So-net無料ブログ作成

方位について [占い関連]

今日は方位の話。

吉方位を取って開運、なんて言ったりしますよね。
あの方位の話。

まあ占いに興味があって転勤族となると、
当然、引越の方位や日取りなんかも気になるわけです。

ここまでのところ、はっきり方位に絡んだ意味が吉凶ともに出るので、
私は方位については信じる派です。


ちなみにこれまで、五黄殺の方位への引越も経験しております。
それも東西南北の4方向。
東西はそのまんま、南北は気休めに方位除けのお守りをいただいて。
東西は直線距離なら40kmくらい。
南北はたしかどちらも700kmくらいだったかな?

北は過去記事 「内示が出た。」 のとき。
南は過去記事 「内示が出た」 「ネット上に帰ってきました」 のとき。

あんまりこのブログには暗い話を書かないようにしているので、
どんなかんじで凶が出てるのか、
ぱっと見たかんじ具体的には分からないかもしれませんが、
その後、そこはかとなく漂っていたり片鱗があったりするかもです。


どこかで、
出張や転勤など、本人の希望でない仕事上の移動については
効力が出ない、と書いてあるのを読んだことがありますが、
そんなことはありません。
転勤命令による転居でも、凶意は出ました。

ただ、五黄殺への転居は命にかかわる、凶意が一生続く、
というあたりについては、いちおう家族3人とも生きてるので、
やってしまったらもう人生終わり、というものでもないかと。
エライ目には遭いましたが。
なるべくなら避けたい、避けられないなら方位除けのお参りをしておく、
というあたりくらいしか対処法が思いつかないけど。


方位の測り方については各種流儀があるようですが、
私は30度/60度です。
偏角についてはまだ確信が持てないのですが、
いちおう真北派・・・でも自信がないので、
選べる場合はそんな微妙な場所は選ばないようにしています。



続く
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:占い

冬物カーテン [転勤のあれこれ]

またカーテン問題である。
転勤カテゴリよりもインテリアカテゴリの方がふさわしいかな、とも思ったけど、そもそも転勤したからこんなにカーテンを買うはめになったわけで。

引っ越してすぐに居間のカーテンが必要になり、間に合わせでセットになったとても安いものを買っていた。レースのカーテンは薄すぎたためにすぐに買い換えたけれども、夜に閉める方のカーテンは薄いままにしていた。明るい色で薄手のもので、日に透ける様子がキレイで、軽くて取り扱いもラクで、それはそれで気に入っていた。

寒くなるまでは。

いくらなんでも冬にこれは寒い。
もう少し厚手で、窓からの冷気をもう少し遮ってくれるものにしたい。
見た目から寒そうなので、見た目ももうちょっと暖かそうなものにしたい。

というわけで、
またカーテン選定である。

カーテンって、普段はとくに意識しないで生活してるじゃないですか。
でも、気になり始めると気になるもので、
悩み始めると際限がない。

素材、色あい、遮光の具合はどのくらいにしようか、
このカーテンは柄が好きだけど形状記憶は付いてるのかな、
安くて機能性が良さそうだけどウレタンって劣化する?
やっぱり防炎の方が安心かな、
天然素材はステキだしポリエステルより燃えにくいけど、洗うと縮んで掛けておくと伸びるということは床にピッタリにはしにくいよね、

などなど。

そして考えれば考えるほど、
(これって、夏と冬で同じものを使おうと思うからいけないのかな?)
(これって、あわよくば次の家でも使えるといいなとか考えるから難しいのかな)
などと考えはじめてしまい、
ついには
(もしかしてインテリアに凝ってる人は、春夏と秋冬で違うのかけてる?)
という結論に至ったのであった。

うちはそこまでインテリアに凝る方でも収納に余裕があるわけでもない。
したがって、できればオールシーズン使えて機能性もあって気に入ってて手入れがラクで長持ちして、できたらそこそこお安いものがいい・・・ということになるのだ。
これがけっこう難しい・・・。


結局、散々悩んで、
なんか無難そうな色柄の、機能の良さそうなものにした。
来週あたりに来る予定。
どうか部屋に似合いますように。


ホントはもっと個性的で洒落たのにしたかったんだけどな。



nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「超高速! 参勤交代リターンズ 」 [面白かった映画・DVD]

「超高速! 参勤交代」の続編。
前回は、参勤になんとか間に合った湯長谷藩の殿様とその家来。
こんどは江戸からの帰り道です。今回も超短時間で。しかも、
やっと帰り着いたと思ったら、なんと城が乗っ取られてた!

ーーーーーーーーーーー

今回も、時代劇ではあるけどコメディ優先。
何も考えずに笑って楽しめる映画です。
検問を死人に扮して乗り切るシーンでは、
あの時代にあの棺桶は一般的だったはずなので、
「これは何だ」と聞くことは本来無いだろうけど、
現代の視聴者には断然その方が分かりやすいし面白い。
あのシーンは笑ったなー。

とにかく分かりやすくて見やすいです。

この映画は私よりダンナが気に入っていて、
ふだん映画は一人で観ることに決めているのですが
これは例外。


超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD



敵役がすごく悪いやつで、
この罪状で遠島(島流し)は刑が軽すぎると思うんだけど、
これは打ち首獄門にしちゃうと続編が作れないからですよね?ふふ。

メンバーが特技を生かしてお金を稼ぐシーンが好き。
あと忍びの人たちのアクロバティックな殺陣がお見事。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画