。それってこれまで通りの私の基本だよね・・・


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:占い
前の3件 | - 占い関連 ブログトップ