So-net無料ブログ作成
検索選択
その他映画・DVD ブログトップ
前の3件 | -

「BALLAD 名もなき恋のうた 」 [その他映画・DVD]

なんか気楽に観られそうな映画がいいなー、と思って視聴。

戦国時代に少年がタイムスリップして、後から両親も追っかけてきて、
又兵衛とお姫様の恋と戦に関与する話。
無骨な武士である又兵衛に草彅剛、お姫様に新垣結衣。

画面の光のかんじがとても綺麗で、音の感じも聞きやすくて、
又兵衛はかっこいいし、姫はお美しいし、子役はかわいいし、
目と耳にとても優しい映画でした。
面白かった。

BALLAD 名もなき恋のうた [DVD]

BALLAD 名もなき恋のうた [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: DVD


ただ、このお話はもともとクレヨンしんちゃんの映画から
実写にリメイクしたものなのだそう。
ひっかかりを感じる場所は、本格的な時代劇のビジュアルだから、
(いやこの時代にこれはムリでしょ)と思ってしまうけど、
アニメだったら余裕で「あり」かもな、と。
なのでクレヨンしんちゃんバージョンも観てみたいです。

しかしどんなにムリのあるストーリーでも、
なぜか説得力があって映画として成立させてしまうのが
草彅剛なんだなあと感心しました。
「日本沈没」のときにも思ったけどさ。
そういえば城の外壁で防戦する画をどこかで見たと思ったら、
ブラタモリの真田丸の回のイラスト?



合戦の描写といい、お金かかってるんだろうなー。

クレヨンしんちゃんバージョンも見なきゃ。
見たい映画、見るべき映画って果てしなくある・・・。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ゴッドファーザー PART2」 [その他映画・DVD]

Part 1 を見たら 2も見なければ。

というわけで2作目も見たんですけど、
私はよく分からなかったです。
200分くらいあって超長くて、
インターミッション(途中休憩)が入りました。
そんなことしなくても、
冗長なところを削って削って
120分くらいにすれば良かったのに。

コルレオーネ・ファミリーの成り立ちの話と、
1作目で跡を継いだマイケルの現在が交互に描かれます。

ーーーーー

マイケルは一日でも早く合法組織にしたいと頑張ってるんだけど、
仕事に頑張りすぎて家族サービスを疎かにしたらしくて、
家庭崩壊を招いてしまう。
そもそもあの奥さんは「姐さん」に向いてないような。
黙って仕事には一切口出しも興味も持たないとかいうなら
それはそれだけど、そういうタイプでもないし、
最初からムリがあるよね~。


ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PARTII<デジタル・リストア版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



ちなみに若い日のビトー・コルレオーネを
ロバート・デ・ニーロが演じているのですが
私のイメージの中のロバート・デ・ニーロと離れてて
見終わるまで気づけず。

さらに1作目のマーロン・ブロンドの親父さんのイメージが強くて
同一人物なのだと気づいたのが後半に入ってからだったという(苦笑)

ーーーー

まあそんな訳で、なんとか消化。
そして2作目にもレッツプレイベースボールは出てきませんでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「君の名は。」 [その他映画・DVD]

冬休み初日+三連休初日の映画館に見に行ってまいりました。
封切りからだいぶ経つけど満席でした。

とにかく隣の小学生男子(9~10才くらい?)がずーっと、
一緒に来たお母さんとコショコショしゃべり、
ずーっとポップコーンを食べ、
(カサカサ音のする袋に入れ替えて食べてる)
ずーっとゴソゴソしてて、
おまけに風邪ひいてるし、
途中で飽きて座席の上で横になろうとするし、
気が散って気が散って。
映画は好きみたいなので(予告編のときに、
次はこれを見たいな、とか話してた)
見たいと言って連れてきてもらったみたいなんだけど。


よっぽど「ここはおうちじゃないのよ」と
言いたかったけど、我慢した。
たぶん、こんな日に見に来た私が悪いのだ。



そんなわけでちっとも集中できず、
全然入り込めず。
キレイな映画だと思うけど消化不良です。

一番気に入ったシーンは、
お父さんが、
「みつはじゃないな。おまえ、誰だ。」
って言うシーンかな。

東京の景色は、東京名所案内ってかんじ。
前回・前々回の家は都内だったけど
あんまりきらびやかな場所には行かなかったもんなー、
頑張って行けば良かったかなー、なんて
思いながら見ました。
慣れた景色だったのは新宿駅南口だけだ。

あと、私はわりと所要時間をすぐに考えて
時間を組み立てるタイプなので、
そのあたりもこの映画とは相性が悪かったかな。


ーーーーーーーーーーーー


翌日追記。

少年を連れてきたお母さんは、
アニメ=子供向き、
という理解だったのかもしれない。
したがって、「大人が一人で来てるこちらの方がおかしい」。

行ったことないけど、
戦隊ヒーローものや妖怪ウォッチの映画だと、
少年の態度はお手本レベルだろう。

アニメ=子供のもの、という人は大勢いらっしゃると思う。
私はちょっとそこらへんの感覚が無くなりすぎかもしれない。





nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - その他映画・DVD ブログトップ