So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

「ノッティングヒルの恋人」 [面白かった映画・DVD]

ジュリア・ロバーツが超有名なハリウッドスターを、
ヒュー・グラントが小さな専門書店の店主を演じる。

とてもとても有名なラブコメなのにまだ見てなかったので、
これは一回見ておかないと、と思って視聴。

あと、「ブリジットジョーンズの日記」を見たときに、
そういやヒュー・グラントって知名度高いけどあんまり知らないな、
なんで恋愛映画の人ってイメージがついたんだろう、と。

ーーーーーーーーーー

主人公が経営する小さな書店に、
誰もが知るハリウッドの大スターがお忍びでやってきた。

穏やかで親切で聡明な彼の言動に惹かれた女優と、
女優に以前からずっと憧れていた主人公は、
たがいに惹かれ合うのだが、
二人にはパパラッチや立場の違いなどのあれやこれやが
おおきく恋路の邪魔をする。

主人公は恋をかなえることができるのか・・・という映画。


ノッティングヒルの恋人[AmazonDVDコレクション]

ノッティングヒルの恋人[AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



面白かったです。
主人公はなるほどステキな人物で、
ヒュー・グラントに人気が出るのも納得。
ただ個人的にジュリア・ロバーツをそんなに美人だと思ってないので、
(間違いなくハリウッドの大スターだとは思うけど)
申し訳ないけど、彼女の美しさを讃える賛辞のシーンでは
うーん、まあ彼にとってはそうなんだろうね、と、
若干入り込めないかんじでしたごめんなさい。

でもなかなか無さそうなシチュエーションなのに、
彼の魅力など細かに説得力があって良かったです。

この映画で一番好きなシーンは、
みんなで力を合わせて記者会見場に送り届けるところ。
ブルースブラザーズの「Gimme some lovin'」が
むっちゃ合ってて最高でした。
先に見ておいて良かった。


ブルース・ブラザース[AmazonDVDコレクション]

ブルース・ブラザース[AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ラースと、その彼女」 [だいすきな映画・DVD]

この映画は、好きになる人と、まったく受け付けない人とに分かれそう。

好きな人はすごい映画だと思うし、
まったく受け付けない人は理解できないと思う。
私はこの映画をコメディだとは思えないし、
むしろヒリヒリするおとぎ話だと言いたい。
いったいどうなるのか、どうしてなのか、
推理モノやサスペンスに近い気持ちで視聴した。


ーーーーーーー


ラースは兄夫婦の住む母屋と同じ敷地に建つ離れに住んでいる。
日曜には教会に通い、真面目に働いて、
コミュニケーションは苦手で人嫌いにも見えるが、
同僚ともそこそこ上手くやっているし、
周囲からは穏やかな人だと思われている。

兄夫婦はいつも一人でいるラースのことをいつも心配し、
とくに兄の奥さんカリンは、いつも彼を気に掛けて親切だ。


そんなラースがある日、
兄夫婦に紹介したい女性がいると言う。

兄夫婦は大喜び。
彼女が車椅子であろうと英語があまり分からなくても、
そんなことは何も気にしないと話す。
なんといってもあのラースが彼女を連れてくるのだ。

しかし、
連れてきたのは、ラブドールと呼ばれる等身大の人形だった。


けばけばしい化粧をして網タイツ、ミニスカート。
ラースは彼女が本当の人であると信じて、
彼女ビアンカにやさしく話しかける。

長旅で疲れているビアンカを病院に連れて行く、として
兄夫婦はラースとビアンカを病院に連れて行った。
担当した医師は、
あくまでビアンカが生きているとして話を合わせなさいと言う。
「ビアンカは理由があって現れたのよ。選択肢は無い。」

そこから、
教会のコミュニティを中心として地域ぐるみで
ビアンカを支える(ラースを支える)輪が広がっていく。

兄は病的妄想について勉強し、理解しようとする。
義姉は自分が妊娠中だが献身的に支え、
ビアンカは服装も化粧もナチュラルになり、
医師はビアンカの診察(ラースの問診)を重ねて、
妄想の背後にあるものを探っていく。


ラースと、その彼女 (特別編) [AmazonDVDコレクション]

ラースと、その彼女 (特別編) [AmazonDVDコレクション]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



「空気人形」を見たときに、
この映画も観なくてはいけないと思った。
でも当たり前だけど、まったく、全く違う映画だった。
せめて見る順番は逆だった方が良かった。

意表を突かれたのは、ラースはビアンカを
独身の男女が同じ家で過ごすのは良くないから、と
兄夫婦の母屋に住まわせて、
とことん紳士的な清いおつきあいを続けるところだ。
映画が始まってラースがどんな人か分かってくると
それは自然は流れだけど、
この映画がどんな映画かを語るとき、
ラブドールを彼女として連れてくる話、
と聞いたら、始めからそう思えるだろうか。


ラースのやさしさが分かるシーンとして、
同僚のクマのぬいぐるみが「絞首刑」にされ、
泣いている同僚の話を聞きながら、
クマの首から縄を外し、
心臓マッサージをして「蘇生」させる場面がある。
ここが一番好きだ。





nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

「ギルバート・グレイプ」 [その他映画・DVD]

なんと、素顔だった頃のジョニーデップと、
まだ少年のレオナルドディカプリオが共演しています。
(追記あり)
なんでこの作品を今まで私は知らなかったんだろうか!

というわけで視聴。


ーーーーーーーーーーー


アメリカの田舎の小さな小さな町が舞台。
娯楽が何もない町にギルバートは暮らしている。

兄は大学に進学して家を出たっきり。
姉は母親代わりに家事をこなしている。
ギルバートは小さな食料品店で働いて家計を支えている。
弟のアーニーは知的障害があってもうじき18才になる。
妹は15才。
母親はむかしは美人だったが今は太りすぎて身動きできない。
父親は17年前に死んでしまった。

アーニーから目を離せないため、
ギルバートはアーニーを連れて出勤して見ながら働き、
連れて帰れば風呂に入れるのも拭いて着替えさせるのも彼の役目。

代わり映えのない毎日だったが、ある日
トレーラーの故障で足止めされた可愛い娘と出会う。


ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2012/07/19
  • メディア: DVD



いやあもう、ギルバート(ジョニーデップ)の健気さがなんとも。
家族に尽くす人生は仕方ないのかもしれないけど、
なんだかなあ、なんとかなりませんかね、と思って見ていたら、
なるほどこういうオチを持ってきたのか・・・というラストへ。

家を焼いてから、
その後一年間はどうやって過ごしたのかと思わなくもないけど、
土地が広ければ、なんとかなるのでしょう。きっと。


ーーーーーーー


あと、全然関係ないけど、
あの給水塔、柵も何にもなくて、
あんな上りやすそうな階段が付いてたら、
そりゃのぼるでしょうよ。
うちの娘は4才頃に街灯のてっぺん付近までよじ登ったけど、
あんなのが近くに無くて本当に良かった。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー



翌日追記。


じゃあ実際のところ、
ディカプリオとジョニーデップは何才だったんだ?
と思って調べて驚愕。

制作年から計算すると、
ディカプリオ19才、ジョニーデップ30才という計算になるそうで・・・。
設定は18才なんだから無理ない気がするじゃん?
でもこの映画のアーニーは14~16才くらいにしか見えないし、
ジョニーデップも20代中盤くらいかと思ってた。
ほんとに役者ってのは恐ろしいものだ。


あと作中の家族の年齢について、
字幕を追って書いたつもりなんだけど、
何か間違えてるんじゃないかと思って探したけど見つからなくて、
どうも釈然としない。きちんとヒヤリングできる自信は無いし。



nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -