So-net無料ブログ作成
検索選択
やってみました ブログトップ
前の3件 | -

楽器屋さんに寄ってみた [やってみました]

所用のため街に出たので、ついでに楽器屋さんに寄ってきた。
このところギターからすっかり遠ざかっていて、
ウクレレに転向しようかなーと思い始めていたからだ。
だって、ギター大きいんだもん。
ウクレレだったら小さくて扱いやすそうだし
場所もとらないだろうし引越もあるし。

そんなわけで、一度、試し弾きさせてもらえないかなと
売り場に行ってみた。
ウクレレの置いてあるフロアにはアコースティックギターも置いてあった。
あるとやっぱり気になるので、先に見るだけ見て回る。
美しい~。
高いギターがいっぱいある~。

うっとりじっくり見て回り、それからウクレレを見る。
買うんならこれだな、と思ってるフェイマスが置いてある。
奥のガラスケースの中のも見るだけ見たいけど、
ガラスケースの前で常連さん(?)とおぼしき人が
立ち話しているのでまたアコギの方に戻る。
うっとり~。
・・・・・と見ていると、アコギ売り場のお兄さんに声をかけられた。
こっちにお客さんはいない。
せっかくなのでちょっと聞くだけ聞いてみる。

入門から初心者になったくらいなんですけど、
あのー、今使ってるのはもらったものですごく古いんですけど、
腕前に見合った値段で、ボディが小さくてなるべく薄いものっていったら
どんなかんじになります・・・?

とっちらかった聞き方だけど言いたいことは伝わったらしく、
お兄さんは、なるほどなるほど、といったかんじで、
オススメを選んでくれた。
そして、私がチラチラ見ていた小さいものも持ってきてくれた。

普通サイズのオススメの小さめギターと、
少しだけスケールが小さいものと、
グッと小さいスケールのミニギターと言われるジャンルのものと、
それからウクレレも持ってきてくれた。

なんて贅沢なんでしょう。
さすがは平日の午前中。

最初に腕前の程度については話したし、
他にお客さんもいないので、
簡単なコードを押さえてどんどん鳴らしてみる。
普通サイズのものはウチにあるのと変わらない。
ちょっと小さいのはちょっと短いけど、
ボディはそこそこ大きさがあるのでそれほどでもない。
小さいやつは、ホントに抱えやすい。
チューニングも普通のギターと同じで、
思ったよりも普通の音がする。

ウクレレが、いきなり良い音だったのにはおどろいた。
まったくの初めてで音を出してもこんなにいい音がするんだ~。
しかしながら、ウクレレは全く違う押さえ方になるので、
またイチから覚えなおさないといけない。
めんどくさいけど、この音は良いなあ。

お兄さんは、普通サイズのギターが断然オススメだと言う。
音の深みが違うので、がんばって慣れた方がいいそうだ。
まあねえ、そうなんだけどねえ。

即決できるものではないので、
ありがたくお礼を言って帰ってきた。

帰ってからギター熱再燃。(笑)
お兄さんのアドバイスを思い出しながら鳴らしてみる。
(こういう姿勢で弾いた方が疲れませんよ、って言ってたっけ・・・。)
そして頭からミニギターとウクレレが離れない。
ううむ。買い足しという道もあるのか・・・・?
いかん。
それはいかん。

あとね-、思ったんだけど、
私、あんまり上等のやつ触ったことないから、
普通サイズの良いギターの良い音って、
本当には知らないかもしれないね。

また行こう。





1年経った [やってみました]

始めたのが6月の終わり頃だったから、1年とちょっと経ったらしい。

最初の頃は、ギターにはいろんな材質のものがあると知って
新しいギターが欲しくて目移りして仕方がなくて、
1年経ったら、1年経ってもまだ続いていたら、
新しいのを買ってもいいことにしようと決めていたので、
やっと自分で自分に次のギターを物色する許可が出たわけだ。

しかしながら、
1年経った今となってはけっこうこのボロギターに愛着が出来、
ずっとこれで弾いてきたから手が慣れてきたこともあり、
新しいのを買ったらこいつはどうしようかと思ったり、
上等なのを使うほどの腕前ではないので、
(まあ、これでいいか。)って気分になってしまったのであった。

むしろ、スチール弦のアコースティックギターよりも
ナイロン弦の張ってあるクラシックギター系に興味が出てきたり、
ウクレレのちゃんと作られてるやつが欲しいなあと思ったり。

Fの壁 [やってみました]

ギターを練習するようになってしばらくしてから、
「Fの壁」という言葉を知った。

「Fの壁」というのは、
Fというコードは押さえにくいコードなんだけど、
比較的頻繁に出てくるコードであるため、
初心者の前に立ちはだかる壁のような存在であることから
そう呼ばれるようになった(たぶん)言葉である。

それでですね。
どうも、最近、その「Fの壁」を超えたような気がしないでもないような気が。

どのくらい弾ければ超えたと言えるのかがよく分からないので
こんな奥歯にモノが挟まったような言い方になってるんだけど、
このところFでまともな音が出せるようになってきて、
曲の中にFが出てきても普通にやれるようになってきて、
でも他のコードより押さえるのに手間取るので、
そこで必ず詰まってしまう、といったところなんだけど、
超えたって言っていいかなー。
超えかけ?


前の3件 | - やってみました ブログトップ