So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

2018年8月 ブログ雑感 [日々のつれづれ]

7月下旬頃に、ふと、このブログにGoogleアドセンスを貼れないかなと思いついた。

結論としては不可能だったんだけど、それが発端で、しばらくブログで収入を得る方法について調べていた。ちなみに当ブログで記事外に出ている広告はSo-netブログが貼っている広告。このおかげで無料でブログをやらせてもらえてる。


そういう広告を自分で選んで貼って自分のところに収入を振り込んでもらうためには、有料でブログを開いて月々の固定費をかける必要がある。
・独自ドメインを取ってレンタルサーバーと契約する、
・はてなブログかライブドアブログの有料プランに申し込む、
あたりのどれか。月々だいたい700円~1000円弱くらい。


「ブログで稼ぐ方法」なんてかんじで調べると、諸先輩方が、やる気さえあれば元は取れる!あとはやるかどうかだけ!なんて書いておられるけれども、考えれば考えるほどやれる気がしない。なぜならそのためには方法論や書式のようなものと気合いが要るようで、そのどちらにも自信がないんだもん。

稼ぐためのブログは、書きたいものではなく、読者が読みたいものをリサーチして書くのだそうで、断定口調で書かねばならない。断定して言い切るのはよほどの事がない限り苦手なんだよね・・・。おまけに、稼ぐためには自分の感情とは切り離して稼げる内容を書くんだそうだ。


そういうのを、沢山読んだ。
それで思ったのは、つまりそのために、PVを稼いで広告費を稼ぐためだけにブログをしている人が大勢いらっしゃるんだな、ということ。調べ物をしようとしていっぱい引っかかってくる、どっかから拾ってきた内容を継ぎはぎして作られたようなページは、こういうことなのか、と思った。あと極端な政治ネタとかもたぶんそうだよね。とりあえず衆目を集めることが大事。

正直そういうのはやりたくない。
だいたい発端は、すでにあるブログで濡れ手に粟ができないかというイージーな案だった。金のために本気出すなら、もっと別のことの方がまだ確実でストレスが無いかも。でも今の私にできる仕事なんて・・・・・・。


まあそんなわけで、お金を稼ぐというのは少額でも簡単ではないんだなと思った。
しかしこれを調べている過程で、ブログの引っ越しをしようと思ったら記事数に制限があることを知った。このブログは既に1000記事を超えていて、引っ越せる量ではなくなっている。

何でもかんでもぶち込んで吐き出してきた当ブログも、そろそろジャンルによって分割すべきかもしれない。その方が来た人も読みやすいだろうし。となると、書庫を引っ越す?





nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「ブルーに生まれついて」 [面白かった映画・DVD]

とあるコンピレーションアルバムからチェットベイカーを知り、
気に入ってアルバムを4枚聴いて、
チェットベイカーを描いた映画があるというので借りてみた。

チェットベイカーというのはジャズミュージシャンで、
トランペットとボーカルの人。


ーーーーーー


刑務所の檻の中で幻覚を見て目が覚めるシーンから始まる。

チェットベイカーが自分の若い頃を演じる映画の撮影期間中に
麻薬がらみのトラブルで歯やあごなどを折られて重傷を負い、
映画は当然打ち切り、機能的にトランペットが吹けない状態になる。
どん底の状態から練習し、ステージに復帰するまでの映画。


・・・・ということになるんでしょうけど、
ひとつの恋の始まりから終わりまでの、恋愛映画かもしれません。


ブルーに生まれついて [DVD]

ブルーに生まれついて [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



まあね、もう、なんというか、
バンドマンだけはやめておけ、なんて聞きますけど、
さもありなん、ってかんじ。
それに加えて薬物依存症なわけです。


途中で
「床屋に長く座っていると髪を切られる、という格言があるだろ、」
と保護観察官が言う台詞があるのですが、
どうやら当時のミュージシャンの周りには麻薬がつきもののようで、
ファンがサインを頼むついでにこっそり渡してきたりして、
まったく油断も隙もありゃしない。


映画だけだと、こんなやつのいったいどこが良いんだ、と
女優志望の恋人に言いたくなるけど、でもねえ、
CDを聴くと(しょうがないかな・・・)と思えてくる。
キャンディみたいだ、と大物に酷評されたらしいけど、
甘くてキャンディみたいで何が悪い。


ーーーーー


映画の結末は、せつなく悲しいです。

それにしても、
私が聴いている音源のあとで
こんな代償を払っていたとは。





続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「言の葉の庭」 [だいすきな映画・DVD]

おそらく、新海誠監督の作品というと、
興行収入や一般的な知名度の点から、
まず「君の名は」が挙げられることになるんだと思う。
しかし!

しかし私は断然この「言の葉の庭」を推したい!!


ーーーーー


雨の日は学校をサボりたくなる男子高校生と、
雨の日は仕事に行きたくない社会人女性の話。
ふたりは雨の日に新宿御苑のあずま屋で顔を合わせるうちに
じわりと、人生の歩き方を思い出していく。
名前も知らない相手、連絡を取り合うこともない。
しかし思いがけない場所で再会して・・・という映画。


ーーーーー


雨のしずくの波紋の広がり、
新緑の若葉の光、
雨の庭園の美しさがあざやかに描かれて、
実写では出せないであろう純度の高さです。

そして繊細な心理描写。

主人公は男子高校生で、
雨の新宿御苑で出会う女性は社会人の大人。
ふたりの距離感や心情がじわっと滲んで、
展開に説得力がありました。


劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD

劇場アニメーション『言の葉の庭』 DVD

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



「秒速5センチメートル」では、
ちゃんと言葉にしろよ!言わなきゃわかんないよ!
こんなとこにいると思わないんだから
見た目も変わってるんだし分かるわけないじゃん!
とゴリゴリ言いたくなりましたけど、
「言の葉の庭」でそういう自分の姿勢をちょっと反省しました。
言葉にしない情緒ってあるよね。うん。


でもスマホがある時代なんだからサクッとアドレス交換しちゃえば、
・・・なんて言っちゃいけないのだ。

うっかり手を出したら東京都青少年の健全な育成にひっかかるのだ。



いやー、良かった。
非常に良かった。
次回作はぜひ、こっちの方向でお願いしたい。



nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -