So-net無料ブログ作成

「まほろ駅前多田便利軒」 [本とかコミックとか]

映画の題名として先に知っていて、
三浦しをんが直木賞を取った作品だということで買ってみた。

面白い。そして読みやすい。
映画では瑛太と松田龍平が便利屋の2人であるわけだが、
いったいどっちがどっちをやったのだろう?
どっちが多田でどっちが行天でもぴったり似合いそうだ・・・、
と思いながら途中まで読んで、結局、
好奇心に耐えきれずにネットで調べてしまった。


ーーーーー


国道16号線沿線の町「まほろ市」。
東京の外れだとか16号線が通ってるとか、明らかに特定の地名を思わせるけれども、あくまで「まほろ市」という架空の町を舞台に繰り広げられる、多田便利軒という名の便利屋さんの話。
多田は仕事先からの帰りに、高校のときの同級生である行天と会って、そのまま成り行きで住まわせることになる。この行天が変人で、なおかつ何故か、変わった依頼や面倒事が降りかかるように・・・といったような内容。


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/01/09
  • メディア: 文庫



会話が良い味出してて、
そこがすごく好き。

続編が出てるので、きっと読む。
行天の過去は肉付けされるんだろうか。
多田の傷は癒えるのだろうか。






nice!(6)  コメント(2) 

「政と源」 [本とかコミックとか]

三浦しをん「政と源」。

「舟を編む」がすごーーく良かったのでもう1作、同じ作家の作品を、と思って買ってみた。ちょうどナツイチという文庫本のキャンペーンでブックカバーが付いてくるおまけもあり、あと何よりも表紙が良かった。こういうのジャケ買いっていうんだっけ。

国政と源二郎は同い年の幼なじみ。国政は元銀行員で定年まで勤め上げたあとは一人暮らし。源二郎はつまみ簪職人で、徹平という弟子がいる。
おおむねこの3人のエピソードが6編。


政と源 (集英社オレンジ文庫)

政と源 (集英社オレンジ文庫)

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/06/22
  • メディア: 文庫



読んでみてそれほど好きって訳でもないな、と思ったのだが、ふと、これを映像化したら・・・と考えてみると、俄然楽しいビジュアルが目に浮かぶのだ。水辺の光やつまみ簪、源二郎の古い家などの背景や小道具が目にうれしい、ステキな画面になりそう。ストーリーはテレビドラマ向きかな。ビジュアルは映画の方がいいかな。でも・・・源二郎は誰が?私の脳内ではアラーキー(写真家の荒木経惟)で再生されていたんだけれども。





nice!(5)  コメント(1) 

「バッタを倒しにアフリカへ」読了 [本とかコミックとか]

読み終わりました。
むっちゃ面白い!

最初の方で、「ここにいるバッタみーんな俺のもの!!」って
大はしゃぎしてバッタ愛全開な様子にクスッと笑いながら読むんだけど、
中盤から後半にかけて、じわじわと、最初の方の著者の喜びっぷりに
納得がいくようになるのですね。

最初から最後まで全部面白かったです。
ノンフィクションでここまで読ませるとは。

著者はブログで読者の反応を見ながら筆力を磨いたのだそうだ。
いやあ、きちんと目的意識を持ってブログを書く人は違います。
さすがです。

ーーーーーーー

研究しているサバクトビバッタというのは、
アフリカで大発生して巨大な群れになって農作物を食い荒らす、
空飛ぶバッタ。通り過ぎたあとには何も残らないくらい、
葉っぱや種子類などを全部食べてしまう。

で、著者はこのバッタの生態や大発生のメカニズムなどを解明し、
バッタ問題を解決することを目標にバッタ研究をしているわけです。
現地モーリタニアの砂漠でフィールドワークをして、
この本で読んでるぶんにはめっぽう面白いんだけど、
実際のところ、そう簡単には真似できませんよコレ。

たしかこのバッタ問題って、大発生した後は食料危機になったりして、
アフリカの内戦問題の原因のひとつじゃなかったっけ。

この本を読んで、ババ所長の信頼の篤さ、モーリタニアとの国際親善、
アピールの巧さなどを思えば、
ODA予算の一部でもまわしてあげたらいいんじゃないか、って気にもなりますわな。


バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

  • 作者: 前野ウルド浩太郎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/05/17
  • メディア: 新書



めでたくハッピーエンドですが、
ノンフィクションだから、まだ研究人生は続いていくのです。

そして、(なんか肝心な部分が薄くない?)と思ったら、
そりゃそうだ、一番の肝の部分は論文にまとめるとのこと。

その後の、成果を盛り込んだ続編が出たら、
そっちも読んでみたいところです。




nice!(2)  コメント(1)