So-net無料ブログ作成

壁がうすい家 [昔話]

ずっと前に住んでいた家でのことだ。

当時私はとても体調が悪くて、娘を幼稚園バスに乗せて必要最小限以下の家事をしたあとは、ずっと伏せっているような生活をしていた。

その日も私はぐったり布団に横になり、時々うとうとしている状態だった。横になっているのはダイニング兼リビングの居間とつながった和室。リビングに足を向けて、頭は隣の家と分けている壁に向く。

となりの家は我が家と全く同じ間取りで、壁の向こうは隣人宅のダイニング兼リビングである。鉄筋コンクリート造りで築浅の集合住宅だったのだが、その家はとなりの家との間を仕切る壁がとても薄くて、どうかすると話の内容まで聞こえてしまう程だった。夜遅く隣人宅で飲み会を催されると、深夜まで音が筒抜けで何とかならないものかと思ったものだ。

うとうとしていたら、
隣からお経をあげる声が聞こえてきた。
低くてひびきのいい男の人の声だ。
となりのおじさん良い声してたもんなあ。
一回しか話したことないけど。
今日お休みなんだね。
そうか-、お経あげるとこんな声になるんだ。
この壁のうら側に仏壇がおいてあるんだな。
などと思いながら聞いていた。

これは観音経だろうか。
はっきりと言葉はききとれないけれど、
抑揚が南無阿弥陀仏ではないし
般若心経だけだと終わってしまう長さだし・・・。
あら、チーンって、ちゃんとお鈴もあるんだ。
ちゃんとそろえてるんだな。
初めて聞いたけど。

・・・・まだ続くんだ・・・。


あれ?
木魚の音がする。
・・・木魚だ。いいなあ。


ふとここでこれは夢じゃないのかと思った。
目が覚めて終わってしまうのは惜しいけど、
そっと目を開けて静かに寝返りをうってみた。

音は続いている。
押し入れのふすまをながめながら聞いていると、
こころなしか音が大きく鮮明になってきた気がする。
真後ろの壁の裏側ではなく、少しそちらがわに寄せてあるんだろうか。
いったいどんなレイアウトなのか。

・・・木魚いい音するなぁ。

・・・仏壇ないけど欲しいな木魚。

・・・楽器やさんじゃなくて仏具やさんかな。

・・・木魚あるなんてすごいな。

ぼーっと聞いていたらお線香の香りがしてきた。
最初はごく弱く、だんだんくっきりと。
これは・・・白檀か沈香か。
あんまり煙っぽくない・・・。
いい香り・・・



ちょっと待て。



いくら壁が薄いと言ったって、ベニヤ板じゃないんだよ?鉄筋でコンクリートだよ? (うすいけど)



匂いまで来るわけないじゃん!!




ガバッと身を起こして後ろを振り向いた。
壁にひび割れなど無い。
窓もぴったり閉まってる。

音も匂いも、その瞬間に消え去った。






nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

間違い電話 その1 [昔話]

もうずいぶん前の話だ。

子供が生まれて1年ほど経った頃に住み始めた家でのことだ。
当時はナンバーディスプレイや番号非通知でかかってくる電話を拒否する機能なども無かったため、怪しいセールスの電話や無言電話なども多かった。まだ携帯電話はそれほど普及してなかった。

住み始めて間もない頃から、やたら間違い電話が多いのだ。
番号の押し間違いかな、と思って切ったら続けて同じ人から電話がかかってくることも多く、何番におかけですか?などと確認すると、押し間違いじゃなくてデータ自体がそうなってたりする。どうやら単純な間違い電話というよりも、別の人の電話番号として知られた番号をウチで使い始めたということらしい。

(前にその番号を使っていた人は、電話番号が変わったことを周知しないで引っ越してしまったんだろうか?)
(前の人からウチが引き継ぐまでの間が無かったのかな?)

ーーーーーーーーーーーーー

続きを読む


nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄武岩 [昔話]

たしかあれは私が小学校の低学年の時だったと思う。
父に連れられて家族みんなで玄武洞というところに行った。
行く前に、父にどんなところなのかと訪ねたら、とにかく面白くて珍しくてすごいところなのだと楽しそうに語るのだ。私はどんなに楽しいところなのだろうと期待に胸躍らせてついていった。

細かいことはまるで覚えていないのだが、「着いたよ」と言われた場所は何もない岩場だった。
当時の私はそう思った。がっかり気味な私に、普段物静かな父が滔々と語るのだった。
ほら、どの石もみんな六角形をしてるだろ?この石はみんな玄武岩っていう名前の石で、溶岩が固まってできた石なんだ。溶岩が冷えるときにちょうど六角形の柱になって・・・(以下略。というか覚えてない。)と話してくれるのだが、ふーん、以上の興味は持てないままだった。

それ以外の時にも父から、この石は砂岩と言って砂粒がどうこう、とか、この白い小石は石英といってね、とか、小さい川の底でキラキラ光るのは雲母だとかいうマニアックな話しを聞いていて、母や兄や私にはどこが良いのかまったく分からない地味な色の不透明で磨かれてもいないタダの石を、これは××石だから、と持っていたりするのを見てきていて、どこが面白いんだろうと思っていた。こんなものが好きなのは父だけだと思っていた。


結婚して実家から離れて何年も経って、そんなことはすっかり忘れた頃にふと気づいたのだ。
自分が「石」を集めていることに。

最初に買ったのは小さな無色の水晶だったと思う。
それからブルーレースアゲートやローズクオーツなどの可愛らしい小さなタンブル。
少しずつ種類が増え、知名度の低いものにも目を向けるようになり、
ネビュラストーンを買ったところでふと、「これって、石だなあ」と。
いつの間にやらどの石が石英の仲間かを覚え、娘にむかって「スターローズクオーツに浮かぶ線が6本線なのは水晶の結晶が6角形に・・・」などと語っているのに気づいて唖然とするのだった。

うーん。DNAの不思議。


今回のブログを書くにあたって、記憶を確認するために「玄武洞」で検索してみた。
思っていたのとだいぶ違う場所にあった。
載っていた写真を見たら、玄武岩の石柱のうねりが壮大な、不思議な迫力のある場所だった。
面白い。なんで私はこの良さがわからなかったんだろうなあ。もったいない。
娘に見せたら「どこが面白いの?」と言われた。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感