So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
占い関連 ブログトップ
前の3件 | -

天王星が牡牛座へ(続) [占い関連]

前回、天王星が牡牛座に入って何がおきるかなー、
というようなことを書いた。

知的財産権について重要性が増すだろうな、というようなことは書いたけれども、また、技術などの独占も進むだろうな、とは思ったけれども、まさかまさか、食料にする植物の種について、知的財産権を守るためなら自家栽培の作物の種を自家採取して蒔くことに罰金を科すなんていうところまで現実社会でやるようになるなんて、そこまでは、とても考えつかなかった。

おまけに日本の水資源まで財に変えるという。
たしかに牡牛座は強欲なサインだ。しかし、水や食料については、ある程度のモラルというかなんというか、これ以上は人としてお金にし過ぎてはいけないというラインがあると思う。いにしえのユダヤ人も言っている。「金で買えないものはない。買ってはいけないものがあるだけだ。」
確かに今は、水をコンビニで買う時代。公園の水道の水だって公園の所有者が水道代を払っている。しかし日常生活で使う全ての水を民間企業の収益にするというのはまた別の話ではないのか。

穀物などの食料生産については乙女座の領域かと思っていたけれども。牡牛座はグルメとか家畜とかを扱うとは思っていたから、科学実験みたいな化学を駆使したグルメだとか(すでにそういうジャンルがある)、牧畜関係の技術革命だとか、そういう方向は考えていたけれども。
まさかこういう形で、「独占」や「財産になるもの」などの影響が出るとは。

まだ、牡牛座には入ったばかり。願わくば、逆行していったん牡羊座に戻る間に、全ての人にとって望ましい形に落ち着きますよう。


--------------------------


追記。
たとえば花屋さんでバラの花を買って、その花を花瓶に飾っていたら発根したからといって、それを植えてバラの木にして咲かせるのはモラルに反するというのは知ってる。カーリングのおやつタイムで注目された、韓国のイチゴの話も知ってる。だから、どうしてそういう話が出たのかは、いちおう分かってるつもり。知らなかったでしらばっくれないように、作物の種を自家採取するのは基本全部禁止、挿し芽や挿し木も全部禁止にすれば抜け穴をふさげるという話なのでしょう。

でも、でも、それでも何か方法は無いのかと思ってしまう。
だってやっぱり怖いよ。
一元化すればするほど災害などの不測の事態には弱くなるし。
法律になったら大規模な農家だけじゃなくて、私のようなベランダガーデナー(現在の鉢数8+エアプランツ)でさえ違法行為になるんだろうし。ひまわりの種を増やして蒔くのも、朝顔の種を採って翌年種まきするのも違法行為。なんかSFの世界みたいだ。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

天王星が牡牛座へ [占い関連]

来週(5月16日)、天王星が牡牛座にいったん入る。
8月8日になると逆行していって11月7日にはまた牡羊座に帰ってくるから、ちょっと予兆を感じるくらいで、それほど目に見えるような変化がいきなり起きるわけではないのではないかと思うけれども、
いちおう、ちょっと考えたことを覚え書きとして書いておこうと思う。


ーーーーーーーーーーー


天王星が牡羊座入りしたときに、
素直に安直に連想した部分が当たったので、
今回は、願望とかひねりとか考えすぎないで、
なるべくサラッと、出てきたものを書いておきたい。



天王星が牡牛座で何をやるか。



安直に考えるなら、
まずは、ラグジュアリーのハイテク化かな。
上質で肌触りが良くて品があって、所有の喜びを感じられる、
デザイン性と五感に優れた、先端技術を盛り込んだもの。

たとえば何だろう・・・宝飾品に極小で精密なデジタル技術を融合させる?
劣化しないバッテリーが本当に開発されたら、貴金属や宝飾品とモバイルを組み合わせるのは進むだろうな。所有欲を煽るモノとしての価値。軽くて美しい新素材ができるといいなあ。

あとは先端技術を盛り込んだ、
早くて心地よい移動手段とか。


ーーーー


それから、
別の方向のもの。


知的財産について新しい動きがあるのでは。


すでにここ数年は知的財産権については
重要性が増しているところではあると思うけれども、
たぶん中国あたりが本気で知的財産権の重要性だとか価値だとかを
認識するんだと思う。


さらに、もしかしたら、
科学技術の独占や私物化が進むとか?

たとえば今なら、今までは、
科学技術の新たな発見があれば、
世界的な権威のある科学ジャーナル誌に論文を載せて、
世界の科学技術の進歩へ貢献して、
発見した研究者や研究チームは地位と名声を得た。
世界的な賞を取れば国家としての名誉でもある。

しかし、
もしかしたら、
たとえば中国あたりで画期的な大発見があったとして、
もう欧米の科学誌に発表などせず、
どこにも論文を出さないで、
門外不出の技術として商品化し、
国内でのみ生産と販売を始めたら?


昔の日本では「一子相伝」と言って、
秘伝の技術を跡継ぎの子供にだけ教えて、
門外不出としたことが良くあった。

秘伝のタレ、とかね。
他の商売人に真似されて、家の商売に障ることがないように。

しかし今の日本はわりと気安く、
技術を流出させてしまっているように思える。
研究開発費をかけて苦労して開発した技術を、技術者の引き抜きで中国に流出してしまったり、気前よく技術協力して無償で渡したり、まるで知識はタダだとでも言わんばかりに。研究者の処遇は低いし。

中国と北朝鮮は仲が良いけれども、北朝鮮はここまでにデジタル製品の禁輸を経験してきている。中国は国内市場が非常に大きいので、国内と友好国だけに出荷したとしてもかなりの数になる。このふたつを考え合わせると、そうそう荒唐無稽なことでもあるまい。

でもこれをワクチンでやられたら嫌だな。



ーーーーーーー



あともうひとつ追加。

「投機」。

天王星+牡牛座のキーワードとして「投機」があるんだけど、
ふつうに考えてビットコイン等の仮想通貨が広まるってことになるかな。

現金からデジタル決済への移行が今よりもグッと進んで、もっと一般的になるのかも。私はこの頃散歩でコンビニに行くとき、現金持たないもの。Suicaやnanacoだけ。身軽で便利。
聞くところによると中国都市部では既にオンライン決済がメインになっていて現金は滅多に取り扱わないところまで来ているとか。この流れが世界的なものになるのでは。アフリカの奥の方で、電線も水道管も通って無くて交通も不便なところでも、太陽光発電でスマホに充電してスマホ決済が主流なんていう話もどっかで読んだし。しかし果たして日本で主流になるのはどこだろう。私個人はチャージして使うタイプのカードが好きなんだけどな。

今はまだピンと来なくても、
天王星が牡牛座を出る頃には、現金をめったに見かけないくらいになっているかも。
(それはそれでちょっと寂しい)



天王星が牡牛座を出るのっていつだっけ・・・。



でもなあ、2020年だっけ?山羊座で冥王星と土星が合になるの。
世界的な権力だとか富の集まる場所だとかに大きな変化があるなら、そちらの影響の方が大きそうな気がする。


あと関係ないけど南北朝鮮の終戦と国交の回復をするなら、民族意識が盛り上がってる今をおいて他にない。統一まで行くだろうか? 天王星が完全に牡牛座に移行し終えるまでにまとめられると良いね。







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:占い

併臨とか外周惑星とかうだうだ [占い関連]

きのう、たまたま芸能ニュース系で話題に上がってた人たちが
4人が4人とも立て続けに52才だったので、52才に何かあるのかと、
ざっくりホロスコープと命式を出して見てみた。


西洋占星術でみるとこの人たちって世代相として、
冥王星と天王星の合に、土星が180°向かい合ってるという、
ちょっと特殊な世代相を持ってたんですね。
そのN土星に、現在、経過の海王星が合~通り過ぎたところ、になる。

そこに加えて、それぞれN海王星にT木星が合になって膨らませていたり、
T天王星が個人天体を刺激していたり。
たとえ外周惑星の世代相といえども、
これだけ強烈だと、あと一押し、個人天体に何か絡むと、
現象としてあらわれやすくなるのでしょうか。


小泉今日子のタイミングは皆既月食にやられたんだろうな、というかんじ。
今回の皆既月食@獅子座の前後では、
自分に正直に生きたいと言ってる人が多かったですよね。
彼女のN太陽は水星と合で、そこにがっつり重なってる。
この人は占いなんて信じないし気にしないでしょうけど。


ちなみに私はもうちょっと違う、別の特殊な世代相を持ってて、
もとから個人天体が絡んでて、既に発現している。
これまた外周惑星のやっかいなアスペクト。
たまに他の人はどう使ってるのかなと思ったりするけど、
入ってるハウスとか絡んだ個人天体によるんだよねきっと。


ーーーーーーー


さて、一番の目的は、
この人たち一人一人を見ることではなくて、
いま一番の私の関心事「併臨」。
これが絡んでいるのかどうかでした。

結論からすると、ひとりも無し。
少しさかのぼって、この人たちの転機に絡んでるのかな、
というのも探してみましたけど、
ざっくり見た感じでは特に関係ないみたいです。
表に出ない部分ではもちろん分かりませんけど。


そんなに気にすることないのかな、
という印象でした。サンプル数少ないけど。


ーーーーーーー


とすると、
やはり併臨は併臨というよりも、
比肩がその人の命式において助けになるか凶になるか、
そこをみた方が吉凶どちらに出るのか予測しやすいのでは。


そして、人生のターニングポイントを見るなら、
まずは何といっても接木運。
それから空亡の大運が切り替わる前後、
西洋占星術ならプログレスの太陽の、合とサイン移動。
あとはその人の命式ですごく大事なポイントが剋されるかどうか、とか。




となると・・・

そんなに今年の年運を心配しなくてもいいかな?



いやまて、西洋占星術でも、もりもりやったやん



nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:占い
前の3件 | - 占い関連 ブログトップ