So-net無料ブログ作成
検索選択
面白かった映画・DVD ブログトップ
前の3件 | -

「ゴッドファーザー Part 3」 [面白かった映画・DVD]

ついに三作目です。1990年の作品。
なんともやるせない、とてもとても哀しいお話でした。

ーーーーーーー

マイケルはあれから合法的な組織にすべく努力して、
社会貢献活動にも努力して、
カトリック教会のえらい賞をもらいます。

出て行った奥さんの元に子供たちを預けて、
自分は孤独な生活を続けてきましたが、
ずっと家族を大切に思い続けてきました。

しかし裏社会と距離を置こうとしても、
裏社会のしがらみが放っておいてくれない。


ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

ゴッドファーザー PartIII <デジタル・リマスター版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD



今回は、あの喧嘩っ早い兄貴の息子が出てきて、
父親譲りの喧嘩っ早さとマイケルの若いときによく似たルックスで、
老いたマイケルと、なんとも鮮やかな対比を見せています。

この喧嘩っ早い若造ヴィンセントをアンディ・ガルシアが演じていて、
ただの小物から後継者に育っていく物語でもあります。

ーーー

他の人たちのレビューを読むと、
Part 3はあまり評判が良くなかったようですね。
しかし私は2よりも3の方が心に沁みました。
ある程度年をとってからシリーズを一気に見たのが
良かったのかもしれません。


あと、オペラのシーンの息子くんのテナーが素晴らしいので、
思わぬ儲けものだと思いました。

もしかしたら、聖職者やバチカンを悪く描いているので、
キリスト教の人たち(特にカトリック)は
生理的にムリだったり、表立って褒めたりできないとか
アメリカとかヨーロッパだとそういうこともあるかも?



それにしてもマイケル・・・
自分が撃たれて最愛の娘に看取られながら死ねたら幸せだったのにね。




こっちの表紙の方が映画の雰囲気が出てると思う
ゴッドファーザー PART III [DVD]

ゴッドファーザー PART III [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD


ーーーーーー

ところで。

この映画を見て、やっと、
なぜオーシャンズ11でアンディ・ガルシアが巨大カジノのオーナーなのか、とか、
オーシャンズ13にこの映画のパロディが盛ってあることとか(アル・パチーノも出てる)、
やっと理解しました。

いやー、映画って、
本当に良いですね。



撲殺シーンは結局出てきませんでした。 あれは何だったんだろう。

「ゴッドファーザー」(Part 1) [面白かった映画・DVD]

やっと見ました。初見です。

かなり昔、テレビでやっているところをチラッと見て、それがたまたま惨殺シーンだったために、(ああこれは私が見る映画じゃないな)と思って長い間スルーしておりました。

しかし友人から長年強く薦められていたことと、これを見ずして映画好きを名乗っても良いのだろうかという後ろめたさと、年末年始にBSでがっつり3部とも放送してくれるということで、ついに録画して見ることに。
昔より耐性もついただろうし。


ーーーーーー


ざっくり言うと、マフィアの抗争のお話。
完全なる同族会社の企業のビジネスのようなところから始まって、
後半は血で血を洗うような、殺るか殺られるかの世界に。

いったい誰が裏切ったのか、
この流れの意味をどう読むか、
そういう心理戦のような要素も濃かったです。

友人からは「ファミリーの話なのよ。家族愛なのよ!」
と言われており、たしかにそうなんですけど、
むしろ私は、デキる男はこう動く、みたいな、
自己啓発系ビジネス本が好きな人や、
企業モノが好きな人も楽しめるだろうなと思いました。
すごく面白かったです。


ゴッドファーザー PartI <デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PartI <デジタル・リストア版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD



ボス役のマーロン・ブロンドと、
ファミリービジネスとは距離を置いて堅気になるはずだった
三男マイケルのアル・パチーノはぜひ見るべき。

一番好きなシーンは、父親が撃たれて病院に入院していて、
マイケルが病室を移し、たまたま見舞いに来たパン屋を玄関前に立たせ、
パン屋がタバコに火を付けようとして付けられないところを、
ライターを受け取って付けてやる一連のシーン。

ーーーーー

ところで、昔チラッと見たシーンが無かったんですよね。
レッツプレイベースボールっていうの。
ということはPart2 かPart3に出てくるのでしょう。

もちろん続きも見ます。
当然見ます。
とりあえずPart1は絶対のオススメです。



「箱入り息子の恋」 [面白かった映画・DVD]

主役が星野源。
たぶん、この映画の役柄の演技から、
「逃げるは恥だが役に立つ」のヒラマサさんにキャスティングされのかな。

ーーーーーーーーー

主人公は市役所勤めの35歳、彼女いない歴35年。
勤続13年、無遅刻無欠勤。
お昼休みは自宅に徒歩で帰ってきて昼食を取り、
定時で仕事を終えるとまっすぐ家に帰ってくる。
酒もタバコもやらず、給料はしっかり貯蓄。
靴をそろえる、帰宅するとすぐ手を洗うなど行儀が良くて
デスクの整頓も行き届き、きちんと育ったことが見て取れる。

両親はそんな真面目すぎる彼に早く結婚させようと、
親同士だけで行われる婚活パーティに出席した。

かたやヒロインは大きな家でピアノを弾く、
清楚で可憐で美しい盲目のお嬢さん。

ある雨の日、
ひとりで雨やどりをして母を待つ彼女に、
主人公は傘を渡す。

ヒロインの母は傘に書かれた名前を見て
親の婚活パーティで釣書をもらったうちの一人だと気づき、
連絡をとって、本人同士を会わせるお見合いの席を設けた。

・・・・・・というあたりから始まる映画。



ーーーーーー



えー。
なんかね。
最近作られた映画なのに、価値観がものすごく30年前なんですよ。
30年前っていうか、バブル前夜~初期、くらいのかんじ。

市役所勤めなんて野心も意欲もなくて情けない、なんて
少なくともここ10年は聞きませんよね。
現在、公務員は就職にも結婚相手としても大人気ですよ。
おまけに市役所だったら転勤もありませんよ。
しかも酒もタバコもやらずにがっちり貯めてて、
おまけに一戸建ての持ち家ですよ。
こんな優良物件、ちょっと募集したら女子がワラワラ寄ってくるでしょ。

おまけに外見は星野源ですぜ?
星野源のルックスは決して華やかではないけど、
さっぱり顔が好きな人にはウケる顔でしょ。


どうにも設定自体に納得がいかないーーーー。


でね、このヒロインの父親なんだけど、
お見合いさせてるけど結婚させる気ないでしょ。
障害者の扱いに慣れた、なおかつ野心家のエリートじゃないと、
ということなら、最初から障害をオープンにして探さなきゃ。
しかも本人の意思は無視。


そんで主人公の母親もこれがなぁ、
普通に結婚して普通に子供をもうけて普通に生活して欲しいの、
っていうけど、普通って何ですかね。
これだけきちんと仕事して、きちんと生活してるのに
こんな言われようなのは気の毒になりました。


しかし。
ここまで散々に書きましたけど、
この映画は良かった。
逃げ恥のヒラマサさんが好きだった人は買ってよし。

箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション

箱入り息子の恋 DVDファーストラブ・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



一番好きなシーンは、後半の吉野屋かな。
彼女ががんばって一人歩きの練習をして、
思い出の牛丼を食べて涙を浮かべるところ。


ラストは、「へ、これで終わり?」と思ったけど、
不死身の主人公は、これからも頑張るのでしょう。





前の3件 | - 面白かった映画・DVD ブログトップ