So-net無料ブログ作成
検索選択
だいすきな映画・DVD ブログトップ
前の3件 | -

「第三の男」 [だいすきな映画・DVD]

1949年のイギリスの映画。白黒です。
主題曲だけ知ってて、中身を全く知らないので視聴。

ーーーーー

ウイーンの街はそこかしこに爆撃の跡が残り、
英・米・露・仏が分割統治していて、
中心部は各国代表の国際警察が統治していた。

主人公のホリー・マーチンスはアメリカ人で、
肩の凝らない小説を書いているあんまり売れてない作家。
お金はないけどウイーンに住む友人のハリー・ライムに会いに来た。
仕事を紹介してもらおうと考えていた。

しかし。
なんと到着して友人のハリーに会いに行くと、
ハリーは少し前に亡くなったばかりだというではないか。
ウイーンはドイツ語圏で、
ホリーは管理人がドイツ語で話す言葉は分からない。
(映画の中で話されるドイツ語には字幕がつかず、
 観客も主人公と同じように、何を話しているのか分からない)

そのまま主人公は墓地に行き、
ハリーの棺が埋葬されるところに立ち会う。
参列者は人相の悪い男たちとすごい美女。

主人公は声をかけてきた男の車に乗せてもらい、
バーで話すうちに、男はGHQのキャロウェイ少佐だと名乗り、
ハリーは密売人で殺人も犯したかもしれないなどという。
主人公はハリーの汚名をそそぎたいと思い、
亡くなった時の事故の状況をハリーの友人に聞く。
そこで新たな疑念が。

・・・ハリーは本当に事故だったのか?殺されたんじゃないのか?

そこで、事故に遭ったときに
道の端に運んだという男たち、
埋葬に参列していた美女、
検死に立ち会った医師、と、
何かを知っていそうな相手に次々と会って、
真相に迫ろうとするのだが、
何かがおかしい。

そして誰もが、手を引くようにと言う。

はたして真実はどこにあるのか。
嘘をついているのは誰なのか・・・
・・・という映画。


ーーーーーーーーーーーーー



きちんと見ないと意味が分からなくなる凝った映画だと思いました。
おまけにドイツ語の部分がけっこう多くて、
何を話しているのか字幕もなくて分からなくて、
主人公の異国での困惑ぶりが伝わってくるよう。
(これ、ドイツ語がバッチリ分かる人だと違う感想なのかも)

ウィーンの街の、ヨーロッパの美しい建築物の映る画面に、
爆撃の跡があったり、階段が崩れていたり。
戦後の混乱期、このような時代があったのだな、と思いました。


いやー、それにしても。
本当によくできた映画だと思います。
名作と言われるわけです。

そしてですね、

・・・美人は得だな、と思いました。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「居酒屋ゆうれい」 [だいすきな映画・DVD]

居酒屋の主人が萩原健一、
冒頭で亡くなって、化けて出る先妻が室井滋、
実はワケありだった次の奥さんが山口智子。

すごく面白かった。
ストーリーの良さもさることながら、
居酒屋のたたずまいや、店の前にある防火水槽と
そこで泳ぐ金魚(鯉の小さいやつ?)、など
雰囲気がいいんですよね。
あんなお店があったらいいだろうなー、と思いました。
お酒飲めないから入れないけど。

ーーーーーーーーー

酒屋の息子がやたら魅力的なんだけどいったい誰なんだ、
まったく見覚えがないからもう消えちゃった俳優さんなのかな、
と思っていたら、なんと!若すぎる西島秀俊だった。
全然わかんなかった・・・。

ーーーーーーーーー

見終わった余韻は、ちょっとせつないな。
先妻さん、惚れた弱みだよね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「シン・ゴジラ」 [だいすきな映画・DVD]

行ってきました!
映画館に行ってきました!

最初は、そんなにゴジラ映画が好きなわけじゃないし別にいいや、
と思っていたのですが、あまりにも流れてくる評判が良いのと、
娘が一人で見に行ってきて「絶対に良いよ」と
オススメするというありえない事態が起きたので、
これはがんばって行ってこようかということに。

娘は家に居た頃、基本的に映画には興味がなく、
「よく他人のやってること1時間も2時間もただ見ていられるね」
と言い放った人です。
中学高校で友人と一緒に映画を見に行ったこともありますが、
それはどちらかというと、一緒に出かける、というところに
価値があったようにみえました。

それが!ひとりで行ってきた、しかも「すごく良かったよ」と。


ーーーーーーーー


ゴジラというと、
昔々、一本だけ見たことがありました。
たしか「ゴジラvsメカゴジラ」だったと思います。
映画館で。
おまけで小さい3センチほどの黄色いゴジラをもらった覚えがあります。
内容はまったく覚えていませんが、そんなに興味ないなあ、という印象でした。

怪獣映画ネタの話を人から聞く分には楽しくて好きなのですが、
自分で見るのはそれほどでもないと知りました。
というわけでゴジラに対してはほぼまっさらです。


ーーーーーーーーーー


そんなわけで、
ここに引っ越してきてから初の映画館。
平日だと思って行ったら、夏休み+レディースデーで大混雑で
「シン・ゴジラ」は満席になりました。(席が取れて良かった)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



怪獣が出てくるパニック映画か、くらいの気持ちでしたが、
たしかにその通りですが、私の印象に残ったのは、
予想外に「密室会話劇」的な部分が大きかったこと。
(大好物です)

事態の把握ができなくて、
総理大臣と各省庁の大臣たちが集まって、
ブレーンの各省庁からの人が後ろに控えてて、
よく分からないまま話し合ってるところに
メモを持った担当者が新たに明らかになった事を渡しに来る。

東京湾内で火山の爆発か?
しかし火山にしては様子がおかしい。
しかし火山以外には考えにくい。
というところから始まるのですが、
ここから上陸してきて被害が出て、
自衛隊が出てくるまでの会話がやたらリアルで細やかで、
とにかく、
もう、
この脚本がエライ!!!

そしてこのゴジラの造型が・・・いやもうマジで
これがぶっちぎりで最高だと思いますよ。
硬い肌の質感や、そのひび割れの間から赤い光が発光するところ、
重量感、目の感情のなさ、そしてあの白い鋭い光線・・・。

なんというかですね、
壊す街のリアリティにしてもゴジラの造型にしても、
これほどまでにCGの効果の素晴らしさを感じたのは初めてです。
CGをがっつり使ってる映画はこれまでにも何本も見てきたはずですが、
こんなに「素晴らしい技術なんだな」と思ったことはありませんでした。
それも見終わってから、今日になって(ああそうかあれはCGだ)と
思い出して初めて感じるわけですが。

ゴジラそのものも凄いけれども、それだけの映画ではない。
群衆や破壊のスケールももの凄いけれども、それがメインとも思わない。
登場人物のリアリティが素晴らしいのです。
それぞれがちゃんと生きて存在してて、
そんでみんなそれぞれに頑張ってて、
胸が熱くなる気持ちでした。


役者さんたちもみんな頑張ってて、
石原さとみはやっぱり良いなあと思いました。
あの台詞は大変だっただろうなーと思うと同時に、
あの台詞を話しながらあの靴で自然に振る舞うって、
ホントに大変だと思うんですよ。あのヒール。
ものすごい高さの細いハイヒールで履き込みが浅くて、
あれを履いて立つのも難しいくらいなのに、
自然にきれいに歩いてみせる(それも難しい台詞をしゃべりながら)。
もう神業です。

あと久しぶりにかっこいい竹野内豊が見られて良かった。
前から見ても横からみても彼は立ち姿がかっこいい。

ちなみに主役は長谷川博己。
ずっと家に帰らずロクに睡眠も取らずに対策室に詰めているシーンで、
「そのワイシャツ、いつから替えてないんですか。」
「いちどシャワーくらい浴びても罰はあたらないと思いますよ。」
(訳:私たちに気兼ねせず自宅で横になって仮眠を取ってきてください)
と尾頭ヒロミさんに言われて、
そうかなあ、と言いながらYシャツのニオイを嗅いでみるところで
新アタックNeo抗菌EX Wパワーの洗濯洗剤のコマーシャルが
浮かんできたのは私だけではあるまい。
汗臭菌の増殖ゼロへ!着ている間も続く抗菌力!
「そんなにニオイしないと思うけどな・・・?」
って顔してるとこがよかったなー。


しかし一回通して見ただけじゃ、
セリフもうろ覚えですな。
今書いたの違ってるとこあるかも。
これは是非もう一度見に行かなくては。


そしてこの映画はいろいろ語りたくなりますよね。
ここは良かったとか、ここは実際にはこうなんじゃないかとか。

個人的には「御用学者」という言葉の使い方が
間違っているのでは、と思ったのですが
(御用学者というよりあの人たちは真逆の、純度の高すぎる学者では?)
まあいいや、ってかんじです。



そういうわけでですね、
なんとかしてもう一度、映画館に見に行きたいのです。
次は夏休みが終わってるから平日だったらすいてるよね?
なんとか策を講じたい。






nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - だいすきな映画・DVD ブログトップ