So-net無料ブログ作成
検索選択

「ボクたちはみんな大人になれなかった」 [本とかコミックとか]

本当は文庫になるまで待ちたかったのだが、
待っていても文庫になるかどうか分からないことに気づいて、
仕方がないから本屋で取り寄せて単行本で購入。
ここまでにネットで公開された分を読んでいたこともあり、
1年くらいTwitterでフォローしていたし、
そろそろ課金しないといけないんじゃないかという気がした。
課金しないと次が出ないんじゃないか、とも思った。



課金したのは正解だった。
ここまでの文庫本マイブームでいろいろ読んだけど、
この年齢で読むのにこの本はジャストフィットだった。
同じ時代に同じ東京で生きてたはずなのに
全くの別世界にいる登場人物たちと、
どこかハードボイルドで叙情的な空気感、ドライブ感。

なにより、読んでいる途中で、
ブログに自分の物語をげろりたくなる危ない本だった。

40代以上の大人にオススメ。

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

  • 作者: 燃え殻
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/06/30
  • メディア: 単行本


でね、
取り寄せて本を開いて読み始めて、
初っぱなに思ったのが、
(この人、モテないだろうなー )。

なぜなら。
「自分よりも大切な存在」だの、最愛の、だのと言いながら、
いきなりあんな大きなフォントでブスって書くのだ。
何回も何回も、ブスって。

あのさ、本人が「私ブスだから」って言うのは、
ブスだって言われたくないから予防線張るわけでしょ。
それにね、

たとえば、
彼女のほうでは自分のむっちり具合や体脂肪率を気にしてるけど、
彼氏のほうでは「オレの彼女、巨乳なんだぜ~」
って思ってて自慢の彼女だったりとか、
彼女のほうでは貧乳を気にしてるけど
彼氏のほうでは「オレの彼女、細身で華奢でむっちゃ可愛い」
って思ってたりとか、それが愛ってもんなんじゃないの。

オレの彼女、女優の○○にちょっと似てる、って言ってて
友達は誰も同意しないとか、よくある話。

なんだかなあ・・・冒頭の女の子にしても、
グラビアアイドルやってる若い女の子よりも、
実力者の女で美人のスーよりも、その彼女が好きなのだと、
そういうふうに言いたいのかもしれないけど・・・・・。

仕事が順調になって金回りが良くなっても、
連れていくのは数千円の安いラブホテルばかり。
すごい美人のコールガールと二股。

自分よりも大切とか、信仰に近いような気持ちとかいう相手に、それですか。
そりゃー別れた方がいいよ。
もっと大事にしてくれる男がどこかにいるよ。
(んで、実際いたわけだ。)

ーーーーーーーーー

とまあボロクソに語ってしまったけど、
こういう男の人って、いるんだよね。
少なくとも私は1人、頭に浮かんで、
(こういう思考回路なのか!)と、
謎が解けたような気分でした。
うっかり付き合わなくて良かったわー。
好きだ=大切にする、ではないし、
信仰に近いような気持ち、と、下に見るのは両立するのね。

とても勉強になりました。

「俺たちは天使じゃない」みたいな雰囲気で
映画化するといいかも。

そしてこの本は、
気心の知れた女子5~6人で集まって、
言いたい放題で感想を語り合うと楽しいだろうなと思いました。


ーーーーーーーー


作者の実体験と創作がどのくらいの割合でミックスされてるのかは分からないけど、
次回作も楽しみ。このくらい売れたら出るよね?




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「みをつくし料理帖」シリーズ [本とかコミックとか]

「八朔の雪 みをつくし料理帖」(一冊目)
「花散らしの雨 みをつくし料理帖」
「想い雲 みをつくし料理帖」
「今朝の春 みをつくし料理帖」
「小夜しぐれ みをつくし料理帖」
「心星ひとつ みをつくし料理帖」
「夏天の虹 みをつくし料理帖」
「残月 みをつくし料理帖」
「美雪晴れ みをつくし料理帖」
「天の梯 みをつくし料理帖」(完結)

NHKでドラマ化されていました。
主人公の澪を、黒木華。
小松原さまを、森山未來。
店主の種市を、小日向文世。
などなど。

とっても気に入って見ていたので、
続きを知りたくて原作本を買いました。
文庫本ブームの一環です。

はじめのうちはドラマのキャストのままで脳内再生されていましたが、
原作の澪は、18才で、店主の種市はもっとお爺さんな感じなので、
読み進めるうちにちょっとずつ離れていきました。
でもいいの。そうしたらそうしたで、
今度は、こんな役者さんもいいな、この役者さんでもいいな、と、
新たな楽しみが加わることに。

ちなみに、
化け物稲荷というのは創作かと思ったら、
本当にあったようで、
古地図に載っていました。

こちらの本の、





作品内に書かれていた通りの場所に、
化け物イナリという記載が。
IMG_5699.JPG


この地図を引っ張り出してきたのは、
私の連想する「神田」の場所が神田古本街であった為に、
どうも位置関係がぴんとこない・・・と思ってのことでした。
いやー、神田明神ってあんなところにあったんですね。
絶対に行ってはいけないと父から言われていたために、
場所を確認したこともありませんでした。
湯島聖堂には行ったことがあるのに。


ーーーーーーーーー


よもや坂村堂さまが、あれほどの重要人物になるとは。
続きを読んで良かったと思いましたね。
それから、ドラマの又次さんも渋くて素敵でしたけど、
原作本の中の、殺気を発する凄みのある又次さんも素敵。
そうそう、男性キャラが格好いいんですよ。
小松原さまも源斉先生も。
みなさんタイプが書き分けてあって。ふふ。
まあ私が野江ちゃんだったら、あっさり摂津様に身請けされますね。

途中でちょっとだれる(ちょっと雑になる)けど、
ちゃんと最終巻まで読んで良かったな。

時代物ってほとんど読んだこと無かったけど、
いいもんですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

文庫本を買う理由 [本とかコミックとか]

ここしばらく、
文庫本をどんどん買って読んでいる。
ちょっとたがが外れたような、
これまでにないかんじで。


ーーーーーー


続きを読む