So-net無料ブログ作成
ドラマ@テレビ ブログトップ
前の3件 | -

新参者 加賀恭一郎シリーズ 「眠れる森」 [ドラマ@テレビ]

以前録画して、そのまま大事に持っていたものをついにみた。
ちょうどこれが放送されたのは、「カラスの親指」をみた後で、
石原さとみのマイブームが来ている最中。
なんかもったいなくて、「今だ!」と思えるときまで
取っておこうと思っていたのでした。

というわけで、やっと視聴。

バレエ団に強盗が入って団員が正当防衛で撲殺した、と思われる
殺人事件が起きた。しかしそれにしては傷の場所が不自然だ。
おまけに金目当てのはずなのに金品を取ろうとした形跡が無い。
捜査を進めるうちに、第二の殺人が起きる。
・・・ものすごくざっくり言うと、そんなかんじの話。

バレエの舞台が超本格的で、美しいのです。
最初が「白鳥の湖」で、次の舞台は「眠りの森」で、
衣装も何もかも本物!なのだそうで[ぴかぴか(新しい)]
このドラマも良かったけど、見ているうちに、
バレエの舞台を見に行きたいな~、って何度も思いました。

舞台で踊るシーンも、練習のシーンも、本当にきれいで、
それ以外のシーンの女優さんたちもきれいで、
目の保養になりました。


"新参者"加賀恭一郎「眠りの森」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD



お目当ての石原さとみはやっぱりかわいい。
この映画では可憐なかんじ。
「世にも奇妙な物語」の同窓会の回と、「カラスの親指」と見て、
一気にハマッて、どれも全然違うキャラだけど、どれもいいね。
最近は小悪魔っぽい似たような役が多い印象があるけど、
もっと色んな役を見てみたい。いろいろやれる人だと思う。

踊りは、全部自前な訳はないよね?
あの軸をつくろうとしたら生活の全てを捧げて毎日、
何年もやらなきゃ出来ないはずだもの。
でもぜんぜん分からない。うまくできてるな~。

ーーーーー

なんかねー、最初に殺された被害者が気の毒だ。
何の落ち度もないのに、秘密を守るために訳も分からず殺されて。
これは昨日の映画もそうだった。

大事にされる人、そうでない人、駒として扱われる人。
人の命や法律は平等だと思いたいけど、
受ける愛の数や軽重で、誰かに勝手に量られるんだなー・・・、
なんてちょっと思いました。
東野圭吾原作がそうだというよりも、現実の世間がそうなのかな。
そうだとしたらなるべく考えずに過ごしたい。






nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「大草原の小さな家」 (1~3話) [ドラマ@テレビ]

言わずと知れた、超有名シリーズ。

アメリカ開拓時代、大草原の広がる新天地に入植した家族が、
たがいに支え合いながら暮らしていくお話。

語り手は次女のローラ。
お姉ちゃんがいて、ローラがいて、小さな妹がいて、
大工仕事が上手なお父さんがいて、優しいしっかりもののお母さん。

住んでいる家は、お父さんが建てた木造の家。
ローラとお姉ちゃんは二階(ロフト?)のベッドで寝るのだ。


大草原の小さな家シーズン 1 バリューパック [DVD]

大草原の小さな家シーズン 1 バリューパック [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



まだ3話までしか見てないんですけど。

見始めて、「これか!」と思いました。
子供の頃に見て、自分を形作るもののうちのひとつが、
まぎれもなく、この作品でした。
そうそう、あの二階のベッドに憧れたんだよな~、とか、
三つ編みにしてみたかったのはコレか!とか。

今、見ても、やっぱりかわいい。
リアル愛娘にローラとお姉ちゃんの格好をさせたかったな~。

それから、影響があったのは外観のことだけじゃなくて、
良心とか、価値観とか、そういうところにも影響してる。



大人になって見直して、
これは大人になってからの方が、より深く味わえるドラマだなと思いました。
子供の頃には分からなかったこと、
たとえばここで牛を取られてしまったらどうなるのか(第一話)、とか、
収穫期に降る雹がどんなにまずいことか、とか。
大人になったら、その場面のひとつひとつがちゃんと分かるものね。

あと、子供の頃は、幌馬車で家族揃って移動、というのも、なんかいいなあと思ってたけど、転勤族の主婦になってから見る感覚は大違い。あれはキツイ。宿泊施設なんてないだろうし、食べ物や水を調達するのだって、そう簡単にどこでもあるとは思えないし。


連続モノではあるけど、一話ごとによくまとまってて完結してて、
本当によくできたドラマだと思います。
長く続くわけですね。



nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ローズマリー&タイム」 一話目 [ドラマ@テレビ]

イギリスの推理モノのテレビドラマ。
一話完結でした。

先日、Twitter始めるとしたら名前どうしようかなー、と友人に話したところ、
「ローズマリー・ボクサーなんてどう」と言われ、
(・・・ボクサー?私、そんなにしょっちゅうファイティングポーズとってるかなー?)
(ボクサーっていうと、あの筋肉質で強そうなしっぽの短い犬だよなー?)
と思っていたら、このドラマのW主役のひとりの名前だったんですね。
で、ドラマに出てくる庭園が素敵だという評判を読んで、これはぜひ見てみなくちゃー、と思ったわけです。

植物の病気に詳しい植物学者のローズマリーさんと、結婚前は刑事だったというタイムさんが、一緒に事件を解決していくテレビシリーズの一話目です。
大きなお屋敷の庭園で発生した病気の調査を依頼されたローズマリーさんと、そのお屋敷に出入りしていた友人が亡くなったタイムさんは、同じ宿に泊まっていた縁で知り合いになります。そしてそのお屋敷の御主人が殺されそうになって、二人は(いったい誰が御主人を殺そうとしたのか)と探り始める・・・という話。

でね。
ストーリーも面白かったし、二人の会話もいいかんじなんだけど、なんといっても一番の見所はインテリアとお庭でしょう! タイムさんの家の小ぶりな庭(ちゃんとタイムが植わってます)も素敵だし、大きなお屋敷のきっちり刈り込まれた庭園も素晴らしい。さすがガーデニングの本場。うっとりします。そんでもって、たぶんこのドラマの視聴者層として想定された層のど真ん中に、私ははまっているのでしょう。


ローズマリー&タイム BOXセット1 [DVD]

ローズマリー&タイム BOXセット1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD


まあそんなわけで、
幸いにもツタヤディスカスに揃っているので、二話目以降も見ることができそうです。
一時間弱っていう時間も良し。




nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | - ドラマ@テレビ ブログトップ