So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

「ワンダフルライフ」 [面白かった映画・DVD]

是枝裕和監督作品。
主演を井浦新(名義はARATA)。
同僚役に寺島進と内藤剛志。
ちなみに英語の題は「After Life」。


ーーーー


その場所には亡くなった人たちがやってくる。

入り口で受付を済ませると、待合室で待つように言われ、
そこから順番に担当者との面接に呼ばれる。
生年月日などの確認をして、

これまでの人生で一番、印象に残った大切な思い出を
ひとつだけ選んでいただきます、

と言われる。
滞在するのは一週間。
そのうちの始めの3日間でその思い出を選び、
それをスタッフが映像でできるかぎり再現して、
最終日に試写室でみんなで見て、
思い出が鮮明によみがえった瞬間、
その人たちはそれぞれに、その思い出だけを胸に「あちら」に向かう。


その一週間のものがたり。

ちょっと意外な結末が待っていた。



ーーーーーーー



舞台になってる建物が、すごく風情があって良かったです。
古い国立大学に残る古い建物(北大の博物館とか)と
同年代と思われるような建物で、よく見ると車寄せもある。
調べてみたら、勝どきにあった水産研究所の建物なのだそうだ。


ワンダフルライフ [DVD]

ワンダフルライフ [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



眠れない夜に、
自分だったら何を選ぶかな・・・、
なんて考えるといいかもしれないと思いました。

幸せな思い出をひとつだけ持って、
それ以外は全て忘れられるというのは、
それは確かに天国だ、と話すシーンが印象的でした。

あと、望月さん(ARATA)のパターンも、いいよね。
普通は知りうるはずもないんだけど。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



谷啓がトロンボーン吹いてます。

寺島進も内藤剛志も若い。
2人並ぶと刑事モノっぽいイメージがあるけど、
違う仕事してるのがなんかおもしろい。


いっぱいいろんな人が出てくるんだけど、
21才フリーターの「伊勢谷くん」がイイ!
誰だよこれ! 
今どんな役者さんになってんの。
まさか一般人?
(死者の中には一般の人が混じってるらしい)

と思ってエンドロールをガン見したら、伊勢谷友介だった。



あと、この映画で由利徹を覚えた。
本編の他についてきたオマケが、
どこまで台本でどこからアドリブなのか何なのか、
なんかすごいなと思った。おもしろかった。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ギフテッド」 [面白かった映画・DVD]

独身のフランクは、亡くなった姉の娘メアリー7才を育てている。
メアリーには特殊な数学の才能があった。

亡くなった姉の遺言に従って、フランクはメアリーを普通の子供として育てようとしているのだが、登校させた地元の小学校でメアリーは小学1年生レベルの算数にブチ切れしてしまい、その才能が学校に知られてしまう。学校からはギフテッドと呼ばれる子供のための私学へ転校を進められ、突然家にフランクの母親(メアリーからみると祖母)がやってきた。祖母はメアリーに、天才としての特殊な教育を施そうと執念を燃やしていた。

フランクはメアリーを「普通に」育てて一緒に暮らしたい。
祖母はメアリーを、普通に扱うのは育成の怠慢であると言う。
才能を伸ばすためには多少の犠牲はつきものだと。
フランクと祖母は、ついに法廷で養育権をめぐって戦うことになる。
そこで明らかになっていく、祖母の娘に対する特殊な教育と、フランクの元の職業。
果たしてメアリーはどうなるのか、・・・・・という映画。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


映画が始まって間もないあたりから、
言いたいことが多すぎて、
もういっそ私に育てさせろーーー!
と叫びたくなる映画だった。

ラストは観客のほとんどが納得するであろう納得の落としどころに落ち着いて、
めでたしめでたしなので、見終わった時の気分は良いのだけど。



それにしても、あんな素晴らしい才能を持っているのに、
なぜ、それを幸せになるための武器のひとつとして使おうとしないんだ?
そこらへんがよく分からない。

それに、特殊な才能だけを生かして、なんで他を全部捨てようとするのだ。
だいたい、その特殊な才能を存分に発揮するためにも、
子供のうちに体力をつけるとか、保健衛生上の基礎知識とか、
ストレスを感じたときのコーピング技術習得のために、やりたいと言うことは大小に限らず数多くやらせてみて好きなことをなるべく数多く発見させるとか、脳の他の分野を刺激して脳全体を発達させるために体を使って遊ばせるとか、そういった大人になってからの才能発揮に必要な長期的視野に立った育成をなぜしないのだろう。閉じ込めて勉強だけさせるのはあまりにも視野が狭すぎる。



叔父の方だってそうだ。
「普通」って何なんだ。
全てを平均的にすればいいのか。
得意で夢中になれることを、人より出来るからって隠さなくちゃいけないなんてバカげている。

でも、総じて叔父の方が遙かにマシ。
素晴らしいお隣さんもいるし。
それに、ここまではフランクが教えたんだよ。

・・・隠そうとしたのは毒親からの追跡と干渉を逃れるため?

gifted/ギフテッド 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

gifted/ギフテッド 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



それにしても、こんなに本人の意思や意向を完全に無視するものなんですかね。
裁判所の審判もそうだけど、熱心にやってることをバッと取り上げるシーンも結構ある。

最近Twitterで見つけたツイートで、
10才や8才や5才の子供に自分の意思なんてあると本当にお考えですか?
という発言を見たことがある。

私にとっては、少なくとも10才児に自分の意思なんてないと考えるなんて、本気で言ってるのか、と思ってしまうのだけれど、子供なんて近くにいる大人のいいなりで自分の意思なんてないと考える人はそこそこいるのかもしれない。その人たちの子供時代の記憶やその頃の感情はどうなってるんだろう。


ーーーーーーー


あと1カ所分からないところが。
祖母がメアリーを見せに行ったシャンクランド博士は、
あれはわざと問題を間違えたんでしょうか。
そんなかんじでもないですよね?

とすると、
・自分が出題した問題のミスにひとつも気づかない
・助手が指摘しようとしても聞く耳を持たない

それってたいした先生じゃないんじゃ・・・


------------------


わりとボロクソ書いてますけど、良い映画です。
メアリーはかわいいし。

あと、
将棋の藤井聡太(いま何段だっけ)は、
良い師匠に出会って良かったなと思いました。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「湯を沸かすほどの熱い愛」 [その他映画・DVD]

ものすごくしっかり者のお母ちゃんを宮沢りえ、
頼りないお父ちゃんをオダギリジョー、
中学生の娘を杉咲花。

お風呂屋さんを営んでいるんですけど、
映画スタート時点では、お父さんは蒸発中でお風呂屋さんも閉店中。
中学生の娘は学校でいじめに遭っていて、
お母ちゃんはすごく厳しく、
「絶対に逃げちゃダメ!」
と言って学校に行かせるのです。

お母ちゃんはパン屋さんに働きに出て1年頑張ってきたんだけど、
末期ガンになったことが分かって、
探偵にお父ちゃんを探させて、お父ちゃんを連れ戻す。
お父ちゃんは一緒に、相手の女の小学生の娘を連れて帰ってきた。
お風呂屋さんを再開し、仕事は家族4人全員で営むと宣言する。

お母ちゃんには時間が無い。
やらなければならないことがある・・・・という映画。


ーーーーーーーーーー


ものすごくヘビーなお話でした。
なぜ中学生の娘に「絶対に逃げちゃダメ」と言ってきたのか、
理由が分かる場面が泣けます。

ただ、私にとっては、
ちょっとこれはなあ・・・と思うシーンが多くて、
あんまり合いませんでした。
教育方針の違いと申しましょうか・・・。


湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD



ラストも、うーん、家族はいいけどあれあの後も営業するんだよね??



--------------------------------------------



訂正。

中学生の娘と書きましたが、
正しくは16才だから高校生ですね。
冒頭で干してる下着が、
小学校高学年から中学2年くらいで使うものだったので、
すっかり中学生だと思い込んでしまいました。
あと、買ってきてポイと渡して終わりじゃなくて、
ちゃんと買い方を教えてあげようよ・・・。



nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -