So-net無料ブログ作成
だいすきな映画・DVD ブログトップ
前の3件 | -

「ラ・ラ・ランド」 [だいすきな映画・DVD]

Amazonの紹介文から抜粋 ↓
ーーーーーーーーーーーーーーー

《第89回アカデミー賞、最多6部門受賞! ! 観るもの全てが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテインメント! ! 》
★世界の映画賞を席巻&激賞! ! ゴールデングローブ賞では歴代最多7部門受賞の快挙。
そして第89回アカデミー賞では、監督賞・主演女優賞・撮影賞・美術賞・作曲賞・主題歌賞(City of Stars)の最多6部門受賞を果たした! !

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


ということで鑑賞。
でもね、これ、すっごい癖が強いですよ?

ある意味斬新な表現なんだけど、見る人みんなが付いてこれるかビミョー。
誰もが楽しめる娯楽作品ではありませぬ。
この使い古された表現で何を描こうとしているのか、
その意図を考えながら見ないと、前半の陳腐さに混乱しそう。
ミュージカル映画と銘打ってあるけど理屈で見る映画だと思います。

大人が腰を据えてしみじみ観る映画。
Rー35くらいの指定をつけたいです。
刺さる人には、めっちゃ刺さるだろうけど、
ぜんぜんエンターテインメント映画じゃない。


若者たちは、これより先に、まず
「ウエストサイドストーリー」くらいまでの、
往年の名作ミュージカル映画を見ましょう。


ーーーー

最初の20分くらい(なんだこれ)って思ったけど、
絶対にとばしたり早送りしてはいけません。
最後に「うわー・・・」と、
うめくように呟いてしまう、せつないラストが待っています。


ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



(ああすれば良かった、こうすれば良かった、こんな未来があったかもしれない、)と、自分の世界に入っていってしまうセブ。それが非現実的な夢物語であることも分かってる。

翌日からの客の入りを心配してしまいましたが、
こだわりの店が持ててよかったじゃん。



それにしても、
音楽が良いですね。
ダンスもすばらしく上手。





nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「駆け出し男と駆け込み女」 [だいすきな映画・DVD]

(あんまり重くなさそうなやつ見たいなー、
 これなんてどうだ、大泉洋だし。)
くらいに思って、
軽く流すつもりで視聴。

ところがどっこい。
ぎっちぎちに、みっしり人情話を詰め込んで、
それを大泉洋でコメディ風味を足した、
気合いの入った豪華キャストの映画でした。

ぎゅうぎゅうに詰め込んであって、
早口で聞き取りにくいところもあるけど、
江戸の戯作本っぽいかんじでそれはそれでよし。

ーーーーー

舞台は江戸時代。
商家のお妾の「おぎん」と、
浜鉄屋の鉄練り場でたたらを踏んでいた「じょご」は
縁切り寺へ向かう道中で出会い、
歩けなくなっていた「おぎん」を「じょご」が助けて
ともに縁切り寺へ駆け込んだ。

縁切り寺に入山の儀式をする前に、
御用宿での聞き取り調査がある。
その御用宿での聞き取りがあってから入山できるのだ。

御用宿には医者見習いで戯作者希望の信次郎がいた。
信次郎はじょごの顔の怪我を治療し、
御用宿に駆け込んでくる女たちの事情を聞いたり、
怒鳴り込んでくる夫に対応したり。

縁切り寺に入山し、離縁が成立するまでに2年。
その2年間は尼として読経や食事など、
僧としての戒律の下に過ごす。
2年間は短いようで長い。
駆け込んでくる女たちにはそれぞれに事情があった。


駆込み女と駆出し男 [DVD]

駆込み女と駆出し男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



おぎんを満島ひかり、
じょごを戸田恵梨香、
信次郎を大泉洋。


満島ひかりの名優っぷりはすごいね。
凄みのある姿と、引き込まれる語り。
戸田恵梨香は前から好きな女優さんだったので、
この2人のからみが見られてうれしい。

ーーーーーー

好きなところは沢山あるけど、
まずは鯵売りの正体かな。
宿の主人、樹木希林の語りがまた良いんだ。
あとはなんといっても、おぎんさん。
おぎんの旦那、堀切屋(堤真一)の過去と
おぎんの「たくらみ」。

「まゆ、め、はな、くち、あご。
・・・どこにもキツみと渋みが程よく付いた惚れた男は(略)」
の伏線の回収も良かったなぁ。

あとこの映画、
なにげにハラハラドキドキの場面が上手いと思うんだ。


とても面白かった。
いやー、ホントに映画っていいですね。


ーーーーーー


追記。

翌日、翌々日と、だんだん気になっていくところがひとつ。

痛みって人から分からないじゃない?
はっきり目に見えたり数値に出たりしたらいいけど、
どのくらい痛いか全然分からないとか、
なぜ痛いのか原因が分からないこととか。

原因の分からない痛みに対して、
気持ちで作り出してる痛みなんだから
「痛くない」って怒鳴りつければ治る、と
思っちゃう人がいたらイヤだなあ。

もうすでに、
簡単に原因が分からない病気に対して、
すぐに精神的なものだとか甘えだとかいう人は大勢いて、
たいしたことないのに大げさにドクターショッピングを繰り返してる、
なんて言われて、
5カ所目とか6カ所目でようやく疾患名が分かるなんてことは良くある話。

そういう、ことに痛みが主訴な人たちを
追い込む手伝いをすることにならなければいいな、
などということも思ったり。

ちなみにこの映画に出てきたタイプの痛みについては、
夏樹静子の「椅子が怖い」という体験談が
同じタイプかと思われます。
さすがの夏樹静子で、一般の患者の書いたものとは
明らかにレベルの違う読みやすさ。
読み物としてもオススメです。


腰痛放浪記 椅子がこわい (新潮文庫)

腰痛放浪記 椅子がこわい (新潮文庫)

  • 作者: 夏樹 静子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/07/30
  • メディア: 文庫



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「第三の男」 [だいすきな映画・DVD]

1949年のイギリスの映画。白黒です。
主題曲だけ知ってて、中身を全く知らないので視聴。

ーーーーー

ウイーンの街はそこかしこに爆撃の跡が残り、
英・米・露・仏が分割統治していて、
中心部は各国代表の国際警察が統治していた。

主人公のホリー・マーチンスはアメリカ人で、
肩の凝らない小説を書いているあんまり売れてない作家。
お金はないけどウイーンに住む友人のハリー・ライムに会いに来た。
仕事を紹介してもらおうと考えていた。

しかし。
なんと到着して友人のハリーに会いに行くと、
ハリーは少し前に亡くなったばかりだというではないか。
ウイーンはドイツ語圏で、
ホリーは管理人がドイツ語で話す言葉は分からない。
(映画の中で話されるドイツ語には字幕がつかず、
 観客も主人公と同じように、何を話しているのか分からない)

そのまま主人公は墓地に行き、
ハリーの棺が埋葬されるところに立ち会う。
参列者は人相の悪い男たちとすごい美女。

主人公は声をかけてきた男の車に乗せてもらい、
バーで話すうちに、男はGHQのキャロウェイ少佐だと名乗り、
ハリーは密売人で殺人も犯したかもしれないなどという。
主人公はハリーの汚名をそそぎたいと思い、
亡くなった時の事故の状況をハリーの友人に聞く。
そこで新たな疑念が。

・・・ハリーは本当に事故だったのか?殺されたんじゃないのか?

そこで、事故に遭ったときに
道の端に運んだという男たち、
埋葬に参列していた美女、
検死に立ち会った医師、と、
何かを知っていそうな相手に次々と会って、
真相に迫ろうとするのだが、
何かがおかしい。

そして誰もが、手を引くようにと言う。

はたして真実はどこにあるのか。
嘘をついているのは誰なのか・・・
・・・という映画。


ーーーーーーーーーーーーー



きちんと見ないと意味が分からなくなる凝った映画だと思いました。
おまけにドイツ語の部分がけっこう多くて、
何を話しているのか字幕もなくて分からなくて、
主人公の異国での困惑ぶりが伝わってくるよう。
(これ、ドイツ語がバッチリ分かる人だと違う感想なのかも)

ウィーンの街の、ヨーロッパの美しい建築物の映る画面に、
爆撃の跡があったり、階段が崩れていたり。
戦後の混乱期、このような時代があったのだな、と思いました。


いやー、それにしても。
本当によくできた映画だと思います。
名作と言われるわけです。

そしてですね、

・・・美人は得だな、と思いました。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - だいすきな映画・DVD ブログトップ